説明

国際特許分類[B64C1/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 航空機;飛行;宇宙工学 (5,482) | 飛行機;ヘリコプタ (2,562) | 胴体;胴体,翼,安定板,またはそれらと同様な構成要素の共通構造 (666)

国際特許分類[B64C1/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B64C1/00]に分類される特許

1 - 10 / 245



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】締め具に関する技術には、少なくとも従来のツーピース締め具と同等の強度特性を提供しつつ、取付けをより単純化して短時間での取付けを可能にする一体型締め具のニーズが存在する。
【解決手段】締め具200は冷間加工されたヘッドセクション204、冷間加工されたシャンクセクション212、及び前記冷間加工されたシャンクセクション212から前記締め具200のテールエンド部分210まで延伸する延性シャンクセクション214を有する。 (もっと読む)


【課題】取付けの手間、占有スペース、費用の高さ、重量増の問題、さらに、達成できるノイズの低減量が所望するよりも少ないなどと言った問題の少なくとも一部と、起こりうる他の問題とを考慮したノイズを低減する方法と装置を提供する。
【解決手段】複合パネルは第1表面板404、第2表面板406、及び第1表面板と第2表面板の間に位置するコア408を有する。任意の数の構造体410は第1表面板に関連する。任意の数の構造体は、複合パネルの中を伝播する波の速さを低下させることにより、複合パネルから放散されるノイズを低減するように構成された質量を有する。 (もっと読む)


【課題】品のフィーチャにより形成された複雑な表面形状を含む場合、ブリーザ材料で部品レイアップを覆うことが困難である。部品レイアップの表面領域全体に、素早く且つ容易に広げることができ、真空バッグ処理の間に複雑な部品の輪郭に適合する一片のブリーザが必要とされている。
【解決手段】単一シート26のブリーザを使用することにより、ブリーザ材料を取り付けるのに必要な作業量が低減し、ブリーザ材料を様々な大きさのストリップに切断する必要から生じる材料の無駄を低減することができる。単一シート26のブリーザ材料に複数のスリット34が切り込まれる。スリット34は、元の長さより長く伸張することにより、ブリーザシートを拡張させることができる。成形プロセスの間に、スリット34が拡張することにより、ブリーザシート26は部品の表面フィーチャ22a及び輪郭に適合する。 (もっと読む)


【課題】キャップが浮き上がった場合であっても、キャップと翼パネル等の部材との界面において、アークを確実に封じ込めることのできる耐雷ファスナ、耐雷ファスナのキャップを提供することを目的とする。
【解決手段】キャップ30Aの一端部30aの外周縁部に、その外径が他端部30b側から一端部30aに向けて漸次小さくなるテーパ面30cが形成されており、キャップ30Aの装着時にキャップ30Aからあふれ出したシーラント剤34Bが、テーパ面30cと部材22の表面22fとの間に介在するようになっている。キャップ30Aと部材22との間に挟み込まれたシーラント剤34の圧力と弾性とにより、キャップ30Aが部材22から離間する方向に押し戻されたとしても、テーパ面30cと部材22の表面22fとの間にシーラント剤34Bが確実に介在する。 (もっと読む)


【課題】キャップが浮き上がった場合であっても、キャップと翼パネル等の部材との間において、アークを確実に封じ込めることのできる耐雷ファスナ、耐雷ファスナのキャップを提供することを目的とする。
【解決手段】
キャップ30Cは、その内側に、ファスナ部材24に締結されるカラー26に突き当たる段部(突き当たり部)50を有する。段部50がカラー26に突き当たった状態で、キャップ30Cの一端部30aと部材22との間に、クリアランス51が形成される。キャップ30Cに充填されたシーラント剤34が、キャップ30Cの一端部30aの開口部から溢れ出ると、これが、クリアランス51から外周側に広がる。これにより、キャップ30C内のシーラント剤34の圧力が高まるのを抑え、キャップ30Cが部材22から離間する方向に押し戻されるのを防ぐことができる。 (もっと読む)


【課題】構造に好ましくない応力を加えず、又は構造の強度及び剛性を低下させずに最小限の形成ステップで多様な形状及び寸法の輪郭成形されたハニカム・コアの形成を可能にすることによって製造コスト及び製造時間の効率を上げる、輪郭成形されたハニカム構造を製造する簡略化された方法を提供する。
【解決手段】リボン900が折られた状態にある時にハニカム構造を形成するのに使用するリボンを形成する方法及び装置である。このリボンは第1端部及び第2端部を含む。リボンが折られていない状態にある時に、第1端部の少なくとも一部が第2端部の少なくとも一部に対して平行ではない。 (もっと読む)


【課題】スキン(2)と、スキン(2)上に固定されたスティフナーと呼ばれるV字型断面をもつ成型部品(4)とを含む構造体、より詳細には複合材料でできた航空機胴体の製造方法を提供する。
【解決手段】本方法は、ダイをマンドレル上に位置づけして、ダイの間に溝を形成するステップを含む。これら溝は少なくとも2つの網状組織(6a、6b、6c)に沿って配置され、1つの同じ網状組織(6a、6b、6c)の各々の溝は、ノードにおいて、別の網状組織の少なくとも1つの溝と交わる。この方法は、同様に、少なくとも2つのスティフナー(4)が前記ノード(8)において交わるように、溝内にスティフナーの予備成形物を位置づけするステップと、スティフナー(4)を組立てるように樹脂を注入するステップとを含む。このようにして、モノブロックで構成された構造体が得られる。 (もっと読む)


【課題】構造物の表面に配置されたナノ粒子センサを利用した構造健全性監視の方法及びシステムを提供する。
【解決手段】構造物30の構造健全性172を監視するシステム170は、構造物30の上に沈着されるナノ粒子インクによる圧電センサアセンブリの分散ネットワーク120を含む。各アセンブリは、ナノ粒子インクによる複数の圧電センサ110及び複数の導電性インク電源及び複数のセンサ110を相互接続する通信線アセンブリ140を有する。このシステムはさらに、構造物30の上にナノ粒子インクによる圧電センサアセンブリの分散ネットワークを沈着させるインク沈着装置142を含む。このシステムはさらに、分散ネットワーク120に電力を供給する電源178を有する。このシステムはさらに、センサ110から一又は複数の信号を介して構造物の構造健全性データ174を読み出して処理するデータ通信ネットワーク179を含む。 (もっと読む)


【課題】一体形複合材航空機構成部品の広範囲修理のための方法を提供する。
【解決手段】構成部品の外板および下層の補剛下部構造に及ぶ損傷範囲を元に戻すための、個別製作の複合材交換用パネル310の設計を行なう。設計には、損傷した複合材料を切り取って生ずる開口部に嵌合する交換用外板、および下層の共硬化された交換用補剛下部構造を含む。さらに、設計に従って複合材交換用パネルを製作し、重ね板330、ボルト340等を用いて、前記開口部に結合する。 (もっと読む)


1 - 10 / 245