説明

国際特許分類[B66B23/22]の内容

国際特許分類[B66B23/22]の下位に属する分類

手すり (196)

国際特許分類[B66B23/22]に分類される特許

1 - 10 / 169


【課題】乗客の靴等が挟まれることの防止と、モールが剥がされることの防止と、乗客の衣服等の損傷の防止を少ない部品数で実現させることができるとともに、比較的短時間のうちに設置することができるようにした。
【解決手段】本発明は、エスカレータの長手方向の全長にわたって延設され、内側デッキ2のステップ1方向への突出部2aの下部側に配置され、内部に内側デッキ2の下辺部近傍に設けられる締結部に螺合するねじ12b,11の頭部を保持し、これらの頭部に連設された軸部の挿通を許容させる溝3dを有するモール3と、このモール3に保持され、ステップ1に向かって下向き傾斜状に配置されるドレスガード6とを備え、モール3の溝部3dに前記頭部が保持されたねじ12b,11を介して、モール3、内側デッキ2、及びスカートガード4をデッキベース7に固定した構成にしてある。 (もっと読む)


【課題】移動手摺の曲線部に沿うように基板を配置することができるエスカレータ欄干照明装置を得る。
【解決手段】帯状に形成された可撓性を有する基板321、基板321に実装されたLED322、基板321が移動手摺2の曲線部23に沿って変形可能となるように基板321に対して固定されたスチールテープ323および基板321、LED322およびスチールテープ323を覆う樹脂部324を有したLEDユニット32と、欄干1に設けられ、基板321が移動手摺2の曲線部23に沿うようにスチールテープ323を吸引する磁石34とを備えている。 (もっと読む)


【課題】既設のものにあって、破壊されたガラスパネルが脱落することを防止すると共に、破壊したガラスパネルの交換作業、および飛散防止フィルムのみの交換作業を容易に行うことのできる乗客コンベアの提供。
【解決手段】無端状に連結され、乗降口間を循環移動する踏段の進行方向両側に沿って、所定の隙間を介して複数枚並べられるガラスパネル5と、これらのガラスパネル5に貼り付けられる飛散防止フィルム11とを備えた乗客コンベアにおいて、各ガラスパネル5に飛散防止フィルム11を貼り付けると共に、隣接するガラスパネル5間の隙間に、これらのガラスパネル5の表面より突出することなく、かつ、飛散防止フィルム11に接することがないように接着剤またはコーキング材(12)を充填するようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】デッキベースと、スカートガードと、内側デッキと、モールを含む各部材相互間の取り付け、取り外しを比較的短時間のうちに行えるようにした。
【解決手段】本発明は、エスカレータ等の乗客コンベアにおいて、ステップ方向に突出する上側モール6及び下側モール7と、上側モール6の上方への動き、及び下側モール7の下方への動きを規制するモール固定材5と、上側モール6と下側モール7との間の空間部に収容され、上側モール6及び下側モール7に係合可能でモール固定材5の角穴5cに挿入されるモール固定ワッシャ8とを備えるとともに、上側モール6と下側モール7との間の空間部に収容され、モール固定ワッシャ8のビス穴8aに挿入され、デッキベース1と、スカートガード2と、内側デッキ4と、モール固定材5と、上側モール6及び下側モール7とを一括的に一体に固定するモール固定ビス9を備えた構成にしてある。 (もっと読む)


【課題】パッキンカバーをパッキンベースから容易に外すことができ、パッキンベース及びパッキンカバーの破損の防止を図ることができる乗客コンベヤのパッキンカバー着脱具を得る。
【解決手段】パッキンカバー着脱具21は、着脱具本体22と、着脱具本体22に回転自在に設けられたローラ23とを有している。着脱具本体22は、基部24と、基部24から突出し、パッキンカバー11の長さ方向端部の外側からパッキンベース10とパッキンカバー11との間の隙間に挿入可能な挿入部25と、基部24に設けられた持ち手部26とを有している。パッキンカバー着脱具21は、パッキンベース10とパッキンカバー11との間に挿入部25が挿入された状態で、ローラ23が着脱具本体22を支えながらパッキンベース10上を転動されることにより、パッキンベース10とパッキンカバー11との間の隙間を挿入部25で押し広げるようになっている。 (もっと読む)


【課題】踏段を効率よく照明できるエスカレータの欄干照明装置を提供する。
【解決手段】エスカレータ30の欄干照明装置10は、エスカレータ30に設置され、欄干パネル33が、踏段31側に開口部13を有し、欄干パネル33の移動手摺35の近傍に、欄干パネル32,33内を透過して開口部13から踏段31に向けて光を照射する光源11を備える。 (もっと読む)


【課題】照明間の継ぎ目の無灯部分をなくし、さらに階高調整分の構成を最小限の用品で構成可能とした照明装置を提供する。
【解決手段】エスカレータ本体1のスカートガードパネル内に前記踏段側を照明するように配置された照明装置8であって、前記照明装置8は、スカートパネルに沿って直列に配列されたほぼ同一長の複数個の主棒状光源9と、これらの棒状光源9配列の継ぎ目に形成された前記主棒状光源9よりも短い長さの無灯部分Aの前方または背後に、前記主光源を構成する主棒状光源9に一部が重複するように配置された前記主棒状光源9とほぼ同一長の棒状光源からなる副棒状光源13と、を備え、前記主棒状光源9および副棒状光源13は、直線状に配列された複数個のLED発光素子により構成されている。 (もっと読む)


【課題】解決しようとする課題は、欄干のガラスパネルの破損を精度良く検出することができる乗客コンベアを提供することである。
【解決手段】本発明の実施形態に係る乗客コンベア(エスカレータ)は、複数のガラスパネルが直列に連設された欄干を有する乗客コンベアにおいて、検知手段(圧力センサ)を備える。この検知手段は、複数のガラスパネルの間に設けられた隙間のいずれかが縮小したことを検知することができることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】乗客の乗り込みを確実に検出できると共に、意匠的にも向上した乗客コンベアを提供することを目的とする。
【解決手段】左右一対のデッキ14内部に第1投光器26と第1受光器32をそれぞれ設け、欄干16の反転部22の外側に第1反射装置28と第2反射装置30とをそれぞれ設け、第1投光器26から投光された第1光線を第1反射装置28、第2反射装置30を経て第1受光器32で受光させ、この第1光線が遮断されたときに乗客が乗降したと判断部34が判断する。 (もっと読む)


【課題】欄干の内側板がガラス板より形成された乗客コンベアに、センサを安全で、かつ、見栄えよく固定できる乗客コンベアを提供することを目的とする。
【解決手段】欄干12の内側板がガラス板14より形成されたエスカレータ10において、手すりベルト18の折り返し部分におけるガラス板14に切欠き20を設け、利用者を検出するセンサ34をガラス板14の板厚部分と重なるように切欠き20内部に配する。 (もっと読む)


1 - 10 / 169