説明

国際特許分類[B65D1/34]の内容

国際特許分類[B65D1/34]の下位に属する分類

国際特許分類[B65D1/34]に分類される特許

1 - 10 / 212



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】開口部の強度を改善でき、なおかつラップ包装の作業性を悪化させることもない発泡樹脂製トレイを提供すること。
【解決手段】発泡樹脂製トレイは、発泡樹脂シートからなり、底部と、底部の周縁から立ち上がり上縁開口を形成する側壁部と、側壁部の上縁開口から外方へ向かって延びる平坦なフランジ部とを備え、フランジ部はその一部に側壁部の上縁開口を取り囲むように隆起する隆起部が形成され、隆起部はその表面にシボが形成されてなる。 (もっと読む)


【課題】蓋体の視認性の低下や蓋体全体の外観を損なうような複雑な形状とすることなく、優れた視認性及び十分な強度を確保できるという、相反する性能を同時に発揮できる包装用容器の蓋体及び包装用容器を提供する。
【解決手段】天面の略全体が平坦面で構成される天板部11と、天板部11に連接され、下方に向かって拡開する傾斜面を有する蓋体側壁部12と、蓋体側壁部12に連接される蓋体フランジ部13とを備えた包装用容器の蓋体において、天板部11は、略矩形の四隅が直線状に面取りされて略八角形状に構成され、この天板部11に連接される蓋体側壁部12は、少なくとも8つの傾斜面を備え、天板部11の8つの角部を基点にして、蓋体側壁部12の下端まで連続して延びる平面視略V字状の凹溝14が設けられ、凹溝14は、下方へ向けて次第にその深さが浅く形成されている。 (もっと読む)


【課題】容器本体と蓋体とが強く嵌合されることで、収容物が洩れ難く密閉性が良いという機能を担保しつつ、これと相反する、閉め易いという機能を兼ね備えた包装用容器を提供する。
【解決手段】容器本体1には、周壁12の開口縁から外方に向けて延出したフランジ張出部131と、当該フランジ張出部131の外側に連接したフランジ外縁部132とが形成され、周壁12における外側テーパ部124は、前記フランジ張出部131の内側に連接し、容器本体1の内側、かつ、下方向に向かうように形成され、周壁12における嵌合部123は、前記外側テーパ部124の内側に連接し、蓋体を内嵌合させるため、容器本体1の下方へ向かうにつれ外方向に拡開する部分を有し、前記外側テーパ部124にて、平面視多角形における角部のうち少なくとも一つの角部付近の部位には、他の部位よりも傾斜を緩やかにした緩傾斜部124bが、前記嵌合部123に連接して設けられる。 (もっと読む)


【課題】おはぎや大福といった、外的力によって型崩れし易い塊状の生又は半生の和菓子を、1個や2個といった少数であっても見栄えよく包装することができるとともに、和菓子のズレ動きを防止することができる包装用トレイを提供する。
【解決手段】外的力によって型崩れし易い塊状の生又は半生の和菓子Wの包装に使用される包装用トレイ1であって、トレイ本体2の和菓子載置面3に、和菓子Wの外形状より僅かに小さい外形状を呈する凹陥部4を1つ又は複数設けた。 (もっと読む)


【課題】変形により外観を損なうことがなく、しかも、天板部での荷重に対する十分な強度を有する蓋体及び、これを用いた包装用容器を提供する。
【解決手段】平面部分を有する天板部11と、当該天板部11に連接される側壁部12と、当該側壁部12に連接されるフランジ部13とを備えた、平面視にて多角形形状である包装用容器の蓋体1において、前記天板部11における周縁部分であって、前記多角形の隅部Xには、当該隅部を形成する各辺に沿うようにズレ防止用突起14が設けられ、前記天板部11における平面部分111と前記ズレ防止用突起14との境界に、前記ズレ防止用突起14の突出方向とは反対方向へ凹む境界凹部15が設けられている。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、流動成形材料を容器のフランジの下側に含んだ状態に維持するようにする方法で、流動成形材料の流れを制御することである。
【解決手段】
容器が底部パネル、底部パネルから上方に延びる少なくとも1つの側部パネル、及び底部パネルから上方に延びる少なくとも1つの端部パネルを有する。少なくとも1つの隅部が側部パネル及び端部パネル間の接合部に形成される。フランジが側部パネル、端部パネル及び隅部のうちの少なくとも1つの上縁から側方外側に延びる。射出成形構造がフランジの少なくとも一部に沿って延び、射出成形構造は側部パネル及び端部パネルの上縁に隣接する基部、該基部から側方外側に延びる遠位部、並びに該容器のフランジの少なくとも一部に沿って延びる、該遠位部の窪みを含む。容器を成形する装置及び容器を製造する方法も開示される。 (もっと読む)


【課題】容器内への物品の収容及びこの容器からの物品の取出しを容易に行えるものとすると共に、不活性ガスによる置換作業を確実に、効率良く行うことを可能とする。
【解決手段】物品を載置する底面部1、及びこの底面部の周縁から立ち上がるように連設された長手方向側壁部2,2及び短手方向側壁部3,3により、上方に向かって開口する合成樹脂製の包装用容器10とする。底面部は、長手方向側壁部に沿うようにほぼ直線的に折り曲げ可能に形成された折曲部5を備える。折曲部の両端付近において、短手方向側壁部は部分的に切り欠かれた切欠部4を有する。これにより、折曲部を介して互いに対向する長手方向側面部の間隔を拡げたり狭めたりすることができ、容器内への物品の収容、及びこの容器からの物品の取出しを容易に行えるものとなる。また、切欠部を介して不活性ガスによる置換作業を短時間で確実に、効率良く行うことが可能となる。 (もっと読む)


【課題】コンテナのスライド積み上げ操作を行う際に上側のコンテナの1対のスライド突部を、下側のコンテナの1対の横ズレ規制突条の外側にスムーズに配置可能なコンテナの提供を目的とする。
【解決手段】本発明のコンテナ10では、スライド積み上げ操作する際に、下側のコンテナ10に対して上側のコンテナ10が横ズレしていて、一方のスライド突部23のみが一方の横ズレ規制突条53より外側に配置されて第1側壁11の上面に当接し、他方のスライド突部23が他方の横ズレ規制突条53より内側に外れていても、横ズレ規制突条53の中間部が両端部より低い低丈規制部53Cになっているので、上側のコンテナ10のうち他方のスライド突部23側を僅かに持ち上げるだけで他方のスライド突部23を横ズレ規制突条53より外側に移動して、下側のコンテナ10の第1側壁11の上面に当接させることができる。 (もっと読む)


【課題】内面熱可塑性プラスチック成形品が備えるフランジ部と外面熱可塑性プラスチック成形品が備えるフランジ部とが熱接着されて中間成形品が封止された複合容器で、各成形品の寸法や位置の精度が、多少下がっても、シワの発生しない複合容器とその製造方法を提供する。
【解決手段】複合容器の底面と側面の間、側面とフランジ部の間の折り曲げ部分が曲面で形成されている。または、中間成形品の折り曲げ部分に複数の並列した折罫が設けられている。そして、チャンバー内で、シール受け台上の重ねられた内面熱可塑性プラスチック成形品と、中間成形品と、外面熱可塑性プラスチック成形品のそれぞれの底面が密着するように押圧しながら、チャンバー内を脱気し、熱シールバーにより、内面熱可塑性プラスチック成形品が備えるフランジ部と外面熱可塑性プラスチック成形品が備えるフランジ部とを熱接着する。 (もっと読む)


1 - 10 / 212