説明

国際特許分類[C09B48/00]の内容

国際特許分類[C09B48/00]に分類される特許

1 - 10 / 85


【課題】
本発明の目的は、優れた色再現性を実現し、かつ保存安定性に優れた活性エネルギー線硬化型インクジェットマゼンタインキを提供することである。
【解決手段】
無置換キナクリドンと2,9−ジメチルキナクリドンの2種類のマゼンタ顔料をそれぞれ含有すること活性エネルギー線硬化型インクジェットマゼンタインキ。
ならびに、インクジェットマゼンタインキの他に、少なくとも活性エネルギー線硬化型インクジェットイエローインキ、シアンインキを含むことを特徴とする、活性エネルギー線硬化型インクジェットインキセット。 (もっと読む)


【課題】分散性に優れ、分光特性に優れた顔料分散体を提供することにある。
【解決手段】少なくとも、分散媒体中、一般式(1)で表される化合物とキナクリドン骨格を有する顔料を含有する顔料分散体である。


[一般式(1)中、R1及びR2は、各々独立して、水素原子、アルキル基、アリール基、アラルキル基を表す。] (もっと読む)


【課題】顔料の結晶構造を破壊せず、キナクリドンの2つの同形結晶相(β結晶相およびγ結晶相)での粒度絞りに使用でき、ミリングまたは再結晶化において多量の廃棄物を生成しない環境にやさしい方法の提供。
【解決手段】β−キナクリドンまたはγ−キナクリドン粗製顔料に、結晶相抑制剤としての2,9−ジクロロキナクリドンを添加し、さらにスチレンコポリマー分散剤、消泡剤、添加剤、および約10重量%を超える水の存在下で、粗製顔料をミリング後、有機顔料を分離する。 (もっと読む)


【課題】固体インク組成物で使用される極性の低いワックスおよび樹脂中に安定に分散させた固体インクの提供。
【解決手段】以下の式を有する、固体インク中の顔料のための共力剤。


式中、nは、1、2、3または4であり、Xは、金属、アンモニウム、または四級アンモニウムをあらわし、R、RおよびRは、独立して、H、C〜C20アルキル、C〜C20アルコキシ、ハロゲンをあらわす。上の式を有する共力剤を含む固体インク。 (もっと読む)


【課題】青色着色層の斜め方向の視認性を改善し、所望の色度とすることが可能なカラーフィルタ用青色顔料分散液、青色着色層の斜め方向の視認性を改善し、所望の色度とすることが可能なカラーフィルタ用青色感光性樹脂組成物、該感光性樹脂組成物を用いて形成されたカラーフィルタ及びこのカラーフィルタを有する液晶表示装置を提供する。
【解決手段】少なくとも顔料と、顔料分散剤と、溶媒とを含有する、顔料分散液であって、前記顔料が、少なくともC.I.ピグメントブルー15:6及びC.I.ピグメントバイオレット19を含むカラーフィルタ用青色顔料分散液、及び上記顔料分散液の構成要素に更にバインダー成分を含む、カラーフィルタ用青色感光性樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】赤色着色層の斜め方向の視認性の改善が可能でありながら、高輝度及び高コントラスト化の要求も達成し、且つ、アルカリ現像性に優れるようにする、カラーフィルタ用赤色顔料分散液、及びカラーフィルタ用赤色感光性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】顔料と、顔料分散剤と、溶媒とを含有する、顔料分散液であって、前記顔料が、C.I.ピグメントレッド254及びC.I.ピグメントレッド209を含み、且つ、前記顔料分散剤が、アミノ基の少なくとも一部と有機酸化合物とが塩を形成した特定の構造を有するブロック共重合体である、カラーフィルタ用赤色顔料分散液、及び上記顔料分散液の構成要素に更にバインダー成分を含む、カラーフィルタ用赤色感光性樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】レッドからオレンジの領域の二次色画像が、光沢性及び耐光性に優れ、かつ、レッドからオレンジの領域の色再現範囲が広い、イエローインク及びマゼンタインクの組み合わせを有してなるインクセットの提供。
【解決手段】イエローインク及びマゼンタインクの組み合わせを有してなるインクセットであって、イエローインクが下記一般式(I)で表される構造の顔料を含み、かつ、マゼンタインクがキナクリドン骨格を有する構造の顔料を含むインクセット。


(式(I)中、R1乃至R4のいずれか1つがハロゲン原子であり、残りは水素原子である。) (もっと読む)


【課題】
水性顔料分散液中に存在する粗大粒子を大幅に低減し、分散粒子の微細化、分散安定性の向上を可能とし、その結果、保存安定性の向上や、インクジェット記録用水性インクを作製したときの良好な吐出安定性を実現するとともに、製造効率の高い水性顔料分散液の製造方法を提供すること。
【解決手段】
キナクリドン系顔料(a)、スチレン−アクリル酸系共重合体(c)、塩基性化合物(d)及び水酸基価50〜500(mgKOH/g)のポリエチレングリコール(e)を含有する混合物を混練し、常温で固体の顔料分散体を作製する混練工程を有し、さらに前記顔料分散体に対して水性媒体を混合して、粘度を低下させ、前記顔料分散体の液状化を行う混合工程を有することを特徴とする水性顔料分散液の製造方法。 (もっと読む)


【課題】顔料が微細に分散され、顔料が高濃度な領域での流動性に優れ、希釈状態では長期間保存した場合における顔料の分散安定性にも優れた顔料分散物、及び該顔料分散物を含み、インクジェット記録用として好適なインク組成物、並びに印刷物を提供する。
【解決手段】(a)顔料を2〜35質量%、(b)下記一般式(1)で表される繰り返し単位を5〜30質量%含み、重量平均分子量が10000〜200000である重合体を(a)顔料100質量部に対し10〜30質量部、(c)主鎖にポリアルキレンイミン鎖又はポリアリルアミン鎖を有し、側鎖にポリエステル鎖を有するグラフト共重合体を(a)顔料100質量部に対して15〜50質量部、含有し、前記(b)重合体及び前記(c)グラフト共重合体の含有量の和が、前記(a)顔料100質量部に対して25〜70質量部である顔料分散物、及び該顔料分散物を含むインク組成物、並びに印刷物。
(もっと読む)


【課題】顔料微粒子の粒径が小さく、良好な分散性を示すためカラーフィルタ用の色材として有用な顔料微粒子分散体の提供。
【解決手段】顔料の微粒子と下記一般式(1)の化合物とを含有する顔料微粒子分散体。


(Qは芳香環を有する有機色素残基を、R及びRはH原子またはアルキル基を、nは1〜4の整数を表す。Pは複素環基を表す。)


該化合物は、例えば上記反応式で得られる化合物bb−11である。 (もっと読む)


1 - 10 / 85