説明

国際特許分類[B65G17/20]の内容

国際特許分類[B65G17/20]に分類される特許

1 - 10 / 86


【課題】搬送用走行体の定停止位置の下手側に下り勾配経路部が設けられているようなレイアウトにおいて効果的に活用出来るトロリーコンベヤを提供する。
【解決手段】プッシャー11のガイドレール8と搬送用走行体1のガイドレール6との間の間隔が広げられた広間隔領域Hに設けられた定停止位置P2で被動トロリー5が停止している搬送用走行体1を、ストッパー20の解除により、プッシャー11で被動ドッグ12を後押し駆動して発進させたとき、搬送用走行体1のロードトロリー3aが定停止位置P2の上手側に設けられたガイドレール6の上り勾配経路部22を走行している間に被動トロリー5が、広間隔領域Hの下手側に連続する標準間隔領域R内に達して、被動トロリー5の被動ドッグ12と逆止ドッグ13との間にプッシャー11が嵌合する構成。 (もっと読む)


【課題】コンベアの左右方向の幅が小さく、キャリア設計の自由度が大きい、被搬送物を支持して軌道に沿って移動可能なキャリアに、パワーチェーン式駆動装置により駆動される受動部とローラーチェーン式駆動装置により駆動される受動部とを備えたコンベア装置を提供する。
【解決手段】パワーレールに支持案内されるパワートロリに取り付けられた駆動ドッグの前面と係合する被駆動ドッグ13をフリーレール11に支持案内されるフリートロリ12の下部に設けるとともに、ローラーチェーン式駆動装置D2のガイドレール31により支持案内されるローラーチェーン32に取り付けられた前後一対の前駆動ドッグ33及び後駆動ドッグ34間に収まるように、前駆動ドッグ33の後面及び後駆動ドッグ34の前面と係合する被駆動体14を、フリートロリ12における被駆動ドッグ13の後方位置に設けた。 (もっと読む)


【課題】アイシャフトから把持ブラケットが外れることがない搬送用レール装置の吊り金具を提供する。
【解決手段】走行レール120に案内されるトロリー121に対して横行レール130を吊り下げる搬送用レール装置100の吊り金具10であって、トロリー121に対して、左右軸周りに回動自在に支持されるアイシャフト20と、アイシャフト20に対して、上下軸周りについて回動自在に支持される軸部材30と、軸部材30に対して、前後軸周りに回動自在に支持され、一対となって、横行レール130を把持する把持ブラケット40・40と、を具備し、把持ブラケット40・40は、一対となって、アイシャフト20の支柱部22および軸部材30のストッパ部31を被装し、ストッパ部31の水平方向の断面積は、把持ブラケット40・40の開口部41の開口面積よりも大きいものとされる。 (もっと読む)


【課題】安全で円滑な走行が可能なプレーントロリー及びレール走行装置。
【解決手段】レール2に係合し、該レールの係合面に沿って転動するローラー21を備えるプレーントロリー10であって、上記ローラーと上記係合面とが接する接触部への異物の進入を阻止する遮蔽部材を有し、上記遮蔽部材は、可撓性を有して上記係合面と接する可撓部材を有
する。可撓部材は、刷毛部材、あるいは、ゴム部材からなる。遮蔽部材の上記レールの長さ方向一方側は、上記一方側から上記長さ方向他方側に向かうにつれて、上記レールの幅方向外側に向かって傾斜しているという構成を採用。 (もっと読む)


【課題】滅菌済みの物品を収納した収納体の外装面を除染してから無菌作業室に移送するに際して、除染済みの収納体を取り外して無菌作業室に移送する工程を手作業によることなく自動化して効率的な作業が行えるようにした収納体除染装置を提供する。
【解決手段】収納体Aを吊下げる複数のフック28を間隔をおいて設けてなる上側移送手段20と、上側移送手段の下方に設けられて当該上側移送手段の移動に伴い収納体の下方部位を下側から受承する受承部材40と、収納体が下方部位を受承部材により受承された状態で上側移送手段の更なる移動に伴いフックから外れて落下するとき、この落下する収納体を受け止めて移送する下側移送手段30とを備えている。 (もっと読む)


【課題】曲線部を有する搬送経路において簡易な構造のもと、搬送物を保持又は搭載した搬送台を吊り下げて移動させることができる搬送装置を提供すること。
【解決手段】本発明の一態様は、第1曲線部56と第2曲線部58とを備えるアルミフレーム10と、ワークを保持または搭載する架台12と、を有し、架台12をアルミフレーム10に吊り下げながらワイヤ20により引っ張ることにより移動させる搬送装置1において、アルミフレーム10に吊り下げながら移動可能でありワイヤ20が貫通する貫通部86が設けられ架台12と連結可能および切り離し可能な小トロリ14または大トロリ16と、第1曲線部56と第2曲線部58とに設けられ架台12から切り離された小トロリ14または大トロリ16を保持する内側ストッパ132または外側ストッパ134と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】支持軸体が設けられた保持装置を搬送する際に保持装置が支持軸体の軸線を中心として揺動することを規制することができる技術を提供する。
【解決手段】植物性繊維と熱可塑性樹脂を含む材料からなる板状体Wを搬送し、所定の形状に成形する基材成形装置であって、板状体Wの上方に配置されたシャフト32を有し、このシャフト32に板状体Wの上端部を保持するクランプ34が設けられたハンガー30と、シャフト32を移動させることでハンガー30を搬送するハンガー受け渡し機構と、シャフト32がシャフト32の軸線を中心として回動することを規制する第1規制部39a及び第2規制部39bとを備える。 (もっと読む)


【課題】ワーク移送用ハンガーへのワークの掛け作業及び処理完了後のワークの降し作業を、作業の省力化と効率向上、更にはワークの表面処理面の品質向上を目的として自動化するためのワークの自動掛け方法その方法を使用した自動掛け装置に適用して有用な複数ワークの支持方法を提供すること。
【解決手段】セパレータによりガイドレール上分離整列された複数ワークを、セパレータに保持させたまま前記ガイドレール上でサポート部に片持ち支持された串状支持体に向け移動させ、各ワークに設けられた掛止孔又は切欠に前記串状支持体を貫通させることにより、前記複数ワークを分離整列状態のまま前記レール上で前記串状支持体にまとめて支持させること。 (もっと読む)


【課題】 ワークを吊り下げるハンガを吊り下げ手段に容易に取り付けることができる塗装用ハンガを提供することを目的とする。
【解決手段】 この発明の塗装用ハンガは、コンベア1に対して装着される搬送部材に設けられた係合フック13とワーク4を吊り下げるワークハンガ21との間に配され、係合フック13に装着される上部フック201とワークハンガ21と係合する下部フック202を備えるハンガ20であって、ハンガ20は、上部フック201と下部フック202との間にワークハンガ21を下部フック202側へ案内する円弧状案内突出部204が設けられている。 (もっと読む)


【課題】水平経路部の途中に上り下りの勾配経路部UV,DVを有する搬送経路を走行する搬送用走行体1にワーク支持台11が前後揺動自在に支持され、このワーク支持台11に設けられたローラー19と係合して当該ワーク支持台11を水平姿勢に保持する姿勢矯正用ガイドレール28が設けられた搬送装置において、姿勢矯正用ガイドレール28を水平経路部には設けないで済むようにする。
【解決手段】搬送用走行体1には、ワーク支持台11を搬送用走行体1に対して水平姿勢にロックするロック手段20が設けられ、搬送用走行体1が水平経路部を走行するときは、水平姿勢の搬送用走行体1に対してワーク支持台11をロック手段20により水平姿勢でロックする構成。 (もっと読む)


1 - 10 / 86