説明

国際特許分類[B60R21/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | 事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品 (17,052)

国際特許分類[B60R21/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R21/00]に分類される特許

1,001 - 1,010 / 6,854



【課題】運転者にとっての快適性をより損ないにくくするとともに、遅延処理によるコストアップを回避する。
【解決手段】カメラ部2で逐次撮像した近赤外光画像から歩行者を検知するとともに、近赤外光画像中での当該歩行者の位置である対象物位置を検知する画像認識部44と、カメラ部2で逐次撮像した近赤外光画像を表示する表示器3と、画像認識部44で検知した対象物位置に基づいて、表示器3で表示する近赤外光画像中に歩行者検知枠の表示を行う描画部47と、走行関連情報を取得する走行関連情報取得部45と、走行関連情報取得部で取得した走行関連情報をもとに、近赤外光画像中における対象物位置の変化を予測する枠表示位置決定部46とを備え、描画部47は、枠表示位置決定部46での予測結果に応じて歩行者検知枠の表示の範囲を拡大する。 (もっと読む)



【課題】危険物体に対するドライバーの警戒感を維持しつつ、ドライバーの死角から自車両に接近する移動物体の存在をドライバーに対して確実に認識させること。
【解決手段】車両の周辺映像を車載装置が撮像した映像を取得し、自車両の走行状態を示す自車両情報に基づき、周辺映像から自車両に接近する移動物体を車載装置が検出し、表示部へ入力される複数系統の映像を車載装置が切り替え、移動物体が検出された場合に、周辺映像への切替を車載装置が指示するように構成する。 (もっと読む)


【課題】 ビデオ画像に基づいて道路特性分析および車線検出を行い、それによって車線逸脱を警告する方法および装置を提供する。
【解決手段】 この車線逸脱を警告する方法は、ビデオイメージャから、車両の前方の道路の画像を受け取るステップと、画像内に、道路上の路面標識に対応する1つ以上の路面標識を検出するステップと、次いで、検出された路面標識の外側の画像領域に対応する道路の運転しやすさの評価を決定するために、その画像領域の特性を分析するステップと、検出された路面標識に基づいて、路面標識に相対的に、車両の道路上の横方向のオフセットを検出するステップとを含んでいる。警告信号は、横方向のオフセットおよび評価の関数として生成される。 (もっと読む)



本発明は、 発進の際車両の運転者を支援する非常制動支援システム(10)であって、車両の前の物体を検出する周辺センサ装置(14)のデータ及び運転者の加速願望を検出する加速ペダルセンサ装置(16)のデータに基いて、車両の前の物体との衝突の危険を認識するように構成されている衝突危険認識装置(12)、及び衝突危険認識装置のデータに関係して、車両の前の物体との切迫した衝突を回避する方策を実行するように構成されている衝突回避装置(18)を有し、運転者による加速願望を検出する際、所定の速度閾値より低い車両速度では、安全構想の中断条件及び作動抑制条件の停止を一時的に所定期間行うように、非常制動支援システム(10)が構成されている。
(もっと読む)


【課題】自車両の接近を通行人に報知する接近報知装置において、通行人に対して必要充分な警報を行えるようにする。
【解決手段】接近報知システムにおいては、自車両周囲の通行人の位置の検出結果を取得し(S220)、予め通行人の位置と自車両および通行人が衝突する確率である衝突確率とが対応付けられた衝突確率マップを参照し、取得した通行人の位置に応じた衝突確率を抽出する(S300)。そして、抽出された衝突確率が所定の閾値よりも高い場合、警報を発する車外警報装置を作動させる(S120,S130)。つまり、常に車外警報装置31やライト32を利用して警報を行うのではなく、通行人を検出した上で、自車両と通行人との衝突確率が高い場合のみに警報を行うようにしている。よって、不要な警報が行われる煩わしさを防止するとともに、必要が警報を行うことができる。 (もっと読む)




1,001 - 1,010 / 6,854