説明

国際特許分類[B60R19/48]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | ホイールガード;ラジエターガード;障害物除去装置;衝突時の緩衝装置 (2,958) | バンパー,すなわち.車両を保護しまたは他の車両または物体からの打撃を防ぐため,衝撃を受け止めまたは吸収する部材 (2,603) | 他の装置または物体に組み合わせたもの,またはそれに転換できるもの,例.道路ブラシと組合わされた,ベッドに転換できるバンパーバンパー (671)

国際特許分類[B60R19/48]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R19/48]に分類される特許

61 - 70 / 564


【課題】乗員の頭部のフードに対する衝突位置を正確に判定することができる車両の歩行者衝突位置判定装置の提供。
【解決手段】歩行者衝突センサ5と、舵角センサ6と、歩行者衝突センサ5の検出結果に基づいて、バンパ2のどの位置に歩行者Mが衝突したかを推定する前端衝突位置推定手段と、この前端衝突位置推定手段により推定された推定衝突位置と、舵角センサ6により検出された車両の進行方向から歩行者Mの頭部のフード3に対する衝突位置を推定する歩行者頭部衝突位置推定手段を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 エアクリーナの空気導入口が車幅方向にずれている場合にも、エアクリーナの吸気口に向けて外気を送ることができる吸気系冷却構造を提供する。
【解決手段】 車体前部に設けられたバンパの下部側に空気導入用開口部が設けられ、エンジンルームの上部側に配置されたエアクリ−ナの吸気口が前記空気導入用開口部に対して車幅方向にずれて配置され、かつエアクリーナの前方に空気取り入れ口を設けることができない構成の車両の吸気系冷却構造において、前記バンパ1の下部側に設けられた空気導入用開口部1aの後部側に前記エアクリーナ5の吸気口50に向けて外気を案内するエアガイド4を設け、このエアガイド4の外気を通すガイド部40を基端部に対して先端部側を設定位置から車幅方向に所定角度θ傾斜させたことにある。 (もっと読む)


【課題】見映えを損なわず、生産コストを削減できる車両用バンパーを提供する。
【解決手段】車両用バンパー110は、車体ボディ100に取付けられる一体成形された車両用バンパー110において、車幅方向に亘って車体ボディ100の前面又は背面101に略平行に取付けられる縦壁部111と、縦壁部111の下端から車体側に突出する下面112と、縦壁部111の裏側から隙間141をあけて下面112の裏側に形成された構造体140とを有し、構造体140は、車体ボディ100に取付けられる第1座面142と、所定の別体部品120が取付けられる第2座面143とを備える。 (もっと読む)


【課題】走行中にエンジンルームに流入した冷却風を効率良く流動させて、車両の空気抵抗係数を下げ、しかもエンジン冷却効果を高めることができる自動車の冷却装置を提供する。
【解決手段】車両2の前壁fに形成された冷却風の流入口19、21に流入し該流入口の後方の熱交換器16及び熱交換器16を通過した冷却風Faをエンジン本体151の前壁152に沿って下向きの冷却風Fdとして流下させた上でエンジンルーム4の後方に流動させる自動車の冷却装置において、流入口19、21の下方に別途形成された前下取入口24に前開口端部261が連結され、後開口端部262が熱交換器16とエンジン本体との空間Eであって該エンジン本体の下端より下方となる位置に向けて後向き流Fbを噴出すよう形成されたダクト26を備える。 (もっと読む)


【課題】車両の前面衝突によるダクトの後退初期はダクトの破損が生じず、ダクトの後退途中でダクトをエネルギー吸収部材として利用できる車両前部構造を得る。
【解決手段】車両幅方向に沿って配置されたバンパアブソーバ20の上方に上部ダクト22が、バンパアブソーバ20の下方に下部ダクト24が設けられている。上部ダクト22は、車両前後方向に沿って配置された縦壁部22A、22Bの車両前後方向の途中に屈曲部34Bを備えている。下部ダクト24も同様に縦壁部24A、24Bの車両前後方向の途中に屈曲部34Bを備えている。車両の前面衝突による上部ダクト22及び下部ダクト24の後退初期は、上部ダクト22及び下部ダクト24はラジエータサポート縦壁28に当接せず、上部ダクト22及び下部ダクト24の後退途中で屈曲部34Bがラジエータサポート縦壁28の前端部28Aに当接する。 (もっと読む)


【課題】部品点数の増加やコスト高を招くことなく、取付け時に、クリップを起点とした回動が起こることを防止し、リブがクリップ穴の位置規制の役割を果たすことで取付作業性を向上させ、側面部を補強することが可能なバンパーエクステンションの構造を提供する。
【解決手段】クリップ3を用いてリヤバンパー1に取付けられるバンパーエクステンション2の構造において、バンパーエクステンション2の裏面側のクリップ取付部近傍にリヤバンパー1と当接するリブ25を設けている。 (もっと読む)


【課題】圧力センサの出力を大きくし、S/N比を向上させることができる車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】本発明の車両用衝突検知装置は、チャンバ部材7と、アブソーバ6と、圧力センサ8と、を備え、圧力センサ8の検出結果に基づいてバンパカバー3への衝突を検知するように構成された車両用衝突検知装置において、チャンバ部材7は、チャンバ空間71aが内部に形成されたチャンバ本体部71と、チャンバ本体部71の後方壁71bとバンパレインフォースメント4の前面4aとの間に配置された挿入部材72と、を備え、チャンバ部材7の延伸方向直交断面において、挿入部材72の車両前後方向の幅Aは、衝突時にアブソーバ6が潰れ残る車両前後方向の幅以下となっていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 バンパーに取り付けられた状態での見栄えの改善が可能な超音波センサを提供する。
【解決手段】 それぞれバンパー1の内面(図1での上面)に接着固定される2個の取付台2と、超音波を送受信する送受信手段を保持したセンサ本体3とを備える。各取付台2とセンサ本体3とはそれぞれ凹凸係合により互いに着脱自在に結合する結合部22,32を有する。超音波センサを2個のブロックで構成するとともにバンパー1を内外から挟む形で該2個のブロックを互いに結合させる場合と違い、超音波センサの一部をバンパー1の外側に突出させる必要がないから見栄えの改善が可能である。 (もっと読む)


【課題】車両本体へ装着する外装品取付時にバンパーを車両本体から脱着せずに取付けができ、作業工数の削減が可能な外装品取付方法を提供する。
【解決手段】外装品4をバンパー2に取り付ける際、外装品4とバンパー2との当接孔となる第一取付孔2Aと第一貫通孔4Aとの仮止めを行い、外装品4の第二貫通孔4Bとバンパー2との当接する仮止部位にマーキングを施し、一旦外装品4の脱着を行う。バンパー2のマーキング4D箇所に穿孔加工することで形成される第三取付孔2Cにウェルナット7の取付けを行うことで、第一貫通孔4A及び第二貫通孔4Bを介して外装品4の取り付けが可能となる。これにより、外装品4のマーキングと位置決めが容易に出来るようになり、バンパー2を脱着する事なく、取り付け作業工数の削減と取り付け精度向上を図る事ができる。 (もっと読む)


【課題】チャンバ部材について、製品輸送時の取り回しが良く且つ肉厚の均一化が可能な車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】バンパカバー3内でバンパレインフォースメント4の前面に配設され且つチャンバ空間が内部に形成されるチャンバ部材7と、チャンバ空間内の圧力を検出する圧力センサ8と、を備え、チャンバ部材7は、車幅方向に分割された複数の小チャンバ部材71〜73からなり、前記小チャンバ部材は、内部に小チャンバ空間71a〜73aを形成する本体部711、721、731と、前記本体部の少なくとも車幅方向一端に形成され内部が小チャンバ空間71a〜73aに連通する開口端部712、722、723、732と、を有し、複数の小チャンバ部材71〜73は、開口端部同士が連結されてチャンバ空間を形成している。 (もっと読む)


61 - 70 / 564