説明

国際特許分類[B60R19/52]の内容

国際特許分類[B60R19/52]に分類される特許

1 - 10 / 214


【課題】ハウジングとレンズ部材とからなり、レンズ意匠裏面に突部を設けることにより、意匠性を向上させた自動車の外装加飾部品を提供することを目的とする。
【解決手段】自動車の外装加飾部品10は、ハウジング20と車両前方に離間して配置されたレンズ部材30とから構成されており、レンズ意匠裏面33に外装加飾部品10に沿って水平方向に長尺な突部34を設けることで、ハウジング意匠表面22に、突部34の形状に応じた陰影を映りこませることができる。 (もっと読む)


【課題】取付部の被取付部への取付作業が容易であると共に取り付けた取付部が被取付部から不用意に外れることがなく、更に取付部の被取付部からの取外し作業が容易である取付部の被取付部への取付構造を得る。
【解決手段】フォグランプカバー50の取付時には、係合部100を被係合孔200へ挿入して、爪部120のスロープ124Kを幅広孔210の辺部212に当接させて挿入すれば自動的に係合部が撓む。係合部100のくびれ部110まで挿入されると、弾性復元力によって爪部120は弾性変形方向と反対方向へ変位し、自動的に係合部100のくびれ部110が幅狭孔220に係合する。したがって、フォグランプカバー50をフロントバンパカバー10に容易に取り付けることができる。 (もっと読む)


【課題】LED素子及び導光板にて全体が輝くように形成されたイルミネーショングリルを提供する。
【解決手段】横長状の形態からなり、その長手方向には凹溝15を有するとともに、当該凹溝15の底のところには光を反射させるように形成された反射部を有するリフレクタ1と、上記凹溝15の開口部のところに設けられるものであって、長手方向において光を導くように形成されるとともに、その表面側及び裏面側へは光を発するように形成された導光板2と、導光板2の一方の端部のところに設けられるものであって、LED素子等からなる発光体3と、からなる。これら発光体3、導光板2、リフレクタ1等が一体的にまとめられてハウジング8内に収容されるとともに、上記導光板2の前面側には透明性のカバー7が設けられる。 (もっと読む)


【課題】耐食性が優れる車両用装飾成形品の製造方法を提供する。
【解決手段】車両用装飾成形品1の製造方法は、装飾基材6を成形する第一成形工程と、装飾基材6の表面に有色フィルム5を被服するフィルム被服工程と、有色フィルム5が被服された装飾基材6を成形金型8内に配置し、有色フィルム5の端末部5a,5bを覆うように装飾基材6の裏面側に成形品本体4を射出成形にて成形する第二成形工程と、を有する。 (もっと読む)


【課題】車両の前面を保護し、フロントバンパ上での作業が安全に行え、更に空調用の熱交換器に十分な冷却風が導入され、キャビンにおける快適な空調環境が得られる貨物用車両のキャビン前面構造を提供する。
【解決手段】貨物用の車両10に設けられたフロントバンパ24と、フロントバンパ24の上部に設けられたフロントパネル22と、フロントバンパ24とフロントパネル22との間に、間隙aを有し、フロントバンパ24上に足載せ部38を、キャビン12の前面の横幅方向全体に渡り形成するフロントガード26と、フロントバンパ24の後方を通り、フロントバンパ24の左右両側の少なくとも一方の端部から上方に延び、フロントガード26の下縁を越えた位置でキャビン12の幅方向外方に湾曲して制御装置に接続されるハーネスと、を備えて構成した。 (もっと読む)


【課題】重量軽減及び原価節減をはかることと併せて故障発生時エアフラップを強制開放できる車両用アクティブエアフラップ装置を提供する。
【解決手段】車両用アクティブエアフラップ装置は、ダクトにリンケージを介して回転可能に設置され、前記リンケージと結合するローダー22を具備したエアフラップと、前記ダクトに設置されたハウジング30に固定設置された熱電素子40と、前記熱電素子40に一端が連結されるように前記ハウジング30内に設置されて、前記熱電素子40作動時に熱を伝達する熱伝達バー60と、前記ローダー22と前記熱伝達バー60に連結されるように設置されて、前記熱伝達バー60の温度変化に従って長さが変化しながら前記ローダー22に回転力を提供する長さ可変部材70と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】離型する際に金型を下方にスライドすることにより成形可能なフードエッジ部であり、かつ、フードエッジ部と隣接するフロントグリルとが面一であるというデザイン上及び空力上の要求を満たす車両前部構造を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明の車両前部構造は、車両のエンジンフードEHの前端縁を受けるフードエッジ部6を、フロントグリル3の上方に備える車両前部構造であって、フードエッジ部6は、前端縁から下方に延出する前端縁延出部12を有し、フロントグリル3は、上端に車両後方に延出するグリル支持部31を有し、前端縁延出部12は、グリル支持部31と、フロントグリル3の後方に備え付けられる支持部材5とで挟持されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ヘッドライトのレンズに荷重が入力しても、レンズとライトハウジングとの間に隙間が生じ難い車両前部構造を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明は、車両前部の左右両側に設けられてバンパ構成部材を支持するバンパブラケット2と、車両前部の左右両側に設けられるとともにバンパ構成部材に隣接し、車両前方を照射するヘッドライト3と、を備える車両前部構造であり、ヘッドライト3は、車幅方向の内方で車両の骨格部材に固定されるとともに、車両前方を照射する照射光源32を支持するライトハウジング31と、ライトハウジング31に対して車両前方に配置されるとともに、照射光源32を覆うようにシール部材35aを介してライトハウジング31に結合するレンズ33と、を有し、バンパブラケット2は、ライトハウジング31に固定されるとともに、レンズ33の前面側にも固定されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ボンネット本体の湾曲部に形成された通風孔を内側から覆う樹脂製のネット部材を、該湾曲部の内面に密着させることで、エンジンルームの防塵性を高めることを可能とする作業車輌を提供する。
【解決手段】作業車輌(トラクタ)のボンネット部は、前面から側面にかけて湾曲した湾曲部11dを有するボンネット本体11を備えており、その湾曲部11dに形成された通風孔を内側から覆うように樹脂製のネット部材20が貼り合わされる。湾曲部11dの部分において、さらに内側からプレート部材21を貼り合わせ、ボンネット本体11とプレート部材21との間にネット部材20を挟み込む。湾曲したネット部材20にしわが生じることがなく、ネット部材20がボンネット本体11に密着し、エンジンルームの防塵性が高められる。 (もっと読む)


【課題】簡単な制御でフィンを開閉させることのできるグリルシャッタ装置を提供する。
【解決手段】閉位置と開位置との間で回動し得るように支軸15により車両のフロントグリル10に支持されたフィン13と、通電により出力軸22を一方向へ回転させ、通電遮断により回転を停止させるモータと、出力軸22の一方向への回転運動をフィン13に伝達することにより、フィン13を閉位置及び開位置間で回動させる伝達機構25と、モータへの通電によりフィン13が閉位置まで回動させられたとき、伝達機構25の構成部材(ロッド30)との接触により作動して通電を遮断する第1スイッチ41と、モータへの通電によりフィン13が開位置まで回動させられたとき、伝達機構25の構成部材(ロッド30)との接触により作動して通電を遮断する第2スイッチ42とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 214