説明

国際特許分類[C09B35/039]の内容

国際特許分類[C09B35/039]の下位に属する分類

国際特許分類[C09B35/039]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】不純物を効率よく除去し、純度の高い電荷発生物質を製造することが可能な電荷発生物質の製造方法及び製造装置、該電荷発生物質の製造方法を用いて製造されている電荷発生物質並びに該電荷発生物質を有する感光体の提供。
【解決手段】電荷発生物質はアゾ顔料であり、製造方法は、有機溶媒中で電荷発生物質を合成する工程、合成された電荷発生物質を含有する液を遠心分離して合成された電荷発生物質を含有する沈降物と上澄み液に分離する工程及び沈降物に有機溶媒又は水を添加することにより得られる液を遠心分離して合成された電荷発生物質を含有する沈降物と上澄み液に分離する操作を繰り返す工程を少なくとも有する。 (もっと読む)


【課題】性能低下成分及び残留溶剤が極めて少ないフルオレノン系ビスアゾ顔料、及びその効率的、かつ環境への負荷が小さい製造方法を提供する。
【解決手段】液体溶媒中でフルオレノン系ビスアゾ顔料粒子を形成し、該フルオレノン系ビスアゾ顔料を濾取したウエットケーキもしくはこれを乾燥したクルード乾燥品を、超臨界流体および亜臨界流体の少なくともいずれかとエントレイナーの混合流体と接触させる、又は前記エントレイナーとして用いることができる流体に接触させた後、超臨界流体および亜臨界流体の少なくともいずれかと接触させる処理工程を有するフルオレノン系ビスアゾ顔料の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、4,4'-ジアミノジシクロヘキシルメタンの含量を特徴とし、トランス,トランス-異性体のパーセンテージが、4,4'-ジアミノジシクロヘキシルメタンの総量に基づいて、少なくとも25%である、アゾ顔料製剤に関する。本発明に従うアゾ顔料製剤は、イラストレーションのグラビア印刷において改良された光学密度,一層高い光沢を有しおよびインク透き通しの無いグラビアインクを製造するために特に適している。 (もっと読む)


【目的】 インクジェット記録用インクに好適なアゾ染料を提供すること、及びそれを用いたインクジェット記録用インク。
【構成】 1.下記一般式(1)又は(2)で表わされるアゾ染料。
【化1】


(式中、R1,R2はそれぞれアルキル基、アルコキシ基、ハロゲン原子又は水素原子を示し、それらは同一でもあるいは異なっていてもよい。nは1〜4、M+はアルカリ金属、アミンのカチオン又はアンモニウムイオンを示す)
【化2】


(式中、Arは置換されていてもよい芳香環を示す。)2.前記1のアゾ染料を含むインクジェット記録用インク。 (もっと読む)


1 - 4 / 4