説明

国際特許分類[C08F220/04]の内容

国際特許分類[C08F220/04]の下位に属する分類

国際特許分類[C08F220/04]に分類される特許

61 - 70 / 135


【課題】乳化安定性に加え、エマルジョンの低温造膜性、乾燥皮膜の低温接着性及び透明性を維持し、かつ、親水性有機溶剤やイオン性を持った添加剤を添加して、機械的剪断をかけても、凝集、粘度上昇の生じないエマルジョンを得ることを目的とする。
【解決手段】重合性二重結合と親水性基とを、その両者間に4〜16個の原子を介在させて結合した構造を有する重合性単量体由来の構造単位を、共重合成分として、5〜20モル%含有し、かつ、ノニオン性界面活性基を有するノニオン性単量体由来の構造単位を、共重合成分として1〜20モル%含有し、かつ、その共重合体のフローテスターによる1/2法温度が40℃以上140℃以下である高分子乳化剤を用いる。 (もっと読む)


【課題】界面活性剤との相溶性に極めて優れ、液体洗剤としたときの透明性が高く、しか
も、洗剤性能に非常に優れた、新規な液体洗剤用ビルダーと、その液体洗剤用ビルダーを
含んでなる新規な液体洗剤並びにクレー分散能及び界面活性剤との相溶性に優れたアクリ
ル酸系重合体(塩)を含む液体洗剤を提供すること。
【解決手段】アクリル酸(塩)及びマレイン酸(塩)共重合体(塩)の重量平均分子量M
wと該共重合体(塩)における該マレイン酸(塩)の割合[MA(モル%)]との積(M
A×Mw)が450,000以下である共重合体(塩)を含んでなる液体洗剤用ビルダー
。アクリル酸(塩)及び3−アリルオキシ−2−ヒドロキシ−1−プロパンスルホン酸(
HAPS)(塩)の重量平均分子量Mwが100,000以下である共重合体(塩)を含
んでなる液体洗剤用ビルダー。それらを液体洗剤用ビルダーを含む液体洗剤並びに特定濃
度、かつ特定分子量のアクリル酸系重合体(塩)を含む液体洗剤。 (もっと読む)


【課題】 優れた耐熱性を有するとともに、発泡倍率が高く、そのバラツキも少ないことから、強い剪断力が加えられる混練成形、カレンダー成形、押出成形、射出成形等にも好適に使用可能な熱膨張性マイクロカプセル及び該熱膨張性マイクロカプセルを用いた発泡成形体を提供することを目的とする。
【解決手段】 重合体からなるシェルに、コア剤として揮発性膨張剤が内包された熱膨張性マイクロカプセルであって、前記シェルは、アクリロニトリル、メタクリロニトリル及び塩化ビニリデンから選択される少なくとも1種からなる重合性モノマー(I)40〜90重量%と、カルボキシル基を有し、炭素数が3〜8のラジカル重合性不飽和カルボン酸モノマー(II)10〜50重量%とを含有し、かつ、分子内に二重結合を2つ以上有する重合性モノマー(III)を含有しないモノマー混合物を重合させてなる重合体からなる熱膨張性マイクロカプセル。 (もっと読む)


本発明は、非水電解質電池またはコンデンサーのための不織布補強微孔ポリマー膜およびその製造方法である。水溶性重合体100重量部と、疎水性単量体30〜500重量部と、親水性単量体0〜200重量部と、開始剤1〜5重量部とを共重合することでポリマーラテックスが得られる。このポリマーラテックス中の固形物の含有量:100重量%に対し、無機充填剤0〜100重量%および可塑剤20〜100重量%を加えて、スラリーが得られる。得られたスラリーで不織布の両面をコーティングし、乾燥して、不織布補強微孔ポリマー膜が得られる。 (もっと読む)


【課題】少量で良好な保水性を有し、発育阻害ないしは根の伸長阻害を生じない植物生育用の保水剤を提供する。
【解決手段】高吸水性樹脂(X)を含んでなる植物生育用保水剤において、(X)1重量部に25℃のイオン交換水100重量部を吸水させたときの吸水体の電気伝導率が0〜2.0mS/cmであり、(X)のカルシウムイオン吸収量が(X)の重量あたり0〜100mg/gであり、(X)の25℃のイオン交換水の吸水倍率が80〜1,000倍であることを特徴とする植物生育用保水剤。 (もっと読む)


【課題】少量で良好な保水性を有し、発育阻害ないしは根の伸長阻害を生じない植物生育用の保水剤を提供する。
【解決手段】高吸水性樹脂(X)を含んでなる植物生育用保水剤において、(X)1重量部に25℃のイオン交換水100重量部を吸水させたときの吸水体の電気伝導率が0〜2.0mS/cmであり、(X)の加圧吸収量が(X)の重量あたり10〜35g/gであり、(X)の25℃のイオン交換水の吸水倍率が80〜1,000倍であることを特徴とする植物生育用保水剤。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】優れた仕上がり性(平滑性、鮮映性、タレ防止性)を付与できる粘性改良剤の提供
【解決手段】
(メタ)アクリル酸(塩)(a)と、







(Rは水素原子又はメチル、R、Rは水素原子、メチル又はエチル、Rは炭素数8〜24のアルキル基、nは3〜60の整数を表す)で示される単量体(b)と、アルキル基の炭素数が1〜4であるアルキル(メタ)アクリレート(c)とを必須構成単量体とする共重合体を含有してなり、
a〜cの各単量体単位の合計重量に基づいて、a単位の含有量が0.1〜50重量%、b単位の含有量が5〜60重量%、c単位の含有量が5〜60重量%である粘性改良剤を用いる。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

61 - 70 / 135