説明

国際特許分類[C08G65/48]の内容

国際特許分類[C08G65/48]に分類される特許

1 - 10 / 209


【課題】製造が容易であり、装置の小型化が可能で、水の分離性能および透過性能に優れ、かつ破損しにくくなる程度の柔軟性を有する中空糸炭素膜、それを用いた分離膜モジュールおよびその中空糸炭素膜の製造方法を提供する。
【解決手段】中空糸状の第1の炭素膜と、第1の炭素膜の外表面に設けられた第2の炭素膜と、を備えた中空糸炭素膜であって、中空糸炭素膜の破断伸度は1%以上4%以下であり、第2の炭素膜は、金属元素と、硫黄元素とを含む中空糸炭素膜、それを用いた分離膜モジュールおよびその中空糸炭素膜の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】高温高湿下であっても接着力に優れ、FPCと電極との接続信頼性に優れた異方性導電材料、及び該異方性導電材料を用いた接続構造体を提供する。
【解決手段】下記一般式(1):


(式中、nは整数を表し、Rは、単結合、−CH−、又は−C(CH−を表す。)で表される骨格(I)と、
下記一般式(2):
−(R)− (2)
(式中、Rは、炭素数4〜12の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキレン基、繰り返し数2〜23のオキシエチレン単位、又は、繰り返し数2〜15のオキシプロピレン単位を表す。)で表される骨格(II)とを有するバインダー樹脂、及び導電性粒子を含有する異方性導電材料。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、低加湿条件下においても優れたプロトン伝導性を有し、なおかつ優れた機械強度、化学的安定性および物理的耐久性を達成することができる実用性に優れた、ブロック共重合体、それを用いた高分子電解質材料、高分子電解質成型体および固体高分子型燃料電池を提供せんとするものである。
【解決手段】イオン性基を含有するセグメント(A1)、イオン性基を含有しないセグメント(A2)、および前記セグメント間を連結するリンカー部位を含有するブロック共重合体であって、イオン性基を含有するセグメント(A1)が、特定の構成単位を含有し、リンカー部位が特定の構成単位を含有することを特徴とするブロック共重合体。 (もっと読む)


【課題】室温のみならず加熱条件下においても優れた接着力を有する接着剤を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表される接着性向上剤(S)。


[一般式(1)中、Xはm価の活性水素含有化合物からc個の活性水素を除いた残基を表し、;cは1≦c≦mを満たす整数を表し;mは1〜20の整数を表し;Xは活性水素含有化合物から1個の活性水素を除いた残基を表し;Yは3価以上の芳香族ポリカルボン酸から全てのカルボキシル基を除いた残基を表し;aは1以上の整数を表し、bは0以上の整数を表す。] (もっと読む)


【課題】水/水硬性粉体比が20重量%未満の水硬性組成物に対して、未硬化のフレッシュ状態では優れた流動性、粘性低減効果を付与でき、硬化体では優れた収縮低減効果、強度を付与できる、水硬性組成物用の1液型添加剤組成物を提供する。
【解決手段】特定の共重合体(A)と、特定のグリコールエーテル系から選ばれる化合物(B)とを含有する、水/水硬性粉体比が20重量%未満の水硬性組成物用の1液型添加剤組成物。 (もっと読む)


【課題】ディスプレイ用高耐熱性コーティング剤を提供する。
【解決手段】下記式(1):


(式中、Lは置換基を有してもよいアリーレン基、又は置換基を有してもよい少なくとも2つのアリーレン基及びそれらの間に配置された少なくとも1つのスルホニル基又はカルボニル基を表し、Tは置換基を有してもよい少なくとも2つのアリーレン基及びそれらを連結する少なくとも1つの、炭素原子数1乃至4のアルキレン基、炭素原子数1乃至4のフルオロアルキレン基又は炭素原子数4乃至10の環状炭化水素基を有する2価の基を表す。)で表される構造単位を有するポリマーであって、該ポリマーの末端又は側鎖に下記式(2−A)及び下記式(2−B)の少なくとも一方の構造を有する基を有するポリマー、及び溶剤を含むディスプレイ用コーティング剤。
(もっと読む)


【課題】ポリフェニレンエーテルの有する優れた誘電特性を維持したまま、硬化物の耐熱性及び難燃性に優れたポリフェニレンエーテル樹脂組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】下記式(1)で表される変性ポリフェニレンエーテルと、熱架橋型硬化剤とを含むポリフェニレンエーテル樹脂組成物を用いる。



ここで、上記式(1)中、mは、1又は2を示し、Lは、所定の構造のポリフェニレンエーテル鎖を示し、Mは、水素原子、又は、不飽和二重結合とリンとを含む、所定の構造の基を示し、mが1の場合に、Mは、水素原子でなく、mが2の場合に、2つのMの少なくともいずれか一方は、水素原子ではなく、Tは、mが1の場合に水素原子を示し、mが2の場合に、アルキレン基、又は、所定の構造の、ポリフェニレンエーテル由来の基を示す。 (もっと読む)


【課題】ポリフェニレンエーテルの優れた誘電特性を維持したまま、難燃性、流動性、耐熱性、寸法安定性を向上できる有機リン基が導入された変性ポリフェニレンエーテル、及びそのためのハロゲン化有機リン化合物、並びにその製造方法の提供。
【解決手段】




の不飽和含有ハロゲン化有機リンで変性されるポリフェレンエーテル。 (もっと読む)


【課題】
純度の高い環式ポリフェニレンエーテルエーテルケトン組成物を簡便な方法で回収する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】
少なくともポリフェニレンエーテルエーテルケトン、環式ポリフェニレンエーテルエーテルケトンおよび有機極性溶媒を含む混合物から環式ポリフェニレンエーテルエーテルケトン組成物を回収する方法であって、有機極性溶媒を留去する工程、およびポリフェニレンエーテルエーテルケトンが不溶となる温度領域で固液分離を行う工程を経るだけで、高純度の環式ポリフェニレンエーテルエーテルケトン組成物が得られることを特徴とする環式ポリフェニレンエーテルエーテルケトン組成物の回収方法。 (もっと読む)


【課題】高温信頼性及び機械的特性を損なわずに樹脂成形体の難燃性及び誘電特性を高める環状ホスファゼン化合物を実現する。
【解決手段】式(1)のグリシジル基で変性したオリゴ(フェニレンオキシ)基置換環状ホスファゼン化合物。


式(1)中、nは1〜6の整数を示し、Aは少なくとも一つがグリシジル基で変性したオリゴ(フェニレンオキシ)基置換フェニルオキシ基であり、他が炭素数1〜6のアルキル基、アルケニル基およびアリール基から選ばれる少なくとも一種の基が置換されていてもよい、アリールオキシ基である。 (もっと読む)


1 - 10 / 209