説明

国際特許分類[C07C209/00]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 有機化学 (230,229) | 非環式化合物または炭素環式化合物 (64,036) | 炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物の製造 (1,159)

国際特許分類[C07C209/00]の下位に属する分類

水素原子をアミノ基で置換するもの (21)
官能基をアミノ基で置換するもの (247)
アンモニア,アミンまたはアミノ基に還元可能な官能基をもつ化合物のカルボニル化合物による還元アルキル化によるもの (59)
窒素―酸素結合または窒素―窒素結合の還元によるもの (117)
カルボン酸またはそのエステルのアンモニアまたはアミン存在下における還元によるもの,またはニトリル,カルボン酸アミド,イミンまたはイミノ―エーテルの還元によるもの (135)
転位反応によるもの (18)
縮合反応または付加反応によるもの,例.マンニッヒ反応,アルケンまたはアルキンへのアンモニアまたはアミンの付加,シッフ塩基,キノンイミンまたはアジランへの活性水素原子を含有する化合物の付加 (32)
炭素―窒素結合,硫黄―窒素結合またはリン―窒素結合の開裂によるもの,例.アミドの加水分解,アミンまたは4級アンモニウム化合物のN―脱アルキル化 (59)
不均化によるもの (4)
有機金属化合物からのものまたは有機金属化合物を経由するもの (6)
アミノ基の関与しない反応によるアミノからのもの,例.不飽和アミンの還元,芳香族化または炭素骨格の置換 (244)
光化学反応によるもの;遊離基を用いるもの
精製;分離;安定化;添加剤の使用 (200)

国際特許分類[C07C209/00]に分類される特許

1 - 10 / 17


【課題】医薬的に活性な存在体の合成に使用できる中間体の調製方法におけるシクロプロピルカルボン酸エステルの使用並びにこれらの方法による中間体を提供する。
【解決手段】以下の式(I)の化合物の調製方法であって、


(式中Rは3,4−ジフルオロフェニルであり、Yは、メントキシである)以下の式(II):


の化合物を、溶媒の存在下で−10℃〜90℃の温度で、ジメチルスルホキソニウムメチリドと接触させることを含んでなる方法。 (もっと読む)


本発明は、担体部分及び触媒部分から構成される触媒組成物を提供する。担体部分は、遷移アルミナ及び第2の金属の酸化物を含む酸性混合金属酸化物を含む。遷移アルミナは、δ又はθアルミナを、他の遷移相又はα若しくはγアルミナと組合せて含むことができる。第2の金属の酸化物は、アルミナの重量百分率より小さい重量百分率を有する。触媒部分は、触媒組成物の25重量%又はそれ以下であり、ニッケル及びレニウムから構成される。触媒部分はニッケルを、触媒組成物の総重量に基づき、2〜20重量%の範囲の量で含み、触媒部分にホウ素は存在しない。 (もっと読む)


本発明はアミノ交換反応に有用な触媒組成物を提供する。この触媒組成物は、遷移アルミナを含む触媒担体を有し、低金属配合量(例えば、25重量%未満)を用い、レニウムの存在を必要としない。この触媒組成物は、貴金属含有触媒を用いて促進されるアミノ交換反応と同様な反応体生成物のアミノ交換反応(例えばEDAからDETAへのアミノ交換反応)を優れた活性及び選択性で有利に促進できる。
(もっと読む)


本発明は、ラサジリンメシレートの新規な結晶形およびラサジリンメシレートの純粋な形態およびこれらの調製方法に関する。さらに、本発明は、当該結晶形および形態を含有する医薬組成物ならびにパーキンソン病、痴呆、アルツハイマー病、うつ、多動性症候群、脳卒中、脳虚血、神経外傷、統合失調症および多発性硬化症を患っている患者の治療における当該組成物の使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、ポリアミドを製造するためのジアミンと二酸との塩の溶液の製造方法に関する。より詳細には、本発明は、ポリアミドの製造、より特定的にはPA66の製造用の出発物質として用いられるヘキサメチレンジアンモニウムアジペート塩(ナイロン塩とも称される)の濃厚溶液の製造方法に関する。二酸とジアミンとを混合することによって得られるジアミンと二酸との塩の50〜80重量%の塩濃度の水溶液の製造方法は、第1工程において、1.1超の二酸/ジアミンモル比を有する二酸及びジアミンの水溶液を製造し、第2工程においてアミンを添加することによって二酸/ジアミンモル比を0.9〜1.1の範囲、好ましくは0.99〜1.01の範囲の値に調節し、随意に水を添加することによって塩の重量濃度を定めることから成る。 (もっと読む)


本発明は、医薬化合物またはそれらの中間体の塩酸塩、臭化水素酸塩またはヨウ化水素酸塩の製造および結晶化のための新規な方法であり、塩基またはその酸付加塩を溶媒中でハロゲン化トリアルキルシリルと反応させる方法を提供する。 (もっと読む)


反応器中において有機アミンと乳酸との錯体を調製する方法であって、水と混和性の有機アミンが反応器中において水性媒体中の乳酸マグネシウムと接触されて、該錯体および沈降された水酸化マグネシウムを生成し、その後に該水酸化マグネシウムが該錯体から分離されることを特徴とする方法 (もっと読む)


本発明は、スチリル-トリアリールアミン構造成分を含む共約ポリマー及びデンドリマー、それらの電子素子特にポリマー有機発光ダイオードでの使用、それを製造するためのモノマー及び前記ポリマー及びデンドリマーを含む素子及び発光ダイオードに関する。 (もっと読む)


【課題】
光学活性α,β−ジアリールエチルアミン化合物の優れた異性化方法を提供すること。


【解決手段】
式(1)


〔式中、R1及びR2は各々C1−C4アルキル基を表し、m及びnは各々0〜5の整数を表す。但し、mが2以上の整数である場合、R1は同一又は相異なっていてもよく、nが2以上の整数である場合、R2は同一又は相異なっていてもよい。〕
で示される光学活性α,β−ジアリールエチルアミン化合物を
ラネーニッケル及び水の存在下で、60〜100℃の加熱条件下で反応させることにより、該光学活性α,β−ジアリールエチルアミン化合物を効率的に異性化することができる。 (もっと読む)


【解決課題】 金属、配位子の種類を問わず配位子交換法により金属ナノクラスターを製造することができる方法を提供すること。
【解決手段】 本発明は、金属又は金属酸化物微粒子に糖が配位する糖−金属ナノクラスターを前駆体とし、前記糖−金属ナノクラスターと、目的とする配位子を含む化合物とを接触させることにより、前記糖−金属ナノクラスターの配位子である糖と前記目的とする配位子とを交換する工程を含む金属ナノクラスターの製造方法である。前駆体となる糖−金属ナノクラスターの配位子は、シクロデキストリン類、デンプン、デキストリン、アミロース、アミロペクチン、キチン、キトサン、セルロース、ポリマンノースのモノマー、オリゴマー、高分子が好ましい。 (もっと読む)


1 - 10 / 17