説明

国際特許分類[B60R19/24]の内容

国際特許分類[B60R19/24]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R19/24]に分類される特許

1 - 10 / 468



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】バンパーカバーの組付作業性を向上させる。
【解決手段】第一フランジ部120と第二フランジ部130A,130Bとの間に形成される隙間125にアンダーカバー50の先端部52が挟まれて保持された状態で、グロメット80とスクリュー90とによって固定されている。よって、取付強度が確保されると共に、例えばS字クリップのように位置がずれる怖れがないので、S字クリップを用いる構成と比較し、組付作業性が向上する。 (もっと読む)


【課題】フェイシアを車体に取り付け、固定するためのフェイシア取付けクリップを提供する。
【解決手段】延長され方向性をもったフェイシアの端部と車体との間に介在するように配置されたフェイシア固定具である。フェイシア固定具は、フェイシアの延長方向に延びるように配置される。延長され方向性をもったフェイシアの端部は、ホイール・ハウスの一部を含むように、車体上に取り付けられる。 (もっと読む)


【課題】筒状の周壁を有するアルミニウム合金素材を電磁成形で拡管し、多角形断面の部材を成形する場合に、断面のコーナー部のRをより小さく成形できるようにする。
【解決手段】アルミニウム合金素材21の断面が、略円形の基本断面24の周方向に沿った複数の円弧状領域22と、円弧状領域22に挟まれた複数の凹凸領域23からなる。凹凸領域23では、周壁が基本断面24から外れて外向きに突出し、各凹凸領域23の周壁の周長L1は、同領域が基本断面24の周方向に沿って円弧状に形成された場合の周長L0より長い。各凹凸領域23は金型3のコーナー部3aに対向して配置される。電磁成形用コイル2がアルミニウム合金素材21の中に配置される。 (もっと読む)


【課題】剛性を向上させる。
【解決手段】爪部140A,140B及びストッパー部の下辺部は、それぞれ別の車両幅方向に並んで配置された第一リブ部150及び第二リブ部151A,151Bに係止する。よって、爪部及びストッパー部が、同じリブ部に係止する構成と比較し、第一リブ部150部及び第二フリブ部151A,151Bを短くすることができる。また、第二リブ部151A,151Bの間に第一リブ部150が形成されているので、バンパーカバー20の下端部22における第二リブ部151A,151B間の開口部28の開口面積が小さくなる。 (もっと読む)


【課題】軽量化を図るとともに、耐荷重性能の向上を図る。
【解決手段】車両の前方部又は後方部の下方位置において車幅方向に延びる角筒状のビーム本体を有する車両用外装ビームであって、ビーム本体10の車両への取付面11の高さH0は、その反対側に位置する正面12の高さよりも大きく形成され、ビーム本体の上面13及び下面14は、取付面の上下端部から正面の上下端部に向かうにしたがってビーム本体の高さを漸次小さくするように内側に傾斜して延びる斜面部15と、該斜面部から正面の上下端部まで水平に延びる平面部16とで形成されており、上面及び下面の幅W0に対する斜面部の幅W1の比率W1/W0が0.3以上0.7未満で且つ取付面の高さH0に対する斜面部の高さH1の比率H1/H0が0.01以上0.03未満、又は比率W1/W0が0.2以上0.3未満で且つ比率H1/H0が0.02以上0.04未満に設定されている。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、車体前部のフレームとフロントサイドメンバとの間の接合強度を高めるとともに、組付時の作業性も良い車体前部の構造を提供することにある。
【解決手段】本発明においては、サイドメンバ2の車幅方向外側の側壁面14には、上方又は下方に延びる第1のフランジ14aが設けられ、サイドメンバ2の車幅方向外側の側壁面14において第1のフランジ14aと上下方向で反対側の位置には、上側ブレース8又は下側ブレース9から第2のフランジ31aが延びており、第1のフランジ14aが、上側ブレース8又は下側ブレース9に取付けられるとともに、第2のフランジ31aが、サイドメンバ2の車幅方向外側の側壁面14に取付けられている。 (もっと読む)


1 - 10 / 468