説明

国際特許分類[C07D333/38]の内容

国際特許分類[C07D333/38]の下位に属する分類

国際特許分類[C07D333/38]に分類される特許

21 - 30 / 296


本発明は、ヒストンアセチルトランスフェラーゼタンパク質に結合し、そして調節する化合物を選別するための方法を提供する。本発明は、更に、神経変性疾患、蓄積したアミロイド−ベータペプチド沈着物、Tauタンパク質レベル、及び/又はアルファ−シヌクレインの蓄積に伴う症状、並びに癌を治療するための、患者にHAT−活性化化合物を投与することによる方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、インビトロでIRE-1α活性を直接阻害する化合物、それらのプロドラッグおよび薬学的に許容される塩を提供する。このような化合物およびプロドラッグは、小胞体ストレス応答に関連する疾患を治療するために有用であり、単剤としてまたは併用療法において使用することができる。 (もっと読む)


本発明は、式I
【化1】


(式中、A、Y、Z、R20〜R22及びR50は、特許請求の範囲に記載された意味を有する)の化合物に関し、それは有益な医薬活性化合物である。具体的には、それは内皮分化遺伝子受容体2(Edg−2、EDG2)の阻害剤であり、それはリゾホスファチジン酸(LPA)によって活性化され、そしてまたLPA1受容体とも称され、そして例えば、アテローム性動脈硬化症、心筋梗塞及び心臓不全のような疾患の治療に有用である。さらにまた、本発明は、式Iの化合物の製造方法、その使用及びそれを含んでなる医薬組成物に関する。
(もっと読む)


本発明の実施形態は、造血成長因子受容体の活性化などの生理作用を有する化合物に関する。本発明の実施形態は、造血病態および造血障害などの様々な病態、疾患および疾病を治療するための、上記化合物の使用にも関する。 (もっと読む)


式(I):


(式中、Wはアリーレン、ヘテロアリーレンまたは式(a)であり、各Lは独立してアルキレン、アルケニレン、アルキニレン、直接結合、アリーレン、シクロアルキレン、アルキレン−アリーレン、アルキレン−C=Oまたは−C=Oであり、各Xは独立してN含有ヘテロアリーレン、N含有シクロアルキレンまたはNRであり;YはN含有ヘテロアリール、N含有シクロアルキル、NR、OR、CNまたはCORであり、Zは式(b)である)の化合物、またはその医薬的に許容される塩は治療、特に神経変性および癌の治療に有用である。
(もっと読む)


【課題】血清中のリン濃度を効果的に抑制することにより、血清中のリン酸濃度の上昇により生ずる疾患を効果的に予防または治療できる化合物を提供する。
【解決手段】式(I)の化合物およびその薬学上許容される塩および溶媒和物である。
(もっと読む)


【課題】癌、減量、微生物感染等の治療に有用な化合物、及び該化合物を含む医薬組成物の提供。
【解決手段】式I[式中、R=H、R=−OH、−OR、−OCHC(O)R、−OCHC(O)NHR、−OC(O)R、−OC(O)OR、−OC(O)NHNH−R、または−OC(O)NRであり、ここで、Rが、H、アルキル、シクロアルキル、アリール、アリールアルキル等であり、RおよびRは、アルキル、シクロアルキル、アリール、アリールアルキル等である。]で表される化合物、及び該化合物を含む医薬組成物。
(もっと読む)


【課題】作物保護及び材料保護において有害微生物を防除(control)する新規なメチルチオフェンカルボキサニリド及びその複数の製造方法の提供。
【解決手段】強い殺微生物活性を有し、作物の保護及び種々の物質の保護において真菌類及び細菌類などの望ましくない微生物の防除に使用できる下記式で例示される、メチルチオフェンカルボキサニリド化合物、並びにその製造方法。
(もっと読む)


本発明は、薬学的に許容できる該化合物の塩を包含する、明細書中で定義されているとおりの式(I)の構造を有する一群の化合物を対象とする。本発明はまた、式Iの化合物を含有する組成物およびその使用を対象とする。
【化1】

(もっと読む)


式Iの化合物:


(式中、R、R、R、R、R、R、RおよびRは本明細書に定義されているとおりである)またはその医薬的に許容される塩。P2Xおよび/またはP2X2/3受容体拮抗薬に関連する疾患の治療のための本化合物の使用方法および本化合物の調製方法も開示する。
(もっと読む)


21 - 30 / 296