説明

国際特許分類[B65G15/64]の内容

国際特許分類[B65G15/64]に分類される特許

1 - 10 / 49


【課題】装置が高速化された場合等であっても、比較的簡易な構成で、経時においてもベルト部材の幅方向の変位を高精度に検知することができる、ベルト寄り検知装置、ベルト装置、及び、画像形成装置を提供する。
【解決手段】所定方向に走行するベルト部材8の幅方向の変位を検知するベルト寄り検知装置80であって、ベルト部材8の幅方向端部に当接する当接部82a1を具備するとともにベルト部材8の幅方向の変位に追従して揺動する揺動部材82と、揺動部材82の変位を検知する検知部81と、を備える。そして、当接部82a1は、曲面形状に形成される。 (もっと読む)


【課題】ドラム径の小さいプーリーローラを使用した場合でも、ベルトの惰行を効果的に抑制し、ベルト搬送装置における搬送精度の向上、高寿命化、メンテナンスフリー化を実現する。
【解決手段】両端のプーリーローラ2の間に掛け渡されるエンドレスベルト1を備えたベルト搬送装置において、プーリーローラ2は、両端部に、調芯を行うための復元力を発生する接触部を備えており、かつ、該接触部から突出する回転軸の両端を回転自在に支持する2本のアーム12、13と、これらのアームを両端に固着した揺動アーム14とからなる支持装置により支持されている。この揺動アーム14を、基盤16により、プーリーローラ2両端部間の中心線に対し垂直方向に延びる垂直2等分線を中心軸として回転自在に支持し、この基盤16を、プーリーローラ2の中心線上にある幅方向中心点(O)を不動の中心とした円弧上に回動させるスライド支持機構を設けた。 (もっと読む)


【課題】ベルトコンベヤのリターンベルトの蛇行を防止する。
【解決手段】上位端の取付部1をベルトコンベヤAにおける両側コンベヤフレームBに取付金具2を介し取り付けると共に、取付部から下方に突出する垂直部3及びこの垂直部から連なって下方内向きに突出する傾斜部4により構成したサイドスタンド5と、ベルトコンベヤのリターンベルトaの上側を横切って上記取付部に取付金具9を介し両端を支持したスタンドフレーム8と、このスタンドフレームの両端部に取付金具17を介し上端を支持したインスタンド16と、このインスタンドの下端及び上記サイドスタンドの傾斜部の下端にリターンベルトの両側縁部を所定のトラフ角をもって上方から押さえ込む調芯ローラ30のセンタ軸31の両端を貫通支持するように貫通孔を設けた構成を採用する。 (もっと読む)


【課題】運転動力を省力化することができると共に、コンベヤベルトが強磁性体の影響を受けることがないようにしたベルトコンベヤを提供する。
【解決手段】一対のプーリーに掛け回された無端状のコンベヤベルト1の下方に、ローラー2を設置したベルトコンベヤにおいて、ローラー2に対向するコンベヤベルト1の裏面に反磁性体5を接着すると共に、ローラー2内に磁石6を設置する。 (もっと読む)


【課題】ベルトの蛇行に関する異常を好適に判定することが可能なベルトコンベア監視システムを提供する。
【解決手段】ベルトコンベア監視システム1は、荷を搬送するベルトを有するベルトコンベア10と、ベルトの幅方向のずれを検出するリミットスイッチ30と、リミットスイッチ30の検出結果に基づいて、ベルトの蛇行に関する異常を判定する監視ユニット60と、を備え、監視ユニット60は、所定期間において、リミットスイッチ30によってベルトの幅方向のずれが検出された時間が閾値を超えた場合に、ベルトの蛇行に関する異常が発生していると判定する。 (もっと読む)


【課題】センタローラを前後に配し、センタローラの交換が容易になるようにする。
【解決手段】コンベヤフレームの両側にキャリア側ベルトの下を横切る水平材1の両端を取り付け、この水平材の上面両端及び中央部からそれぞれ対向状に起立するサイドローラスタンドを設けて、このサイドローラスタンドにそれぞれのサイドローラの両端を支持し、上記水平材の中央部上記サイドスタンドの内側から対向状に起立する脚材4を設け、この両脚材の上端に水平な支軸を介しベルトの走行方向側に先端が向く左右一対の下流アーム5の末端と、ベルトの走行方向に反対側に先端が向く左右一対の上流アーム6の末端とを回動自在に支持すると共に、この下流アームの先端及び上流アームの先端にセンタローラ8の両端を支持し、上記下流アーム及び上流アームの途中に先端を取り付けた支持ブラケット9の末端を上記水平材に取付金具10を介し着脱自在に取り付ける。 (もっと読む)


【課題】自動調芯機構を備えた無軸端形式であり、ベルトの装着が簡単で、かつ、コンパクトなプーリー軸受装置及びベルト駆動装置を提供する。
【解決手段】軸方向に延びる溝が設けられた球状表面を中央に有するシャフト50と、シャフト50の球状表面に嵌合する球状内面を有するアウターリング40と、アウターリング40に螺合されて先端が溝に挿入されるボルト60と、円筒状の2つの部材から構成され内側の段部22、32でアウターリング40を両側面から挟持して固定するブラケット20、30と、ブラケット20、30をベアリング16を介してベアリング取付部11,12に支持するシャーシ10と、シャフト50の両側に固定されるプーリー90とを備える。 (もっと読む)


【課題】ベルトコンベヤのベルトのU字状を安定よく維持させる。
【解決手段】コンベヤのキャリヤ側ベルトを支承するセンタローラ3と、ベルトの両側を支承する登り傾斜の一対のサイドローラ4とをローラスタンドBに軸支して、コンベヤフレーム1に対しローラスタンドを平面で旋回するように支点部2を介し支持し、上記コンベヤフレームの両側に支点部5を介し下端を支持したベルトの走行方向に傾動する柱材6を設け、この柱材の上端側に上記サイドローラの外側端から上方に起立する上記ベルトの両側縁部外側面を支承する起立サイドローラ7を軸支し、柱材の上端から上記ベルトの側縁に沿う方向に突出する水平アーム8を設けて、このアームの突出方向端に上記ベルトの起立する両側縁直上に位置するベルトの蛇行検知回転子9を設け、柱材の途中とローラスタンドとの外側端とを前記柱材の傾動にともない前記ローラスタンドを旋回させる伝達手段Cを設ける。 (もっと読む)


【課題】製造コストを増加することなく、搬送ローラにより搬送される心体の蛇行を抑制しつつ、複数のコンベヤベルトを同時並行に製造するコンベヤベルトの製造装置を提供する。
【解決手段】搬送ローラ6を用いて並行に搬送される複数の心体2のそれぞれに対して、搬送方向と交差する方向に凸状の湾曲面を接圧させる蛇行抑制ローラ9を設置する。 (もっと読む)


【課題】ベルトの蛇行を効果的に防止ないしは抑制することのできるベルトコンベヤ用のプーリを提供する。
【解決手段】ベルトコンベヤにおけるプーリ10は、高弾性材料からなるベルト18が巻き掛けられるものであって、ベルト18の縁部のそれぞれが通る部分に周溝20を形成し、ベルト18の縁部が対応の周溝20の側面に密接するように構成したことを特徴としている。ベルトが高弾性であるため、その縁部が周溝20の側面に密接する。このため、ベルトの縁部には各周溝20において横方向内向きの張力が作用する。ベルトを循環駆動した際に、ベルトが横方向にずれると、ずれた側の縁部に作用する張力が他方よりも大きくなるため、自動的にベルトが調心される。 (もっと読む)


1 - 10 / 49