国際特許分類[C07K16/08]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 有機化学 (230,229) | ペプチド (29,849) | 免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体 (8,664) | ウイルスからの物質に対するもの (350)

国際特許分類[C07K16/08]の下位に属する分類

国際特許分類[C07K16/08]に分類される特許

81 - 90 / 152


現在のH5N1、H7N7、H9N2、およびH2N2トリインフルエンザ株が、それらの宿主特異性を変化させ、そしてそれらがヒトに容易に感染することを可能にする変異を蓄積している可能性があることは、重要な懸案事項である。したがって、これらの株のHAタンパク質が実際に、ヒトに容易に感染できる形態に換わり得るかどうかを評価することが必要であり、さらに、そのような能力を有しているHA変異体を同定することが必要である。本発明により、グリカンの間での相互作用と、それらに結合する相互作用パートナーを分析するためのシステムが提供される。本発明によってはまた、アンブレラトポロジーグリカンに結合するHAポリペプチド、およびそれらに関する試薬と方法も提供される。
(もっと読む)


本発明は、ヒトサイトメガロウィルス(hCMV)と結合し、そしてhCMV感染を中和する新規抗体配列を提供する。当該新規配列は、hCMV感染の内科的治療のために、特にhCMV感染の予防または治療法において使用される医薬組成物を製造するために使用され得る。
(もっと読む)


本発明は医薬品抗体製剤、特に抗狂犬病ウイルス抗体を備える液体医薬品製剤を提供する。かかる製剤を狂犬病の汚染後予防に用いることができる。 (もっと読む)


【課題】生理標本または組織標本、特にPMWS症候群のブタの病変部の標本から単離可能なブタのサーコウイルス(CIRCOVIRUS)、特にII型サーコウイルスを提供する。
【解決手段】離乳後多機能萎縮症候群(post−weaning multisystemic Wasting syndrome:PMWS)の農場から得られた肺または神経節標本から単離した新規なブタサーコウイルス(CIRCOVIRUS)株と、この株の精製物、その無毒化または不活性化ワクチン、組換え生ワクチン、プラスミドワクチンおよびサブユニットワクチンと、診断試薬および診断方法。さらに、インビトロ発現ベクターのサブユニットの製造に用いられるDNA断片またはウイルスまたはプラスミド型のインビトロ発現ベクターに組み込まれる配列としてのDNA断片。 (もっと読む)


【課題】種々の病原体に対する組換えサブユニットワクチンとして、組換えポリペプチドの過剰発現のために、および遺伝子治療に有用な組換え体の提供。
【解決手段】ウシアデノウイルスタイプ3ゲノムであって、例えば、ウシアデノウイルスタイプ3(BAV−3)のゲノムまたはそのフラグメントに実質的に相同である、ヌクレオチド配列ならびにウシアデノウイルスタイプ3のゲノムのタンパク質に実質的に相同である、ヌクレオチド配列であって、該タンパク質が、BAV−3ゲノムのヌクレオチド4,092〜5,234、ヌクレオチド5,892〜17,735、ヌクレオチド21,198〜26,033、およびヌクレオチド31,133〜34,445からなる群より選択されるか、またはそのフラグメントである、配列。 (もっと読む)


本発明は、哺乳動物において、全身性の非抗原特異的免疫応答および強力な抗原特異的免疫応答の両方の誘発に有効な、全身免疫活性化のための方法に関する。本方法は、特に、哺乳動物の単純ヘルペスウイルスからの保護に対して有効である。そのような方法において有用な治療用組成物も開示する。 (もっと読む)


【課題】安全性の向上した改変組換えウイルスを提供し、且つ、そのような組換えウイルスを製造する方法を提供する。
【解決手段】改変組換えウイルスであって、該ウイルスにコードされている遺伝子機能が不活化されていることにより毒性が弱毒化され安全性が高められた組換えウイルスを産生する。その遺伝子機能は、非必須であり毒性に関連する。ウイルスとしてはポックスウイルスが有利であり、特にワクシニアウイルスまたはアビポックスウイルスである。この改変組換えウイルスは、そのウイルスゲノムの非必須領域に、免疫不全性ウイルス由来の抗原もしくはエピトープおよび/またはCTLエピトープ、例えば、HIV1gag(+プロ)(IIIB)、gp120(MN)(+トランスメンブレン)、nef(BRU)CTL、pol(IIIB)CTL、ELDKWA、LDKWエピトープ等をコードする外来DNA配列を含み得る。 (もっと読む)


配列番号1乃至16よりなる群から選択されたアミノ酸配列を有するノロウイルス抗原ペプチドまたはそれのフラグメントを開示する。このようなペプチドは、ワクチンのような抗ウイルス治療剤の製造、抗原ペプチドに対する抗体の製造方法、ノロウイルスを検出するためのペプチドまたは対応する抗体を使用する方法及びペブチド、DNA及び/または抗体の組成物に使用されることができる。また、ノロウイルスの検出のためのキットが提供される。 (もっと読む)


ヒトサイトメガロウイルス(CMV)に対する予防と治療に用いる免疫原性化合物および予防用または治療用ワクチンを提示する。pUL128またはpUL130を有するヒトCMVタンパク質複合体を含有するサブユニットワクチン、および、pUL128またはpUL130を有するCMVタンパク質複合体をコードする少なくとも1つの核酸を含有する核酸ワクチンについて提示する。また、pUL128またはpUL130を有するCMVタンパク質複合体に対して反応する治療用抗体、並びに、上皮および内皮細胞のCMV感染を阻害する化合物のスクリーニング方法、対象へのCMV感染に対する免疫付与方法、 線維芽細胞以外の細胞種におけるヒトCMV感染の阻害に関する中和抗体の能力の評価方法、およびCMV感染の軽減方法、も提示する。 (もっと読む)


【課題】 感度、特異性が高く、免疫ブロッティングや免疫沈降に適した、16型ヒトパピローマウイルスE6タンパク質に対するモノクローナル抗体を提供することを目的とする。
【解決手段】 16型ヒトパピローマウイルスE6タンパク質に対するモノクローナル抗体またはその結合活性断片であって、16型ヒトパピローマウイルスE6タンパク質と結合し、18型ヒトパピローマウイルスE6タンパク質および/または16型ヒトパピローマウイルスE7タンパク質と実質的に結合しない、モノクローナル抗体またはその結合活性断片、当該抗体を産生するハイブリドーマ、および当該ハイブリドーマを用いることを特徴とする、モノクローナル抗体またはその結合活性断片の調製方法が提供される。 (もっと読む)


81 - 90 / 152