説明

国際特許分類[B65G1/04]の内容

国際特許分類[B65G1/04]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G1/04]に分類される特許

1 - 10 / 941


【課題】物品支持部の基台部に対する変位距離を制限でき、変位距離を制限する機構の破損時に補修が容易な物品載置棚及びそれを備えた物品収納設備を提供する。
【解決手段】索状体52を付勢力によって本体部51に巻き取り収納する巻取り状態と、索状体52を付勢力に抗して本体部51から引き出す引き出し状態とに切換え自在な索状体巻取装置が、取付け対象部に装着及び取り外し自在で、かつ、本体部51又は索状体52の先端部の一方を取付け対象部としての基台部30に装着し、他方を取付け対象部としての物品支持部40に装着するように構成され、索状体52の本体部51からの最大引出し長さが、索状体巻取装置を取付け対象部に装着していないときに物品支持部40が案内部に案内されて移動可能な最大距離よりも短く設定されている。 (もっと読む)


【課題】集電子と導体の摺接によるバリの発生が抑制され、且つ、摩耗や振動が増大するのが抑制される集電システム用の導体を提供する。
【解決手段】走行体の走行経路に沿って複数の導体1が所定の隣接間隔をあけて並設され、集電子を導体1に摺接させながら走行体が走行して導体より集電を行う電路システムの導体1である。集電子と摺接する摺接面11と、摺接面11に隣接する隣接面12とを有し、摺接面11と隣接面12との境界となる部分に、走行体の走行方向に所定の間隔Lをあけて複数の切れ込み13が形成される。複数の切れ込み13の所定の間隔Lは、所定の隣接間隔から所定の絶縁距離L2を減じた値の半分よりも小さい。 (もっと読む)


【課題】地震の揺れによる損傷を極力抑制できる自動倉庫設備を提供すること。
【解決手段】物品収納棚3が、棚奥行き方向に並べて配置される前後一対の支柱6a・6bからなる支柱対6を棚横幅方向に間隔を隔てて複数立設して構成され、かつ、棚横幅方向で支柱対の間に収納部2が位置するように構成され、地震による揺れが発生することを知らせる揺れ予測情報を受信する揺れ予測情報取得手段が設けられ、スタッカークレーン5の作動を制御する制御手段が、スタッカークレーンを走行作動させている場合において、揺れ予測情報取得手段が揺れ予測情報を取得すると、地震対策処理としてベイごとに設定された走行停止位置にスタッカークレーンを停止させるべく、スタッカークレーンの作動を制御するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】使用可能な電力が制限された場合において、搬送機器として複数のものが備えられていても、設備の運転を継続することが可能な物品搬送設備を提供する。
【解決手段】電力によって作動する複数の搬送機器と、搬送機器の作動を制御する制御手段とを備えた物品搬送設備において、制御手段が、複数の搬送機器のうち、作動対象とする搬送機器を制限しない通常電力時作動モードと、複数の搬送機器のうち同時使用電力値が制限時上限電力値PL以下となるように選択された搬送機器のみを作動対象とする電力制限時作動モードとに切換え自在に構成されている。 (もっと読む)


【課題】物品保持部を引退位置からの突出作動を開始するタイミングを簡単な処理で求めることができる物品収納設備を提供する。
【解決手段】複数の収納部のうちで移載作業対象とする収納部が指示されると、移動開始位置から設定移動速度まで加速して設定移動速度で移動した後、減速して移載作業対象とする収納部に対する目標停止位置まで移動させるべく、移動基台の移動を制御する移動制御を実行し、計時手段にて計時された経過時間が移動開始位置から目標停止位置に移動基台が移動する所要時間より突出用設定時間だけ短い時間になると引退位置からの突出作動を開始して、移動基台が目標停止位置に停止する前に、移載装置における物品保持部を引退位置から突出位置に向けて突出作動させることを開始する突出制御を実行する。 (もっと読む)


【課題】無人搬送車による被牽引台車の走行を安定させる。
【解決手段】無人搬送車101のベース111は、被牽引台車201をその幅方向Bに挟み込む形状をなしている。ベース111には、旋回自在の自在輪121と一対の固定輪122とが設けられる。無人搬送車101と被牽引台車201とが連結されると、無人搬送車101の一対の固定輪122は、被牽引台車201の固定キャスタ206を幅方向Bに挟み込む。 無人搬送車101の検知部116が製造現場等に布設されたガイド線GTを検知すると、無人搬送車101は、検知部116の検知結果に応じて進行する。 (もっと読む)


【課題】複数の物品が一度に取り扱われている場合でも積載装置を用いずに物品を取り扱うためのラックサービングユニットまたはオーダピッキング倉庫を提供する
【解決手段】積荷ピックアップ装置Mと、物品Cの下で把持するための物品用の台13を含む少なくとも1つの実質的に水平方向に伸縮する物品輸送グリッパTと、を備える、開放箱底3を有する収納箱2用のラックサービングユニットGに、物品輸送グリッパTとして働きかつ全く不安定な位置にある物品Cの下で把持するための物品用の台13と入れ子式フランクFとを有する単一の入れ子式グリッパピン、及び/又は、把持された物品Cの安定した輸送位置を設定するための押さえ装置Nが設けられる。 (もっと読む)


【課題】管理システム側の管理データを増大させることなく、ワークの先入先出が効率的に実施可能で、工程変更等に対して柔軟性のあるストアシステムを提供する。
【解決手段】無人搬送車2が自走する搬送ルートは、ストアエリア11の所定位置に、ワークWを収容した被搬送台車3aを搬入する搬入ルート15と、ストアエリア11の所定位置から、ワークWを収容した被搬送台車3aを搬出する搬出ルート17とに互いに独立して構成されるので、管理システム側の管理データを増大させることなく、ワークWの先入先出が効率的に実施可能で、工程変更等に対して柔軟性を有するようになる。 (もっと読む)


【課題】寸法の異なる2種類以上の荷物を無駄なく混載できると共に、荷物の寸法変更に対して収納棚を改装せずに対応可能な自動倉庫を提供する。
【解決手段】上下に延びて横方向に所定間隔で配置された一対の側板2aと、側板をそれぞれ上下で繋ぐ上部支持材2f及び下部支持材2gと、側板同士の対向面からそれぞれ突出し、上下方向に所定間隔で配置された複数の棚板支持部材2cと、棚板支持部材の上に自身の両端を脱着可能に載置する棚板2bと、を有する収納棚2と、荷物10、12を棚板の上に載置した状態で収納棚の所定位置に搬送し、一対の棚板支持部材の上に荷物を棚板ごと載置する搬送手段100と、搬送手段の動作を制御する制御手段300と、を備えた自動倉庫400であって、荷物の高さに応じて棚板の位置を変更することにより、高さが異なる2種類以上の荷物を収納可能である。 (もっと読む)


【課題】搬送車において、ケーブルチェーンを配置しても搬送車の走行方向の長さの増加を抑える。
【解決手段】搬送車は、左右Y方向に走行する。搬送車3は、車体と、移載装置とケーブルチェーン31と第1ケーブルチェーン支持部33と第2ケーブルチェーン支持部35とを備える。車体は、左右Y方向に走行可能である。移載装置は、車体に設けられ、左右Y方向に移動する。ケーブルチェーン31は、車体に一端31bが固定され、他端31cが移載装置に固定される。第1ケーブルチェーン支持部33は、車体側のケーブルチェーン31の固定部分から連続し、移載装置の移動範囲より外側に向かって下方に傾斜する。第2ケーブルチェーン支持部35は、第1ケーブルチェーン支持部33よりケーブルチェーン31の可動曲率に応じた距離以上離して配置され、移載装置の移動範囲より外側に向かって下方に傾斜する。 (もっと読む)


1 - 10 / 941