説明

国際特許分類[B66F7/22]の内容

国際特許分類[B66F7/22]に分類される特許

1 - 10 / 17


【課題】リンクの起立動作をする中心となる軸を付け替えることなく連続した起立動作と傾斜動作をする昇降機構を提供することを目的とする。
【解決手段】第一規制部33を中心とした円弧上を移動できるように第二規制部43をガイドする第一円弧部C1と、回動軸31を中心とした円弧上を移動できるように第二規制部43をガイドする第二円弧部C2と、回動軸31を中心とした円弧上を移動できるように第一規制部33をガイドする第三円弧部C3とを備え、第一円弧部C1と第二円弧部C2は連続して設けられ、従動部材6が初期位置から所定の高さまで移動する際に、第一規制部33は前記第二リンク4に対して相対移動せずに、第二規制部43が第一円弧部C1を移動し、従動部材6が回転初期位置から所定の角度まで回転動作をする際に、第一規制部33が第三円弧部C3を移動すると共に、第二規制部43が第二円弧部C2を移動するようにする。 (もっと読む)


【課題】バッテリー載置テーブルの姿勢を電気自動車の傾きに対応して自動調整する。
【解決手段】載置テーブル22は昇降装置19の上昇によりバッテリー運搬台車32の充電バッテリー3を受け取る。距離センサー31は載置テーブル22の上昇中に測距動作を開始する。3箇所の距離センサー31は載置テーブル22と車体底面8との距離を測定する。測定距離が全て同一の場合、電気自動車の傾きは無いと判断する。1箇所の距離センサー31の測定距離が他の距離センサー31の測定距離と異なる場合、電気自動車が傾いていると判断する。載置テーブル22は異なる測定距離を検出した距離センサー31と対応する可動部材26の作動により上下移動され、3箇所の測定距離が同一となるように自動調整される。電気自動車の傾きに対応して自動調整された載置テーブル22は、充電バッテリー3をバッテリー収容部9に正確に挿入することができる。 (もっと読む)


【課題】多様な機能な性能を備えつつ、構成の複雑化を抑制する。
【解決手段】昇降用シリンダ又6は回動用シリンダ5で駆動され、地面と荷台床面高さ位置の間で昇降され、荷台床面高さ位置と起立位置の間で回動される荷受台を有する荷受台昇降装置であって、荷台床面高さ位置と起立位置の間における荷受台回動範囲において、その一部領域又は当該一部領域と異なる領域に荷受台が位置することを検知する回動位置検知手段8と、一部領域に荷受台が位置することを回動位置検知手段が検知して回動用シリンダ5の伸長速度を制御する伸長制御手段と、前記異なる領域に荷受台が位置することを回動位置検知手段が検知して、回動用シリンダ5の収縮速度と昇降用シリンダ6の収縮速度との少なくとも一方の制御を行う収縮制御手段と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】 簡単な操作で安全、確実かつ短時間に物品の主体側への移載や位置変え作業等を行う物品積載回動枠の操作装置を提供する。
【解決手段】 回動枠は、主体の高位置に一端側を枢支され物品を積載した状態で他端側が少なくとも水平状態と鉛直状態との間を変位可能に回動する。回動枠の水平‐鉛直回動を支持する支持機構が設けられる。手動操作装置により、地上からの手動操作で直接に支持機構を駆動して回動枠を水平‐鉛直回動させる。地上側からの操作で、円滑、確実に物品の主体に対する位置変えを支持状態のままで行う。 (もっと読む)


【課題】 食品残渣物の処理物の乾燥機への供給時点に於いて、容器内の付着の防止により全量払い出しが出来ないか。
【解決手段】 スキップホイストによる容器の反転時に処理物と容器の重量を利用し、容器をスライドさせて衝撃を与え払い落とす。 (もっと読む)


【課題】シリンダーの機能以上に被搬送物を昇降させることが出来ない。
【解決手段】ベース1に立設した機枠2の前面に昇降台3を設け、該昇降台3の後部にリンク杆4、4aの前端部を回動可能に取り付け、ベース1に立設した昇降台3の昇降駆動部5にリンク杆4、4aの中間部を回動可能に取り付け、該リンク杆4、4aの上方揺動を規制すると共に下方揺動可能にし、機枠2の後部にリンク杆4、4aの後端部の当接体6、6aを設ける。リンク杆4、4aの後端部が当接体6、6aに当接してから最上昇位置に到達するまでに、リンク杆4、4aにより昇降台3を、リンク杆4、4a先端の昇降台3への取付部位の昇降駆動部5への取付部位に対する上昇量分押し上げて、昇降駆動部5による昇降量より多く昇降台3が昇降可能になる。 (もっと読む)


【課題】 トラックで運搬できる簡易型倉庫等に用いられて任意の角度に調整可能で且つその角度位置に固定可能なジャッキベースに於て、構造を簡単化してコストの低減を図る。
【解決手段】 起立板8を備えたジャッキプレート2と、これの上方に配されて筒状の脚体10に挿通されるジャッキネジ3と、これに螺合されて脚体10を高さ調整する為のジャッキナット4と、ジャッキネジ3の下部に設けられた垂下板5と、ジャッキプレート2の起立板8と垂下板5との間に設けられてジャッキネジ3に対してジャッキプレート2を俯仰可能に枢結する枢結手段6と、ジャッキプレート2の起立板8と垂下板5との間に設けられてジャッキネジ3に対してジャッキプレート2を所定の角度位置に固定する為の固定手段7とで構成し、とりわけジャッキネジ3に垂下板5を設けると共に、この垂下板5とジャッキプレート2の起立板8との間に枢結手段6と固定手段7とを設ける。 (もっと読む)


【課題】既存の昇降機器、例えばホイールドーリを利用して、これにブレーキドラム交換用機器をアタッチメントとして取付けるようにして、ブレーキドラムの脱着を可能とし、新規にドラムドーリの専用機を購入する必要をなくし、設備投資が嵩むことをなくす。
【解決手段】ホイールドーリの一対の支承アームに取付けられる一対の取付部32,33と、該一対の取付部32,33間に架設したフレーム34,35と、該フレーム34,35に設けた回転軸38,39と、該回転軸38,39を中心として前後方向に回転可能に立設されて前面側にブレーキドラム50を取付けるドラム取付板45と、該ドラム取付板45の前後方向の回転角度を規制する規制手段43a,43bと、ドラム取付板45の略起立状態から前方への倒伏を阻止するロック手段52を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】安価で、かつ操作を容易とした上で、家庭における除雪作業の労働力の軽減
【解決手段】手動リフター1におけるフォーク部12に支持される支持部31と、当該支持部31に前後回動可能に軸支され、前方回動によって収容した雪を出すことが可能な構成とする雪収容部32と、当該雪収容部32を後方回動させるための引っ張り部33とを含む雪運搬装置3を備える。
(もっと読む)


【課題】小型化して設置スペースを小さくする。ピットリフトのリフティングポイントまでの移動距離を短くする。また昇降テーブルを昇降させることなく、作業スペースに対して交換部品等を搬入搬出する。
【解決手段】車両整備用ピット1を、整備対象の車両7を乗り入れ可能な幅の長方形状のピット開口面3を形成するように掘り下げてなるピット本体5に、フロアテーブル11を下降させることによってピット本体5内に作業スペースを形成する1基のフロアリフト10と、車両7をピット開口面3の上方で昇降させる2基のピットリフト20と、1基の段差解消階段30とを設けて構成する。段差解消階段30を、ベースの上方に、可変勾配階段部を設け、ベースと可変勾配階段部との間に、側桁の前端側を昇降可能とする第1昇降機構と、側桁の後端側を昇降可能とする第2昇降機構とを設けて構成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 17