説明

国際特許分類[B65G15/30]の内容

国際特許分類[B65G15/30]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G15/30]に分類される特許

131 - 140 / 170


【課題】 ベルト本体にガイド部材を接着する際に、接着速度と接着強度を向上し、連続生産が可能となる搬送ベルトのガイド接着機を提供することである。
【解決手段】 平板状のベルト本体2にガイド部材3を接着してガイド付き搬送ベルトBLを製造する際に、前記ガイド部材3および前記ベルト本体2の接着面となる部位を所定温度に加熱して溶融する加熱手段7と、前記ガイド部材3と前記ベルト本体2との接着面同士を重ね合わせて搬送する金型ロール5と、前記金型ロールに当接する前記ガイド部材と前記ベルト本体とを所定の巻回角度範囲に押圧しながらベルト搬送方向に周回するスチールバンド60を有する押圧手段6と、接着構成とされた前記ガイド付き搬送ベルトを冷却する冷却手段とを備える構成の搬送ベルトのガイド接着機1とした。 (もっと読む)


本発明は、抄紙機/板紙抄紙機又は仕上げ機用の金属ベルト(102)の製造方法に関する。本方法は、所望の幅と長さのベルト(102)により必要とされる数で金属ベルトの最終幅よりも狭い幾つかの金属ベルトブランク(10a;10b;10c)を横並び及び/又は連続的に配置し、摩擦溶接によりそれらの間の接合部を溶接することにより金属ベルトを生成することを含み、前記接合部は、基礎材料と同様の成分を形成する。

(もっと読む)


【課題】光触媒機能によって防汚、抗菌および脱臭効果等を発揮でき、長期間使用しても常に衛生的な状態を維持できるベルトベルトコンベヤを提供する。
【解決手段】ベルトコンベヤ1は、脚部材2で支持したコンベヤフレーム4を備える。コンベヤフレーム4には駆動ローラ6および従動ローラ7を回転可能に取り付ける。駆動ローラ6および従動ローラ7には、光触媒機能を有する無端状の搬送ベルト8を掛け渡す。搬送ベルト8をプラスチック或いはゴム等のベルト材料に光触媒である酸化チタンを含有して形成する。 (もっと読む)


【課題】耐熱性繊維からなる不織繊維層を基布の表面側に積層した耐熱性搬送ベルトにおいて、高強度で且つ低伸度で寸法安定性に優れた高い物性を低コストに実現し、しかも層間剥離を確実に防止して高い耐久性を達成する。
【解決手段】耐熱性繊維からなる不織繊維層2と基布3とがニードリングにより接合一体化され、基布が、ニードリング後の丈方向の延伸により弛みが除去されると共に、樹脂材料の含浸により織物組織内に樹脂材料が充満した状態となっているものとする。 (もっと読む)


【課題】 コンベヤベルトの始端部から終端部まで起立部分を保持でき、搬送に関与しない無駄なスペースがなく、荷こぼれや運搬物の側方に対するベルトの送り作用がなくなるという問題がない搬送コンベヤを提供する。
【解決手段】 無端帯状のベルト1の幅方向の縁部付近を、走行方向の全域に亘り一様に起立させており、無端帯状ベルトの少なくとも起立時に折曲げられる部分2を伸縮自在な材質、形状とし、走行方向の終端部におけるベルトの折返し部分をほぼ同一線上に位置させており、ベルトの水平直線部分および水平直線部分の縁部付近の起立直線部分の幅方向両端付近にそれぞれ対をなして配置した側板8、8を連結して水平直線部分枠体および両側の起立直線部分枠体を構成し、枠体を所定の角度で一体に繋ぎ合わせてコンベヤフレーム7とした。 (もっと読む)


【課題】 品質性の高い伝動ベルトを簡単に製造することのできる伝動ベルトの製造方法及び伝動ベルトを提供する。
【解決手段】 内部に複数の心線を有するベルト本体20を成形する工程と、成形されたベルト本体20を金型内にセットし、金型の壁面とベルト本体20との間に形成されるキャビティ内に、ベルト本体20を構成する材料とは異なる材料を流し込んで、互いに連結された複数の搬送用突起をベルト本体に20一体的に形成する工程と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は繊維材料帯材、特に紙、厚紙又はティッシュ帯材を製造する機械に使用するための搬送ベルトに関する。本発明の特徴は搬送ベルトが液体に対しほぼ非透過性であってかつ繊維材料帯材に向いた側に多孔性の層(12)を有し、前記層(12)内に液体吸収容積が準備されるように前記多孔性が設定されていることである。
(もっと読む)


【課題】反りを阻止しつつ、その駆動抵抗を小さくすることができる歯付ベルトを提供する。
【解決手段】ベルト本体1の内周面にベルト歯3を形成し、ベルト本体1に心線2を周方向に連続して埋設し、ベルト歯3を歯布4で被覆する。心線2よりも外周側に、歯付ベルトの反りを阻止する中間帆布5を埋設する。中間帆布5の空孔率を20%以上に設定して、中間帆布5の内外のゴムを一体にする。中間帆布5を心線2に外周側から接触させて、心線2の中心から中間帆布5までの距離を最小限にする。中間帆布5の伸びを抑え、さらにベルト厚さを薄くて歯付ベルトの曲げ剛性を極力小さくし、駆動抵抗を小さくする。 (もっと読む)


【課題】 ロール加工性や成形粘着性が損なわれることを抑制しつつ熱・機械特性を向上させ得るゴム組成物の提供を課題としている。
【解決手段】 エチレンとプロピレンとの合計に占めるエチレンの割合が65重量%以上であり且つエチレンノルボルネンが0.1〜1.0重量%含有されているエチレン・プロピレン・エチレンノルボルネン共重合体ゴムが、全ポリマー成分の50重量%以上に用いられてなり、ヨウ素吸着量50〜70g/kg且つDBP吸油量135〜160cm3/100gのカーボンブラックが全ポリマー成分100重量部に対して30〜70重量部含有されてなることを特徴とするゴム組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 突起を変形させやすくし、突起の耐久性を向上させる。
【解決手段】 搬送用平ベルト10は、無端状に形成されるベルト本体20を有する。ベルト本体20は、ゴム層21と、ゴム層21の外周側に、平ベルト10の芯体と成る帆布22とを積層して構成する。ベルト本体の外周面20Aには、複数の突起11を設ける。ベルト本体20の内周面20Bには、突起11の対応する位置に複数の凹部13を設ける。 (もっと読む)


131 - 140 / 170