説明

国際特許分類[B65G15/32]の内容

国際特許分類[B65G15/32]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G15/32]に分類される特許

21 - 30 / 54


【課題】 極性の異なる複数の樹脂同士を相溶化させて、耐衝撃性等の機械物性に優れた成形品を与える、搬送材用成形品樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 熱可塑性樹脂(A)、バイオマス由来樹脂(B)および相溶化剤(C)を含有してなる成形品樹脂組成物において、(C)が、変性ポリオレフィン(a)と(a)以外のエチレン性不飽和モノマー共重合体(b)を含有してなり、(a)と(b)が相互に反応し得る反応性基を有し、該反応性基が、酸無水物基、エポキシ基およびイソシアナート基からなる群から選ばれる少なくとも1種の反応性基、またはカルボキシル基、水酸基、アミノ基およびチオール基からなる群から選ばれる少なくとも1種の反応性基であり、(b)が9.5〜12のSP値を有することを特徴とする搬送材用成形品樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】リキャップ後のコンベアベルトを再度リキャップする際に、カバーゴムをリキャップし易くし、コンベルトの長寿命化を図り得るリキャップ方法を提供する。また、かかるリキャップ方法によりリキャップされたコンベアベルトを提供する。
【解決手段】コンベアベルト1は、補強芯体が埋設された本体ベルト5と、該本体ベルト5上に配置されたカバーゴム9とを具える。かかるカバーゴム9をリキャップするにあたり、カバーゴム9の少なくとも一部を剥ぎ取る工程と、カバーゴム9の剥ぎ取られた部分17に、少なくとも1層の繊維層11を内部に有するリキャップゴム13を貼り合わせる工程とを含むコンベアベルトのリキャップ方法である。また、かかるリキャップ方法によりリキャップされたコンベアベルト1である。 (もっと読む)


【課題】 高い耐摩耗性を有しつつ、低ロス性及び耐引き裂き性のいずれにも優れ、ベルトコンベア用、特にベルトコンベアの内周カバーベルト用として有効に利用できるコンベアベルト、特にコンベアベルトの内周カバーゴムを提供すること。
【解決手段】 (A)分子量分布(Mw/Mn)が1.6〜3.5であり、且つ、フーリエ変換赤外分光法による測定において、1,3−ブタジエン単量体単位中のシス−1,4結合含量が98%以上及びビニル結合含量が0.3%以下となるブタジエン系重合体50〜85質量%並びに(B)ジエン系ゴム50〜15質量%を含有する、コンベアベルト用ゴム組成物。 (もっと読む)


【課題】従来の熱可塑性ポリウレタンの欠点が改良された熱可塑性ポリウレタン樹脂組成物の提供。
【解決手段】熱可塑性ポリウレタン(A)73〜98.9質量%と、ポリアミド樹脂(B)1〜25質量%と、滑剤(C)0.1〜2質量%とを混合してなる(上記AとBとCとの合計は100質量%である)ことを特徴とする熱可塑性ポリウレタン樹脂組成物、および該組成物から成形されたことを特徴とするケーブルシース、コンベアベルトまたはエアチューブ。 (もっと読む)


【課題】優れた耐摩耗性、強力及び耐カット性と、優れた耐引裂き性能とを兼ね備えたコンベアベルトを与えるコンベアベルト用ゴム組成物及び該組成物を用いて製造したコンベアベルトを提供する。
【解決手段】75〜85質量%の天然ゴムと、15〜20質量%のブタジエンゴムとを含んでなるゴム成分100質量部に対して、2〜5質量部の樹脂成分と、1〜1.5質量部の加硫剤とを含有することを特徴とするコンベアベルト用ゴム組成物。 (もっと読む)


【課題】貫通孔を有する突起をベルト背面に備えたウレタンベルトとしての突起付ウレタンベルトを製造するに際し、この貫通孔の真円度を高いレベルで実現する技術を提供する。
【解決手段】貫通孔2を有する突起3をベルト背面4に備えたウレタンベルトとしての突起付ウレタンベルト1は、ベルト背面4にチューブ15(円筒状のエラストマー)を固着する。以上の方法によれば、貫通孔2の真円度が既に高いレベルで達成されているチューブ15を活用することで、例えばドリルや錐などの工具で貫通孔2を形成する場合と比較して、貫通孔2の真円度を高いレベルで実現できる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ベルトの下側から光を透過させるための照明設備を組み込む必要のない、被検査物に光を照射することにより検査を行う検査装置に用いるベルトを提供することを目的とする。
【解決手段】被検査物をベルトコンベアー上に載置して、前記被検査物に光を照射することにより検査を行う検査装置に用いるベルトにおいて、蓄光材を含有するゴム状弾性材製の発光層が、ベルト本体の前記被検査物が載置される側に存在する様になしたことを特徴とする。 (もっと読む)


熱可塑性材料2の少なくとも1つの層と、織物ウェブ3製の少なくとも1つの層とからなる搬送ベルト/駆動ベルト1を製造するための方法が開示される。搬送ベルト/駆動ベルト1の密閉された負荷可能なエッジを提供するために、本発明に従い、搬送ベルト/駆動ベルト1の少なくとも1つの縦方向エッジにマット4があてがわれ、それによって熱および/または押圧力が搬送ベルト/駆動ベルト1に伝達されるので、搬送ベルト/駆動ベルト1の熱可塑性材料2だけが追加材料なしに少なくとも領域的に溶融および変形され、続いて熱可塑性材料2の再凝固の後で、マット4が搬送ベルト/駆動ベルト1の縦方向エッジから取り外される。
(もっと読む)


【課題】搬送中における物品の帯電を簡易に防止することが可能な物品供給装置を提供すること。
【解決手段】分析装置で使用される物品を搬送する搬送装置へコンベアベルト8によって物品を供給する物品供給装置1。コンベアベルト8は、導電性を有し、物品供給装置のフレームと電気的に接続される。コンベアベルト8は、カーボン,金属粉,炭素繊維のいずれか一つを含む導電剤が練り込まれた合成樹脂からなるか、又は導電性コーティングによって導電性が付与されている。 (もっと読む)


【課題】ベルト本体にクッション体を精度良く貼り合わせて、搬送物の狭持力が低下することを抑制する。
【解決手段】エンドレスに延びてベルト内側の表面がプーリに接するベルト本体3と、ベルト本体3におけるベルト外側の表面に貼り合わせられたクッション体5とを備え、複数のプーリからなる2組のプーリ群にそれぞれ巻き掛けられることにより、互いに対向するクッション体5によって搬送物を狭持して搬送するように構成された搬送用ベルト1,2において、ベルト本体3及びクッション体5の一方に、他方側に突出する突出部21を形成すると共に、他方に突出部21に嵌合する凹部22を形成するようにした。 (もっと読む)


21 - 30 / 54