説明

国際特許分類[B65G54/00]の内容

国際特許分類[B65G54/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G54/00]に分類される特許

1 - 6 / 6


【課題】帯状物体を安定に搬送することができる安価な帯状物体浮揚装置を提供する。
【解決手段】搬送面に設けた複数の吐出孔から吐出される流体によって帯状物体を搬送面上に浮揚させつつ搬送する帯状物体浮揚装置において、厚板パンチングメタル4及び薄板パンチングメタル5を密着して重ねるように設け、厚板パンチングメタル4の丸孔4aと薄板パンチングメタル5の丸孔5aとが互いに重なり合う部分により吐出孔を形成する。これにより、例えば薄板パンチングメタル5の丸孔5aのピッチ及び孔径が厚板パンチングメタル4の丸孔4aのピッチ及び孔径に比べて充分小さい場合、吐出孔の開孔率は、厚板パンチングメタル4の開孔率と薄板パンチングメタル5の開孔率との積になる。 (もっと読む)


【課題】所望の搬送距離だけ所望量の被搬送物質を効率的に搬送可能な搬送システムを提供する。
【解決手段】弾性波発生手段12aは、主搬送経路14上の被搬送物質に対して、搬送方向の上流側の異なる2方向から斜めに入射する2種類の弾性波を発生させるものであり、主搬送経路14上の被搬送物質は、弾性波発生手段12aから入射される2種類の弾性波により、主搬送経路14上で搬送される。 (もっと読む)


【課題】所望の搬送距離だけ被搬送物質を搬送可能な搬送システムを提供する。
【解決手段】第一の搬送経路14aと、この第一の搬送経路14aの搬送方向下流側と合流する第二の搬送経路14bと、第一の搬送経路14a上に供給された被搬送物質を搬送し、第二の搬送経路14b上に送り渡すための弾性波を発生させる第一の弾性波発生手段12aと、第一の搬送経路14a上から送り渡された被搬送物質を第二の搬送経路14b上で搬送するための弾性波を発生させる第二の弾性波発生手段12bと、を基板10の表面上に有する構成とした。 (もっと読む)


【課題】許容負荷荷重を大きくすることが可能な超音波浮上装置を提供する。
【解決手段】固定部1と、上記固定部1に対して移動可能に設置された可動部9と、上記固定部1又は可動部9に設けられ超音波振動を発生する振動発生装置13と、を具備し、上記振動発生装置13が超音波振動することにより上記可動部9が浮上面を介して浮上するように構成された超音波浮上装置において、上記振動発生装置13によって発生される超音波振動が主振動に対して副次振動を伴うものであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】進行波により対象物を搬送する上で、十分な搬送性能を実現することができ、構造が簡単であり、かつ小型化に適したアクチュエータを提供する。
【解決手段】アクチュエータ基板11上にフレキシブル基板14を重ね合わせて固定し、フレキシブル基板14上に複数の伸縮駆動素子12を並設して固定し、各伸縮駆動素子12の上端にシート状の弾性部材13を載せて係止し、制御駆動部15をフレキシブル基板14を通じて各伸縮駆動素子12に接続している。制御駆動部15は、フレキシブル基板14を通じて各伸縮駆動素子12に電圧を順次印加し、各伸縮駆動素子12をZ方向に順次伸縮させて、弾性部材13を変形させて波打たせ、弾性部材13に進行方向がX方向の進行波を形成する。この弾性部材13に対象物を載置すると、この弾性部材13の進行波により対象物がX方向とは逆方向に搬送される。 (もっと読む)


【課題】 被搬送体を処理しながら搬送することができる新たな搬送方法、搬送装置及び洗濯システムを提供する。
【解決手段】 搬送装置1において、搬送表面2Sの形状が変化する搬送路2と、搬送表面2Sにおいて搬送方向Xに向かって第1の進行波を生成する第1のアクチュエータ21と、搬送表面2Sにおいて回転方向θ1に向かって第2の進行波を生成する第2のアクチュエータ22とを備えている。第1のアクチュエータ21、第2のアクチュエータ22は、いずれも圧力流体供給源4から供給される圧力流体より膨張、収縮する機能を有する。 (もっと読む)


1 - 6 / 6