説明

国際特許分類[C07D413/08]の内容

国際特許分類[C07D413/08]に分類される特許

1 - 10 / 33



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

本発明は、式(I)


の新規な物質に関し、ここで:R1は、場合により置換されたアリールまたはヘテロアリールであり;RはHであるか、またはR1と一緒になった場合、場合により置換される、O、S、N、NHおよびNアルクのうちの1つ以上を場合により含む、アリールまたはヘテロアリール基と縮合された5員もしくは6員の環を形成し;R2およびR3は、独立して、H、Hal、またはアルキルであって、場合により1つ以上のHalによって置換され;R4はHであり;ならびにR5はHまたはアルキルであり、場合により1つ以上のハロゲン原子で置換される。この物質は、任意の異性体およびこの塩であり、ならびに薬物、特にAKT(PKB)リン酸化反応インヒビターを意図する。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を包含する:
【化1】


式中、X、R1、R2、R3、及びR4は明細書に定義される通りのものである。本発明はまた、症候群、障害又は疾患を、予防する、処置する又は寛解させる方法も含み、ここで上記症候群、障害又は疾患は2型糖尿病、肥満症及び喘息である。本発明はまた、治療上の有効量の少なくとも1種の式(I)の化合物を投与することによって、哺乳類においてCCR2活性を阻害する方法を含む。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を含み、
【化1】


式中、X、R1、R2、R3、及びR4は明細書に定義される通りのものである。本発明はまた、症候群、障害又は疾患を、予防する、処置する又は寛解させる方法も含み、ここで上記症候群、障害又は疾患は2型糖尿病、肥満症及び喘息である。本発明はまた、治療上の有効量の少なくとも1種の式(I)の化合物を投与することによって、哺乳類においてCCR2活性を阻害する方法を含む。
(もっと読む)


本発明は、一般式I


を有するイソオキサゾール−3−カルボキサミド誘導体またはその医薬的に許容され得る塩、それを含む医薬組成物、及び前記イソオキサゾール−3−カルボキサミド誘導体のTRPV1媒介障害(例えば、急性及び慢性疼痛障害、急性及び慢性神経障害性疼痛、急性及び慢性炎症性疼痛、呼吸器疾患及び下部尿路障害)を治療するための使用に関する。
(もっと読む)


新規な有機光電素子用化合物およびこれを含む有機光電素子が提供される。前記有機光電素子用化合物は化学式1で表される。本発明の一実施形態に係る有機光電素子用化合物は、正孔注入、正孔輸送、発光、または電子注入および/または電子輸送並びに適切なドーパントと共に発光ホストとしての役割を果たしうる。前記有機光電素子用化合物は、有機薄膜層に含有された場合、熱的安定性を向上し、駆動電圧を低減して、有機光電素子の寿命特性および効率を向上させうる。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を含む。
【化1】


式中:R1、R2、R3及びR4は、明細書に定義されている。本発明はまた、式(I)の化合物を含む製薬学的組成物と、式(I)の化合物を投与することによるCCR2媒介症候群、障害又は疾患、例えば、2型糖尿病、肥満又はぜんそくを予防、処置又は軽減するための方法とを含む。
(もっと読む)


【課題】新規な有機電界発光化合物及びこれを電界発光材料として用いる有機電界発光素子の提供。
【解決手段】下記化学式の化合物であることを特徴とする。


(上記化学式において、A環及びB環は、互いに独立して、飽和された5員又は6員のヘテロ環アミノ基であるか、または下記構造から選択される置換基であり、


a及びbは、互いに独立して、0乃至4の整数であるが、但し、a+bは1〜4の整数である。) (もっと読む)


本発明は、式Iの新規のフェノールアミンおよびカテコールアミン、その調製の方法、それらを含有する医薬組成物、療法におけるその使用、ならびに、PET用またはSPECT用のリガンドとして放射性標識された形態でのその使用に関する。
(もっと読む)


式Iの化合物(式中、R1、R2、R3、D、G、QおよびWは請求項1に示した意味を有する)は、腫瘍を治療するために使用することができる。
(もっと読む)


1 - 10 / 33