説明

国際特許分類[C09D179/00]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用 (147,412) | コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法 (58,351) | グループ161/00から177/00に属さない,主鎖のみに酸素または炭素を含みまたは含まずに窒素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物に基づくコーティング組成物 (466)

国際特許分類[C09D179/00]の下位に属する分類

国際特許分類[C09D179/00]に分類される特許

11 - 20 / 59


本発明は、(i)前記塗料が、二酸化珪素ナノ粒子(B)を含有し、(ii)ナノ粒子は、d50値80〜300nmを有し、および(iii)ナノ粒子(B)は、粒子15質量%未満が80nm未満の範囲内の粒度を有するような粒度分布を有し、粒子75〜95質量%が80〜300nmの範囲内の粒度を有し、粒子0〜5質量%が300nmを上廻り1000nm以下の範囲内の粒度を有し、および粒子0〜5質量%が1000nmを上廻り10000nm以下の範囲内の粒度を有するような粒度分布を有することによって特徴付けられる、(A)少なくとも1つの放射線硬化性結合剤、(B)ナノ粒子および(C)場合により少なくとも1つの反応性希釈剤および/または場合により溶剤を含む透明塗料をポリカーボネート支持体上に塗布することにより、殊に透明なポリカーボネート支持体を被覆する方法に関する。更に、本発明の対象は、前記方法で使用される塗料ならびに前記方法によって得られる、被覆されたポリカーボネート支持体である。 (もっと読む)


【課題】分散安定性に優れ、紫外線および電子線等の活性エネルギー線の照射により導電性に優れた硬化被膜を提供するポリアニリン組成物の提供。
【解決手段】(a)活性エネルギー線硬化性化合物および(b)ドーピング剤の存在下で、(c)アニリンまたはアニリン誘導体を酸化重合した後、(d)1種類以上の溶媒を添加し、ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体を含む活性エネルギー線硬化性化合物からなる相を沈殿させ、水と(d)1種類以上の溶媒、からなる相を除去することにより製造されるポリアニリン組成物。 (もっと読む)


【課題】分散安定性に優れ、紫外線および電子線等の活性エネルギー線の照射により導電性に優れた硬化被膜を提供するポリアニリン組成物の提供。
【解決手段】(a)活性エネルギー線硬化性化合物および(d)ドーピング剤の存在下で、(c)アニリンまたはアニリン誘導体を酸化重合した後、(d)1種類以上の溶媒を添加し、ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体を含む活性エネルギー線硬化性化合物を溶媒に抽出し、水相を除去することにより製造されるポリアニリン組成物。 (もっと読む)


【課題】高い透明性を有し、強度に優れた導電性薄膜を与える、導電性コーティング組成物を提供すること。
【解決手段】ドーピングされたポリアニリン、ドーピングされたポリチオフェンなどの固有導電性高分子の有機溶媒分散液と、例えば、アルキルシリケートの加水分解物などの有機ケイ素化合物からなるバインダーと、を含むことを特徴とする導電性コーティング組成物。 (もっと読む)


【課題】無機充填材を含む塗布液を基材に積層しても、樹脂のはじきや、塗りむらの発生することのない樹脂付き基材の製造方法を提供すること。
【解決手段】以下の工程を含む、樹脂付き基材の製造方法:(a)少なくとも無機充填材、樹脂、および添加剤を含む混合物を攪拌する工程、(b)以下の(i)〜(iii)より選択される少なくとも1の手段を用いて前記混合物中の無機充填材を分散させ、塗布液を得る工程、(i)高速せん断分散、(ii)超音波分散、(iii)メディア衝突分散、(c)前記工程(b)で得られた前記塗布液を、希釈率1倍以上、20倍以下に調製し、フィルターを透過させ、フィルター残から所定の値以上の粒子径を有する粒子を検知する工程、(d)前記所定の値以上の粒子径を有する粒子が検知されない場合には、得られた前記塗布液を基材に塗布して、樹脂付き基材を得る工程。 (もっと読む)


【課題】初期の接着性、耐湿熱接着性、UV照射後の接着性に優れ、透明性、フィルム外観にも優れる積層フィルムを提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂フィルムの少なくとも片面に、アクリル・ウレタン共重合樹脂(A)、ポリエステル樹脂(B)、架橋剤(C)を含有する積層膜を設け、該架橋剤(C)がイソシアネート系架橋剤および/またはカルボジイミド系架橋剤であり、該積層膜中のアクリル・ウレタン共重合樹脂(A)の含有量とポリエステル樹脂(B)の含有量の合計を100重量部としたとき、該積層膜中の架橋剤(C)の含有量が5〜70重量部であり、該積層膜が2種類の不活性粒子a、bを含有し、該不活性粒子aの粒子径φa(nm)、該不活性粒子bの粒子径φb(nm)、積層膜の厚さd(nm)が下記式を満たし、該積層膜表面の突起個数が1個/μm以上20個/μm2以下である。1≦φa/d≦3、2≦φb/d≦10、φa<φb。 (もっと読む)


【解決手段】本発明は、置換されていてよいチオフェンに由来する少なくとも1種の導電性重合体を、必要であれば少なくとも1種の更なる導電性重合体、特にポリアニリンと共に、含有する高い導電率を示す塗膜の製造方法であって、まず、上記の少なくとも1種の導電性重合体を含有する水性または有機分散液または溶液を基体に塗布し;次に、形成されつつある又は形成された層を乾燥させ;上記の乾燥中または乾燥後に少なくとも1種の極性溶媒を上記の形成された又は形成されつつある層と接触させる、方法に関する。本発明は、本発明に係る塗膜が透明基体の表面に塗布された物品の製造にも関する。さらに、本発明は、置換されていてよいチオフェンに由来する少なくとも1種の導電性重合体を含有する塗膜の導電率を高めるために極性溶媒を使用することに関する。 (もっと読む)


【課題】金属リン酸塩を防錆添加剤として用い、優れた防錆性能を有する金属リン酸塩をドープしたポリアニリンの製造方法及びその製造方法により得られた金属リン酸塩をドープしたポリアニリン、金属リン酸塩をドープしたポリアニリン含有溶液並びに金属リン酸塩をドープしたポリアニリンを含み防錆性能に優れる塗料の提供。
【解決手段】界面活性剤、水、水溶性プロトン酸、金属リン酸塩並びにアニリン及びその誘導体の少なくとも一種を、水と非混和の有機溶媒に添加してアニリン混合液を調製する工程と、前記アニリン混合液に重合開始剤を添加して前記アニリン及びその誘導体の少なくとも一種を重合する工程と、を有する金属リン酸塩をドープしたポリアニリンの製造方法及びその方法により得られた金属リン酸塩をドープしたポリアニリン、金属リン酸塩をドープしたポリアニリン含有溶液並びに金属リン酸塩をドープしたポリアニリンを含む塗料。 (もっと読む)


【課題】本発明は、様々な支持体のためのコーティングであって、そのコーティングは特定のポリエーテルアミンポリオールに基づいており、そのポリエーテルアミンポリオールは技術的に単純且つ安価な工程の方法により製造することができ、そのポリエーテルアミンポリオールは高官能性且つ多分岐のポリマーの形状であり、そのポリエーテルアミンポリオールの構造は問題のコーティングの要求にすぐに適応可能であるコーティングを提供することを目的とする。
【解決手段】上記目的は、コーティング材料として特定の高官能性及び多分岐ポリエーテルアミンポリオールを使用することにより達成される。また、本発明は、支持体をコーティングするための高官能性の多分岐ポリエーテルアミンポリオールを提供する。 (もっと読む)


【課題】被覆体を表面コーティングする方法であり、その被覆体の密着性及び耐熱性・耐水性・耐磨耗性を高めるために、カルボジイミド基を含有するポリカルボジイミド系樹脂を用いて無水マレイン酸変性非晶性ポリプロピレン樹脂をカルボジイミド変性したコーティング剤であり、それを紫外線や加熱装置を用いて表面硬化させること、また溶剤系接着剤として用いて張り合わせたフィルム・シート積層体、さらにはその硬化膜で被覆された合成樹脂成型品または金属成型品などの表面加工成型品を提供することを目的とするものである。
【解決手段】特定の非晶性ポリプロピレン系樹脂を無水マレイン酸で変性処理して得られた樹脂成分を反応溶媒に溶解させ、カルボジイミド基を含有するポリカルボジイミド系樹脂を所定の配合比で20〜100℃の範囲で反応させたカルボジイミド変性組成物を難接着性被覆体にコーティングするコーティング剤として用いること、及びそれを紫外線や加熱装置を用いて表面硬化させることで、上記課題が解決される。 (もっと読む)


11 - 20 / 59