説明

国際特許分類[B66D1/28]の内容

国際特許分類[B66D1/28]の下位に属する分類

国際特許分類[B66D1/28]に分類される特許

11 - 20 / 25


【課題】グリスなどで汚れることがなく、清掃などのメンテナンが不要のタグボート用ウインチを提供すること。
【解決手段】船体の甲板上に設けられ、曳航用ロープ及び錨用チェンを繰り出し及び巻き取り可能としたタグボート用ウインチであって、駆動源に連動連結し、前記曳航用ロープを巻回する第1のドラム及び前記錨用チェンを巻回する第2のドラムが取付けられた軸体と、この軸体を支持する調芯機能付きのベアリングと、この軸体に設けられ、前記駆動源から前記第1のドラムへの動力の伝達を入り切りする第1のクラッチ及び前記駆動源から前記第2のドラムへの動力の伝達を入り切りする第2のクラッチとを備え、各前記クラッチは、グリスが封入された密封構造であることとした。 (もっと読む)


【課題】
リレーの交換を容易にした昇降装置およびこれを備えた照明装置を提供する。
【解決手段】
昇降装置MLは、吊下げ用索条11、吊下げ用索条を巻取り/巻戻す巻取ドラム12および巻取ドラムを回転駆動するモータ13を含む駆動機構D、この駆動機構を下面に配設するとともに上面に開口するリレー交換用開口14を有する基板B、ならびに駆動機構を包囲するとともに基板に固定されたケースCを備えた昇降装置本体1と、昇降装置本体の基板のリレー交換用開口に対向して基板に配設されたリレー基板21およびリレー基板に取り付けられてリレーR1、R2を装着するリレーソケット22を備えたリレー取付機構2と、吊下げ用索条に吊下げられて昇降装置本体に対して昇降するとともに被昇降機器を支持する昇降体5とを具備している。 (もっと読む)


【課題】 モジュール設計を特徴とするリフト装置、特にケーブルウィンチを提供する。
【解決手段】 本発明は、少なくとも2つのベースプレートを有するベースフレームを備え、互いに離間配置されベースプレートを相互接続する少なくとも2つの長手方向ビームと、保持部品によってベースプレートに取り付けられた取着要素とをさらに備えたリフト装置、特にケーブル牽引機構に関する。モジュール設計を特徴とするリフト装置、特にケーブル牽引機構を形成するために、保持部品(13a、13b)は長手方向ビーム(5a、5b、5c)の延長として配置される。 (もっと読む)


【課題】複数の軸受への給脂を、閉塞することなく確実に、しかも簡便に行うことができる、軸受への給脂方法について提供する。
【解決手段】複数の軸受1を並列に配置した巻上機において、軸受に潤滑脂を供給するに当り、軸受列に沿って延び、かつ各々が各軸受に連通する複数の充填口4が開口された給脂通路2内に、一端側に潤滑脂の注入口5を有しかつ他端側に給脂口を有する供給管7を挿入し、供給管の注入口を前記いずれかの充填口に合わせ、注入口から前記充填口に潤滑脂を流し込み、軸受に潤滑脂を供給する。 (もっと読む)


【課題】低コストで成形可能で且つ軽量化も図れる昇降装置及び天井吊り下げ装置の提供を目的とする。
【解決手段】天井配設機器を昇降する駆動手段が取り付けられる樹脂製のベースと、前記ベースを下方から覆い且つ当該ベースよりも耐熱性の高い補強部材と、前記補強部材を天井に取り付ける取付手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で巻上機本体に内蔵されているインバータの熱を効率よく外気に放熱でき、高頻度運転が可能な巻上機を提供すること。
【解決手段】荷昇降用電動機、減速機構を具備し、荷昇降用電動機を巻上機本体に内蔵するインバータ12で駆動する巻上機において、インバータ12の発する熱を減速機構を収容する減速機構ケーシング15に放熱する放熱手段を設けた。該放熱手段はインバータ12を減速機構ケーシング15に少なくとも一部を面接触で直接密接させて取付ける取付手段である。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で内蔵しているインバータが発する熱や回生制動用抵抗器が発する熱を効率良く外気に放熱でき、高頻度運転が可能な巻上機を提供すること。
【解決手段】荷昇降用電動機41、減速機構、回生制動用抵抗器70を具備し、荷昇降用電動機41を巻上機本体に内蔵するインバータ12で駆動すると共に、吊り荷の下降時荷昇降用電動機41で発電した電流を回生制動用抵抗器70に流し、回生制動をかける巻上機において、インバータ12を減速機構ケーシング15に面接触で密接させて取付け、該インバータ12で発生した熱を減速機構ケーシング15に放熱する。 (もっと読む)


【課題】ドラグトルクに対抗した十分なフリーフォール速度を得る。
【解決手段】
ウインチドラム1と、ウインチドラム1を巻上/巻下駆動する巻上用油圧モータ2と、吊り荷の負荷によるフリーフォール時に、油が封入された空間内をウインチドラム1と一体に回転する回転体12を有し、この回転体12の回転を制動するブレーキ装置10と、空間内に油を供給する油圧源32と、フリーフォール時に回転体12の回転を許容し、フリーフォールの停止時に回転体12の回転を阻止するようにブレーキ装置10を制御するブレーキ制御装置21と、空間内に供給される油を加熱する加熱手段33と、フリーフォール時にウインチドラム1の回転をアシストするアシスト用モータ31とを備える。 (もっと読む)


【課題】建物屋上で揚重に使用するクレーンの組立解体作業を人力のみで容易に短時間で行う。
【解決手段】移動用台車上に親子クレーンを配し、子クレーン2設置組立後、この子クレーンを用いて親クレーン1を揚重する。各部品の質量を26kg以下に抑える。またカウンタウェイトに水タンク9を使用することにより、従来は困難であったカウンタウェイトの軽量化に成功。 (もっと読む)


【課題】ブーム吊り有り仕様から無し仕様への仕様変更を容易にする。
【解決手段】旋回体2に軸支されたブーム3と、ブーム3に軸支されたジブ4と、フロントドラム10と、リヤドラム11と、起伏ドラム12と、追加ドラム13とを備える。追加ドラム13は、ブーム吊り用フック6を有しない仕様からブーム吊り用フック6を有する仕様へと仕様変更する際に追加されるドラムであり、この追加ドラム13に巻回されるワイヤロープ13aのロープ径をリヤロープ11aのロープ径と同一とする。 (もっと読む)


11 - 20 / 25