説明

国際特許分類[B60R13/02]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | 車体の仕上,標識,装飾のための部材;広告目的のための配置または適用 (3,527) | 縁を飾る金具;レッジ;ウオールライナー;ルーフライナー (1,613)

国際特許分類[B60R13/02]に分類される特許

1,001 - 1,010 / 1,613


本発明は、自動車の内部パネル用の熱可塑性フィルムに関する。前記熱可塑性フィルムは、仕上層と、背面に窪み又は材料の弱い箇所が設けられている下側の発泡層とを含む。上記仕上層がその窪みの領域で少なくとも35%の残留厚さを有し、かつ上記発泡層がその緻密な仕上層の密度の15〜50%の間の密度を有する。 (もっと読む)


【課題】車輌内装材に求められるレベルの摩擦堅牢度を維持しつつ、ポリエステル繊維布帛に機能を付与することを可能とする方法を提供すること。
【解決手段】水及びこれに溶解又は分散した処理剤を含有する処理液を染色処理されたポリエステル繊維布帛に付着させ、当該ポリエステル繊維布帛に付着した処理液を乾燥することによりポリエステル繊維布帛を処理する工程を備え、処理剤として、ポリウレタン樹脂と、ポリイソシアネート化合物、ポリカルボジイミド化合物及びオキサゾリン化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種の架橋剤と、ポリエステル繊維布帛に所定の機能を付与する機能性材料と、を併用する、ポリエステル繊維布帛を処理する方法。 (もっと読む)


【課題】一層目の樹脂成形品、二層目の樹脂成形品をそれぞれ順次積層成形してなる積層成形品の成形方法並びに成形装置において、成形装置の構造を簡素化して、コストダウンを図るとともに、樹脂漏れをなくし、成形性を高める。
【解決手段】可動側金型50と固定側金型60との型クリアランスを狭めた型締め状態で、かつ可動側金型50に設けたゲート開閉用入子80で二層目のゲート64を遮断したまま第1のキャビティC1内に第1の射出機70から溶融樹脂M1を射出充填して樹脂芯材21を成形する。次いで、可動側金型50を型開方向に後退動作させるとともに、ゲート開閉用入子80を後退させて二層目のゲート64を開放し、第2の射出機71から溶融樹脂M2を樹脂芯材21と可動側金型50の型面との間の第2のキャビティC2内に射出充填することで、樹脂芯材21表面に表皮22を積層一体化する。 (もっと読む)


【課題】複雑な形状の板部材に、容易に分割振動を発生させることができる分割振動発生方法及び装置の提供を課題とする。
【解決手段】パネル(板部材)11における複数の駆動点(振動発生点)11a,11bにエキサイタ(振動発生手段)12によって振動を発生させ、複数の駆動点11a,11bから発生した振動を干渉させて、パネル11に分割振動を発生させる。本発明によれば、駆動点の位置をそれ程正確に設定することなく、分割振動を容易に発生させることができる。 (もっと読む)


【課題】部品点数やコスト、重量を増加させずに、身長の低い子供やお年寄りの乗車時あるいは降車時の支援が可能な乗降支援部を有する車両用内装部材とそれを備えた車両を提供すること。
【解決手段】車体のドア開口部72の周縁に取り付けられる車両用内装部材10であって、該開口部から車体室内に向かう周縁壁121と、該周縁壁121から連続して車体前方向又は後方向或いは上方向に延在する内壁123とを備える車両用内装部材12において、前記車両用内装部材12に、車両への乗車時あるいは降車時に乗員が手を掛けて体重の移動を容易にする乗降支援部20を一体的に設けた。 (もっと読む)


【課題】発泡樹脂基材とその裏面側に一体化される樹脂モールド体とからなる積層構造体を全体、あるいは一部に採用した自動車用内装部品並びにその製造方法において、樹脂リブの収縮歪みが原因となる外観不良を防止するとともに、軽量化、低コスト化を図る。
【解決手段】ドアトリム10は、ドアトリムアッパー(積層構造体)20と、ドアトリムロア(樹脂単体品)30とから構成されている。ドアトリムアッパー20は、軽量でかつ保形性を有する発泡樹脂基材21と、その内面側に一体化される樹脂モールド体22とから構成されている。そして、樹脂モールド体22は、樹脂リブ24、樹脂フランジ25とから構成され、少なくともその一部には、中空部26が形成された中空構造を採用することで、樹脂モールド体22の収縮歪みを中空部26により吸収して外観不良をなくすとともに、軽量化及び低コスト化を図る。 (もっと読む)


【課題】フォギングテストにおいて結晶の発生を抑える内装材、発泡体の製造方法を提供する。
【解決手段】ポリオレフィン系樹脂100重量部に対して、発泡剤0.1重量部以上40重量部以下を含有させることによって得られる発泡体であって、ポリオレフィン系樹脂100重量部に対して、硫酸塩0.1重量部以上20重量部以下含有するポリオレフィン系樹脂発泡体である。前記ポリオレフィン系樹脂がポリプロピレン系樹脂であり、前記硫酸塩が焼きミョウバンであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】リアゲートの下面に締結具によって係合部材を固定した場合に、リアゲートの下面部分やリアエンドパネルの上面部分の見栄えを向上する。
【解決手段】車体後面に形成された後方開口部を開閉するリアゲート2の下面に、締結具11によって第1係合部材(ラッチ)10が固定される。リアゲート2の下面を覆うリアゲートトリム15に、締結具11を覆うための膨出部16が下方に向けて突出形成される。後方開口部の下縁部を形成するリアエンドパネル4を上方から覆うリアエンドトリム21に、第1係合部材10に対応した位置において開口部23が形成される。リアエンドパネル4に、第1係合部材10が開口部23を通して係合される第2係合部材(ストライカ)20が固定される。リアエンドトリム21に、膨出部16に対応した位置において、下方に向けて凹となった凹部22が形成される。 (もっと読む)


【課題】ロケート孔を別位置に設けることなく、クリップ取付け孔により兼用し、しかも、クリップ取付け孔をクリップの嵌合係着に必要な大きさ以上に大きくすることがないようになした車両用内装部品の取付け構造を提供する。
【解決手段】内装部品であるドアトリム1側に設けたクリップ4を車体パネルであるドアパネル2側に形成したクリップ取付け孔6に嵌合係着することにより、ドアトリム1をドアパネル2側に取付けるように構成する場合、ロケートボス5を、クリップ4の先端部からドアパネル2側に突出するように、クリップ座3の台座部3aに形成し、ドアトリム1をドアパネル2に取付けるに際し、クリップ取付け孔6にクリップ4よりロケートボス5が先に嵌合して、クリップ取付け孔6に対するクリップ4の位置決めをなした。 (もっと読む)


【課題】車体パネルに対して車幅方向に比較的奥深い間隔を有した取付け部位を車体パネルに取付ける場合に、ウエスト部裏面に車幅方向に長い形状の補強リブなどを形成せずに、ウエスト部の幅寸法に関わらずクリップ座の設定を可能とした。
【解決手段】車体パネル10に対して車幅方向に比較的奥深い間隔を有した取付け部位6において車体パネル1に取付ける場合、リヤサイドトリム1の裏面側における取付け部位6に別体のブラケット部材20を取着し、ブラケット部材20にクリップ座23を設けてクリップ24を装着し、クリップ24を車体パネル10に形成したクリップ孔10aに係着することによって、リヤサイドトリム1を車体パネル10に取付けており、ブラケット部材20により車体パネル10に対するリヤサイドトリムの取付け強度部材を構成させた。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 1,613