説明

国際特許分類[B60R19/48]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | ホイールガード;ラジエターガード;障害物除去装置;衝突時の緩衝装置 (2,958) | バンパー,すなわち.車両を保護しまたは他の車両または物体からの打撃を防ぐため,衝撃を受け止めまたは吸収する部材 (2,603) | 他の装置または物体に組み合わせたもの,またはそれに転換できるもの,例.道路ブラシと組合わされた,ベッドに転換できるバンパーバンパー (671)

国際特許分類[B60R19/48]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R19/48]に分類される特許

21 - 30 / 564


【課題】圧力チャンバ式の車両用衝突検知装置において、圧力センサのチャンバ部材への取り付けが容易であり且つバンパリーンフォースの形状や大きさの違いによる影響が少ない搭載性に優れた車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】車両バンパ内でバンパリーンフォース11の前面に配設され、チャンバ空間3を内部に形成してなるチャンバ部材4と、チャンバ空間3内の圧力を検出する圧力センサ5とを備え、圧力センサ5による圧力検出結果に基づいて前記車両バンパへの衝突を検知するように構成された車両用衝突検知装置1において、チャンバ部材4は、バンパリーンフォース11の車幅方向端部よりも車両側方に突出するチャンバ本体12の端部領域から車両後方側へ延設されてチャンバ空間3の一部を形成するチャンバ延設部13を備え、圧力センサ5は、チャンバ延設部13に側方から取り付けられる。 (もっと読む)


【課題】衝突検知性能と衝撃吸収性能とを両立させつつ、チャンバ部材とバンパアブソーバとを一体化した車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】車両用衝突検知装置は、車両バンパ2内でバンパリーンフォース11の前面に配設されチャンバ空間4を内部に形成してなるチャンバ本体5を有するチャンバ部材7と、チャンバ空間4内の圧力を検出する圧力センサ8とを備え、圧力センサ8による圧力検出結果に基づいて車両バンパ2への衝突を検知するように構成された車両用衝突検知装置において、チャンバ部材7は、チャンバ本体5の下方に一体的に形成されて衝突時の衝撃を吸収するアブソーバ部6を備えている。 (もっと読む)


【課題】自動車に取り付けられるレーザレーダにおいて、モレ光の影響でゴーストが物体として検出されることの低減。
【解決手段】レーザレーダシステム1は、レーザレーダ10と、処理済部材80とを備える。レーザレーダ10は、レンズを含む光学素子を介して、規定角度範囲LA,RAに渡ってレーザ光を照射し、反射されたレーザ光を受光することで物体を検知する。処理済部材80は、レーザレーダ10が取り付けられる自動車における外表面のうち、モレ範囲LE,REと重複する外表面の範囲に反射率を低減させる反射率低減処理が施された部材である。モレ範囲LE,REとは、規定角度範囲LA,RAへのレーザ光の照射に伴って、当該規定角度範囲LA,RAに照射されるレーザ光の強度よりも強度が小さいレーザ光が照射される範囲であり、規定角度範囲LA,RAに隣接する範囲である。 (もっと読む)


【課題】空気通路部の剛性を確保しつつ、空気通路部を流れる空気の乱れの発生を抑制することができる車両後部構造を得る。
【解決手段】リアバンパカバーの内側かつリアホイールハウスの車両後方側に、リアホイールハウス内の空気をリアバンパカバーの車両後部側に向けて排出する空気通路部としてのリアアウトレット20が設けられている。リアアウトレット20は、筒状体からなり、リアアウトレット20の縦壁20Aの内面には、リアホイールハウスの後端側の流入開口30から排出開口32に向けて連続して形成された複数のリブ34が設けられている。複数のリブ34によりリアアウトレット20が補強されると共に、流入開口30から流入した空気がリブ34に沿って排出開口32に流れる。 (もっと読む)


【課題】精度よく組み付けることが可能なフロントバンパ構造を提供することを目的とする。
【解決手段】フロントバンパ構造100は、ヘッドランプの縁に沿って隣接するヘッドランプ隣接部104a・104bを有するバンパフェイシア102と、バンパフェイシア102が組み付けられる構造部材112と、構造部材112の車幅方向中央付近に設置されるフードラッチ部材114とを備える。バンパフェイシア102は、車幅方向中央付近にフードラッチ部材114を避けるよう湾曲しまたは切り欠いて形成されたラッチ回避部116と、ラッチ回避部116とヘッドランプ隣接部104a・104bとの間で車両後方へ延びる座面部120a・120bと、座面部120aは突出する突起部とを有し、構造部材112は突起部が挿し込まれる挿込孔126aを有する。 (もっと読む)


【課題】チャンバ部材の前後方向の長さを維持しつつ上下方向の長さを小さくし、且つ衝突時の負圧発生を抑制することができる車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】本発明の車両用衝突検知装置は、チャンバ部材7が、互いに内部空間が連通してチャンバ空間7aを構成する前方部位711および後方部位712を備え、 チャンバ部材7の前後方向から見た断面において、後方部位712の上面および下面の断面係数は、後方部位712と同車幅における前方部位711の上面および下面の断面係数以上であり、かつ、後方部位712の上面および下面の少なくとも一方の断面係数は、後方部位712と同車幅における前方部位711の対応する上面および下面の断面係数より大きく、前方部位711の上下方向の長さbは、前方部位711の前後方向の長さa以上であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】圧力検出用のチャンバ部材において衝突時における呼吸穴からの空気の漏れを抑制することよりセンサ出力のS/N比を向上可能な車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】車両用衝突検知装置は、車両バンパ2内でバンパリーンフォース11の前面に配設されチャンバ空間3を内部に形成してなるチャンバ本体を有するチャンバ部材4と、チャンバ空間3内の圧力を検出する圧力センサ5とを備え、圧力センサ5による圧力検出結果に基づいて前記車両バンパへの衝突を検知するように構成され、チャンバ部材4は、チャンバ空間3が外部と連通する呼吸穴12を有し、呼吸穴12の断面形状は、真円形以外の異形断面形状である。 (もっと読む)


【課題】冷却系部品の大きさが互いに異なる複数種類の自動車への設置コストの削減が実現可能な導風ダクトを提供する。
【解決手段】上下方向と車幅方向のうちの何れか一方の方向において互いに対向配置される、互いの対向方向に相対変位可能な一対の第一側壁部16,18を、上下方向と車幅方向のうちの何れか他方の方向において互いに対向配置される一対の第二側壁部20,22に対して、連結手段52a,52b,52c,60により、対向面間距離が異なる複数の変位位置のうちの任意の位置において連結することにより、それら一対の第一側壁部16,18と一対の第二側壁部20,22とを筒状に連結して、構成した。 (もっと読む)


【課題】リヤバンパフェイスの内側にリヤバンパビームを配設し、車両走行時に車両後方に発生する渦を吹き飛ばすことができる車両用バンパ構造を提供する。
【解決手段】車両用バンパ構造は、車両1の後部に配設されたリヤバンパビーム11に、車両1の走行時に車体5の下方を流れる空気を流入させて車両後方側へ流す流通孔13を設け、流通孔13の後側開口部13aに面するリヤバンパフェイス20に、後側開口部13aから流れ出る空気を通して車両後方へ流出させる流出孔21を設け、前端がホイールハウス6の後面部6aに開口し後端が流通孔13の前側に開口する前側開口部13bに繋がる導入通路15を設けて構成される。 (もっと読む)


【課題】フロントアンダーランプロテクタに関し、他車両と衝突した際の衝突エネルギを効果的に吸収する。
【解決手段】車両10のシャシフレーム11前方下部に車幅方向に延設されたビーム部材2と、ビーム部材2の前面に車幅方向に沿って設けられた衝撃吸収部材3とを備えた。 (もっと読む)


21 - 30 / 564