説明

国際特許分類[B65G17/16]の内容

国際特許分類[B65G17/16]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G17/16]に分類される特許

1 - 10 / 53


【課題】キャリッジの軽量化により駆動装置での消費エネルギを削減しながら、キャリッジの剛性を高めることで、重量が大きい物品の搬送も可能になるなど、搬送される物品の種類が拡大されて、搬送装置の利便性が高まるトレー式搬送装置を提供する。
【解決手段】トレー式搬送装置は、物品が載置されるトレーを支持するキャリッジ102を走行させるリニアモータを備える。キャリッジ102は、トレー101を支持するトレー支持部材110と、トレー支持部材110を支持するヨーク120とを備える。ヨーク120は、トレー支持部材110を支持する前支持本体130および後支持本体140と、両支持本体130,140を連結することによりヨーク120の剛性を高める補強部材である第1,第2ヨーク連結部材123,124とを有する。各支持本体130,140は樹脂製部材により構成される。 (もっと読む)


【課題】走行路上を走行するキャリッジからトレーに伝達される振動を低減することで、トレーに載置されている物品に対するキャリッジの振動の影響が低減するトレー式搬送装置。
【解決手段】トレー式搬送装置は、物品が載置されるトレーを支持するキャリッジ102を走行させるリニアモータを備える。キャリッジ102は、トレーが取り付けられるトレー取付ベース111およびトレー取付ベース111に結合される両ベース支持体116,117を有するトレー支持部材110と、トレー支持部材110を支持するヨーク120とを備える。トレー取付ベース111は、両ベース支持体116,117を介してヨーク120に支持されると共に、ベース支持体116,117との支持用結合部112a、112bと、トレー101とのトレー用結合部112tとの間で、ベース支持体116,117の振動に起因する相対変位が可能な部材である。 (もっと読む)


【課題】載置される物品の種類に応じて異なる構造とするための設計の自由度が大きく、しかもコストが削減される搬送用トレーを提供する。
【解決手段】搬送用トレー200は、走行路を走行するキャリッジ102を備える搬送装置100に備えられて、キャリッジ102に結合された状態で物品が載置される。トレー200は、物品を支える剛性を有するベース部210と、ベース部210の上面211を覆っていると共に、載置された物品10が接触する載置面222を有する上層部220と、ボルト部材250によりキャリッジ102のベース本体112に結合される結合部240とを備える。ベース部210および上層部220は、別個の部材である。 (もっと読む)


【課題】従来のベルトを回転させて物品を排出させるものは、一つひとつの物品搬送体をベルトコンベヤとして構成する必要があったため複雑化し、高コスト化と難メンテナンスという課題があった。
【解決手段】多数の物品搬送体を無端状に連結してなる搬送コンベヤの物品搬送体に物品を一つずつ載せて搬送させ、個々の物品の仕分情報に基づいて物品搬送体の搬送経路途中に設けられた任意の仕分口に物品を排出させて仕分する場合において、一つひとつの物品を搬送方向前後に配置させた対となる物品支持具の上に跨がせて載せて搬送し、任意の仕分口において対となる物品支持具を略水平面内で互いが開く様に回転駆動させて両支持具上に跨がせて載せた物品を略水平に送り出しながら排出する様にした。 (もっと読む)


【課題】洗浄が容易で、錠剤またはカプセル剤の搬送中に錠剤またはカプセル剤に割れや欠けが生じない安全な薬剤搬送装置および薬剤搬送装置の送路に載置された薬剤緩衝板を提供する。
【解決手段】錠剤またはカプセル剤を搬送する薬剤搬送装置の一の送路から他の送路に錠剤またはカプセル剤が移動する際に、その他の送路に移動する錠剤またはカプセル剤が最初に衝突する下面に載置する薬剤緩衝板であって、載置される下面と略同形状の接触面が形成された金属からなる下板13と、下板13の上部に配置された弾性体からなる弾性板14とを有する。 (もっと読む)


【課題】粉粒体等からなる搬送物を投入口からバケットに投入する際に搬送物がバケットから飛散することを防止してバケットコンベヤの円滑な運行を図り、コンベヤを長寿命化して保守作業の頻度を低減したバケット式コンベヤを提供すること。
【解決手段】投入口101の両側にバケットコンベヤ100を構成するバケット160の開口上面と近接してバケット160の開口上面と平行な下端面121を有し、バケット160の両側のバケット側壁161の内側に該バケット側壁161と平行にバケットコンベヤ100の移動方向に延設する一対の垂直飛散防止板120と、垂直飛散防止板120の外側に垂直飛散防止板120に沿って水平に配置され、投入口101の下方を移動するバケット160のバケット側壁161と垂直飛散防止板120との間の隙間を閉塞する水平飛散防止板130とを備えているバケットコンベヤ100の投入口構造110。 (もっと読む)


【課題】バケットの収容底部に残留しがちな粉粒体状の搬送物を強制的かつ確実に突き落として粉粒体状の搬送物を効率良く排出口へ排出するとともにバケットに発生させがちな騒音と不用意な破損を防止するバケットコンベヤを提供すること。
【解決手段】左右一対のエンドレスチェーン120に両端支持された多数のバケット130が、粉粒体状の搬送物Mを収容する可撓性シートからなる収容底部131を有しているとともに、バケット130の収容底部131を開口部132側へ押し上げ搬送物Mを突き落として排出する突き落し手段150が、排出口側スプロケット141を軸支するスプロケット回転軸160に設けられているバケットコンベヤ100。 (もっと読む)


【課題】適切なタイミングで物品を供給する。
【解決手段】供給装置10は、冷菓XA1を搬送するバケットコンベア2の搬送面3aの上方に、バケットコンベア2の流れ方向と交差するように配置される環状の第一のベルト13と、この第一のベルト13からバケットコンベア2の搬送面3aに突出するように設けられ、第一のベルト13が走行することによって、バケットコンベア2の搬送面3a上の冷菓XA1を押し進める押し部材16と、を備えている。第一のベルト13は、バケットコンベア2の下流側に近付く方向で、かつバケットコンベア2の搬送面3aの側方に配置されるフィンガーコンベア4の方向に傾けた方向に走行する進行領域13aを有する。 (もっと読む)


【課題】搬送路の傾斜部分においても被搬送物を傾斜させずに搬送して搬送効率を上げるとともに、設置や調整の作業が容易で設置スペースの小さい搬送装置を提供すること。
【解決手段】走行手段110に対して上方に揺動可能で揺動端に第1ガイドローラ122を備えた第1揺動手段121と、該第1揺動手段121に対して上方に揺動可能で揺動端に第2ガイドローラ125を備えるとともに搬送物支持手段130を支持する第2揺動手段124とを有し、第1ガイドローラ122および第2ガイドローラ121が、第1ガイドレール102および第2ガイドレール106にそれぞれ係合すること。 (もっと読む)


【課題】被搬送物の量に応じた必要十分な数のバケットで搬送を行うことができるバケットコンベアを提供すること。
【解決手段】排出シュート20から単位時間当たりに所定量の被搬送物を排出するために必要なバケット数を設定し、設定されたバケット数に基づいて、チェーン12におけるバケット13の間隔が均等になるようバケット間隔を算出し、駆動開始ボタン32が操作される毎に算出しておいたバケット間隔だけチェーン12を駆動して停止するバケット取付けモード、および、駆動開始ボタン32が操作される毎にバケットセンサ33が次のバケットを検出するまでチェーン12を駆動して停止するバケット取外しモード、を実行する制御部40と、を備えた。 (もっと読む)


1 - 10 / 53