説明

国際特許分類[B65G17/12]の内容

国際特許分類[B65G17/12]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G17/12]に分類される特許

1 - 10 / 113


【課題】載置される物品の種類に応じて異なる構造とするための設計の自由度が大きく、しかもコストが削減される搬送用トレーを提供する。
【解決手段】搬送用トレー200は、走行路を走行するキャリッジ102を備える搬送装置100に備えられて、キャリッジ102に結合された状態で物品が載置される。トレー200は、物品を支える剛性を有するベース部210と、ベース部210の上面211を覆っていると共に、載置された物品10が接触する載置面222を有する上層部220と、ボルト部材250によりキャリッジ102のベース本体112に結合される結合部240とを備える。ベース部210および上層部220は、別個の部材である。 (もっと読む)


【課題】搬送供給装置において包装体を高速かつ確実に移送装置へと供給する包装体の集積装置を提供する。
【解決手段】自動包装機から排出された包装体1を搬送供給する搬送供給装置2と、搬送供給装置2から供給された包装体1をホルダ部材33に収容して移送する移送装置3と、移送装置3にて移送された包装体1を複数のホルダ部材33・33・・・から一度に搬出する搬出装置4と、を具備してなる包装体1の集積装置100において、搬送供給装置2は、包装体1の搬送経路に沿って延設され、包装体1が載置されるガイド部材20と、ガイド部材20に沿って移動可能に配設され、ガイド部材20よりも上方に突出された突出部21aにて包装体1を押動して搬送する押動部材21と、を有してなり、ガイド部材20の端部が下方湾曲され、押動部材21にて下方に押動されながらホルダ部材33へと包装体1が供給される。 (もっと読む)


【課題】可撓性シートで掛け渡された収容底部の形態をバケット頂部の相互間隔の拡縮に応じて変化させて粘着性の高い粉粒体状の搬送物であっても確実かつ簡便にチェーン外周側へ排出促進するバケットコンベヤを提供すること。
【解決手段】搬送物Mを収容搬送するバケット130が、バケット相互間の屈曲点Pを中心にバケット頂部130bの相互間隔を拡縮させて搬送方向を転換するとともに、バケット130の収容底部130aが、搬送方向の前後に連結したバケット相互間のバケット頂部130b、132に跨がって掛け渡された可撓性シートからなり、排出口側スプロケット141に周回させながらバケット130の収容底部130aをチェーン内周側で移送させて上側水平搬送域から下側水平返送域へ反転するバケット130内の搬送物Mをチェーン外周側へ落下搬出するバケットコンベヤ100。 (もっと読む)


【課題】 バケットベルトの回転外周面にスクレパプレートを取付けるために、アングルブラケットを取付ボルトによって直接バケットベルト面に取付ける構成とすると、このバケットベルトの内周面に形成される取付けボルト等の止め金具の配置数が多くなり、スクレパプレートによる抵抗を受けて、バケットベルトの揺動が激しく、このスクレパプレートを取付ける取付ボルト等の取付穴の変形、拡大等が著しく、バケットベルトの耐久性や、円滑な昇穀作動等を維持し難い。
【解決手段】 外周面にバケット1を取付けたベルト2の両端継目部を外周側へ直角状に屈曲して屈曲端縁部6、7を形成し、この屈曲端縁部6、7の背面部を接重合させて連結具8で締付けて連結してスクレパラグ9を構成して、先端部を昇降筒3の底面に接近させて回転する。 (もっと読む)


【課題】バケットの収容底部に残留しがちな粉粒体状の搬送物を強制的かつ確実に突き落として粉粒体状の搬送物を効率良く排出口へ排出するとともにバケットに発生させがちな騒音と不用意な破損を防止するバケットコンベヤを提供すること。
【解決手段】左右一対のエンドレスチェーン120に両端支持された多数のバケット130が、粉粒体状の搬送物Mを収容する可撓性シートからなる収容底部131を有しているとともに、バケット130の収容底部131を開口部132側へ押し上げ搬送物Mを突き落として排出する突き落し手段150が、排出口側スプロケット141を軸支するスプロケット回転軸160に設けられているバケットコンベヤ100。 (もっと読む)


【課題】穀物の残留を抑えて効率の良い掬い取りを可能とするスクレーパバケットにより移送効率を確保した上で、バケット全体の重量低減とバケット構成の簡易化とを合わせて可能とするバケット式穀物リフト装置を提供する。
【解決手段】バケット式穀物リフト装置は、上下に配置した2つの支軸2,3間を周回する周回機構4と、この周回機構4の周回方向に沿って順次配設支持した複数のバケット22と、これらバケット22が掬い取って上送するべき粒状の穀物を投入する投入部6とから構成され、上記バケット22は、周回機構4に背面側を取付け支持可能な容器状の穀物受部11と、その前縁位置で投入部6に受けた穀物を掬い取るスクレーパ部23とから構成するとともに、このスクレーパ部23は、前端部に掬い面23aを備えて合成樹脂材により穀物受部11と一体に形成したものである。 (もっと読む)


【課題】装置の大幅な改造を行わずに、物品変則詰め作業を自動化できる箱詰め装置を提供する。
【解決手段】箱詰め装置100の整列コンベア20の無端ベルト2Vは、駆動装置31、32を用いて独立して駆動される第1無端ベルト2VAおよび第2無端ベルト2VBを備える。そして、箱詰め装置100は、整列コンベア20の物品収容部2C、2C’が、第1無端ベルト2VA上に立設する第1仕切部材2Aの連なり、および、第2無端ベルト2VB上に立設する第2仕切部材2A’の連なりによって形成され、第1仕切部材2Aの連なりと、第2仕切部材2A’の連なりと、が、無端ベルト2Vの移動方向において交互に配置され、第1仕切部材2Aの連なりを用いて整列される物品Pの個数が、第2仕切部材2A’の連なりを用いて整列される物品Pの個数と異なるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造で農作物に対する傷付きや破損を防止してこの農作物を収容体に搬送する。
【解決手段】開口部B1を上向きとして載置された収容体Bに対して上下方向に出し入れ可能である位置に、搬送方向を下方向として上下動自在に支持された搬送コンベア1と、搬送コンベア1を上下動作させる駆動部2と、搬送コンベア1の搬送面1Aに設けられ、農作物を下方から支持する支持部4とを備え、搬送コンベア1は、駆動部2の駆動によって上昇しながら、支持部4で支持された農作物を下方に搬送するとともに、下端側での反転によって農作物の支持を解除して収容体Bに搬送する。 (もっと読む)


【課題】バケットを前後方向に略直交する面で循環移送させることにより該バケットで下端側の穀粒貯留部の穀粒を掬うと共に揚穀し上部にて該バケットから穀粒排出口へと穀粒を放擲するようにしたリフタを備えた穀粒搬送機において、リフタの下端側の穀粒貯留部に穀粒が過剰に流入するのを防止することができる穀粒搬送機を提供する。
【解決手段】リフタ37のバケット上昇側の側面下部に、穀粒をリフタ37の側方から穀粒貯留部48に流入させる穀粒供給口51を設け、リフタ37の前方側で且つバケット上昇側に位置する穀粒流出口83を下端に有する投入ホッパ38を設け、この投入ホッパ38に投入されて前記穀粒流出口83から落下排出される穀粒を、穀粒供給口51の外側方に向けて後下方に案内する後方案内面100を有する案内シュート39を設ける。 (もっと読む)


【課題】搬送体の上部に注文搬送路を複数備える飲食物搬送装置を提供すること。
【解決手段】飲食物10を載置して飲食客に供給する第1の飲食物搬送手段と、第1の飲食物搬送手段の上部であって、支柱15を介して設けられ、飲食物10を載置して搬送する第2の飲食物搬送手段と、第2の飲食物搬送手段の上部であって、支柱15を介して設けられ、飲食物10を載置する搬送トレイ31を吊り下げて搬送する第3の飲食物搬送手段とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 113