国際特許分類[C08J7/12]の内容

国際特許分類[C08J7/12]の下位に属する分類

国際特許分類[C08J7/12]に分類される特許

101 - 110 / 164


【課題】トリアセチルセルロース(TAC)フィルムの鹸化処理において、表面が高機能付与加工されたもう1方の片側を苛性アルカリ浴に浸すことなく、偏光子と接着する他方のTACフィルム面側を選択的に苛性アルカリで鹸化処理する。
【解決手段】アルカリ性で安定した増粘性を有すアクリル酸を主体としたアクリル系共重合物を含有する水溶液に苛性ソーダ又は苛性カリを溶解してなる塗付液を調整し、TACフィルム表面にコートする(苛性アルカリ水溶液だけでは表面張力によりフィルム面に保持できない)。次いで加熱乾燥し、TACフィルムの表面のアセチル基を鹸化反応処理する。 (もっと読む)


【課題】合成ステップが少なく、相対的に高い電気伝導度を有する電解質を低コストで製造することが可能な電解質膜の製造方法及びこのような方法により得られる電解質膜を提供すること。
【解決手段】高分子化合物からなる基材膜に放射線を照射する照射工程と、前記基材膜とSOガスとを反応させるSOガス反応工程と、前記基材膜と酸化剤とを反応させる酸化工程とを備えた電解質膜の製造方法、及び、これを用いて得られる電解質膜。 (もっと読む)


【課題】本発明は、基材等に撥水性の薄膜が形成されてなる、撥水性基材を製造する方法の提供を目的とする。また、本発明は、比較的低エネルギーの光を用いた分解反応によって、コントラストの高い親水性領域と撥水性領域を表面に有する光処理基材を製造する方法の提供を目的とする。
【解決手段】基材の表面に下式(1)で表される化合物を塗布し、撥水性の薄膜を基材の表面に形成することを特徴とする撥水性基材の製造方法。
ただし、
1、R、R、およびRは、それぞれ独立して、水素原子または1価の基を示し、かつ、4つの基のうち少なくとも1つは、撥水性の1価有機基を示す。
は、水素原子または1価炭化水素基を示す。
【化1】
(もっと読む)


【課題】ポリアミド逆浸透複合膜及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明のポリアミド逆浸透複合膜は多孔性支持体と上記多孔性支持体上に配置されたポリアミド層からなり、上記ポリアミド層にヨウ素原子が共有結合されるものである。本発明のポリアミド逆浸透複合膜は、多孔性支持体を製造し、上記多孔性支持体上にポリアミド層を形成し、上記ポリアミド層を少なくとも一つのヨウ素原子を含む化合物で処理する段階で製造される。上記少なくとも一つのヨウ素原子を含む化合物の一例は、臭化ヨウ素、塩化ヨウ素及び三塩化ヨウ素を含み、上記ヨウ素含有化合物は水溶液に添加して溶解するか、又はヨード塩(iodide salt)と酸化剤を水溶性溶媒に添加して、水溶液上で、その場で(in situ)合成して適用することができる。 (もっと読む)


【課題】 完全水系化でき、コストパフォーマンスに優れ価格競争力のある有機無機ハイブリッド体の製造方法を提供することであり、特に耐水性あるいは表面強度に優れた有機無機ハイブリッド体を得ることができる製造方法を提供することにある。
【解決手段】 水素結合性基を有する固体状の有機高分子物質を活性珪酸溶液に浸漬して該有機高分子物質と珪酸とのハイブリッド体を形成することを特徴とする有機無機ハイブリッド体の製造方法。前記活性珪酸は、珪酸アルカリ金属塩水溶液をイオン交換体により脱アルカリ金属処理して生成されるか、または、珪酸アルカリ金属塩水溶液に酸を加えpHを7以下にして生成され、珪酸アルカリ金属塩としては、珪酸ナトリウム、珪酸カリウム又は珪酸リチウムが好ましい。水素結合性基を有する有機高分子物質の代表例はポリビニルアルコールなどの水溶性高分子である。 (もっと読む)


【課題】多重ブロック共重合体、その製造方法、前記多重ブロック共重合体から製造された高分子電解質膜、その製造方法及び前記高分子電解質膜を備える燃料電池を提供する。
【解決手段】下記の化学式1を有するポリスルホン反復単位及びスルホン化ポリスルホン反復単位を含み、その末端にエチレン性不飽和基を有する多重ブロック共重合体である。
(もっと読む)


【課題】ゴム・プラスチック表面に撥水性に優れた皮膜を容易にかつ安価に形成することができる撥水処理方法およびそのような方法を適用した撥水処理製品を提供する。
【解決手段】有機物添加剤を含有するゴム・プラスチック表面に撥水処理を施す方法であって、撥水処理すべき前記ゴム・プラスチックの表面に酸化チタン光触媒を付着させるとともに、該ゴム・プラスチック表面およびその近傍を加熱する工程と、前記酸化チタン光触媒を付着させたゴム・プラスチック表面に光を照射する工程と、前記光が照射されたゴム・プラスチック表面から前記酸化チタン光触媒を除去する工程とを有するゴム・プラスチック表面の撥水処理方法、およびそのようなゴム・プラスチック表面の撥水処理方法によって撥水処理が施されてなる撥水処理製品である。 (もっと読む)


【課題】 偏光性能に優れ、色相に優れ、2枚の偏光フィルムを直交させてクロスニコル状態にした際に青色光の漏れが少ない偏光フィルム及びその製造に有効な偏光フィルム用原反フィルムの提供。
【解決手段】 重合度2000以上、ケン化度99モル%以上のPVA系重合体にカルボキシル基含有重合体を1〜30質量部の割合で含有するPVA系重合体組成物から形成した偏光フィルム用PVA系重合体フィルム、及び該PVA系重合体フィルムから作製した偏光フィルム。 (もっと読む)


【課題】不安定末端基が低減されたパーフルオロポリマーを効率よく製造できる製造方法、製造装置、および耐久性に優れた固体高分子形燃料電池用電解質膜を効率よく製造できる製造方法を提供する。
【解決手段】パーフルオロモノマーを重合して得られた重合体を押出成形してストランドとし、該ストランドにフッ素ガスを接触させる処理を含む、パーフルオロポリマーの製造方法;前記重合体を溶融して押し出す溶融・押出手段11と、溶融重合体をストランド1にするダイ12と、ストランド1にフッ素ガスを接触させるフッ素化槽13とを具備するパーフルオロポリマーの製造装置10;および前記製造方法で得られたパーフルオロポリマーを用いる固体高分子形燃料電池用電解質膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、工業的または経済的に十分な反応速度で効率よくフッ素化反応を行うことが可能な表面フッ素化基材の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】反応容器中に、C−H結合を有する化合物からなる基材と不活性液体とを導入し、該基材を該不活性液体中に浸漬させる工程、反応容器中に20体積%以上のフッ素を含む気体を導入してフッ素を不活性液体中に溶解させ、該基材の不活性液体に浸漬された部分の表面をフッ素化する工程、を含むことを特徴とする表面フッ素化基材の製造方法。 (もっと読む)


101 - 110 / 164