説明

国際特許分類[C10M117/04]の内容

国際特許分類[C10M117/04]に分類される特許

51 - 60 / 81


【課題】転がり軸受の電食の発生を防止する。
【解決手段】基油としてポリグリコール油及びエステル油のいずれか又は組合せたものをグリース全体の40質量%以上含有し、増ちょう剤は金属石けんであり、体積抵抗率が5×1010Ωcm以下のグリースを転がり軸受1に封入する。これにより電食が抑制される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】導電性グリースの改良により、高速用途でも、導電性能を発揮すること。
【解決手段】各試験結果を油膜パラメータΛで整理することで、試験軸受以外の軸受の各条件に適応することが可能となる。本発明に係る導電性グリースを用いることで、特にΛが大きな(実施例では、Λ=22,6まで)領域で、従来の導電性グリース以上に導電性能を向上させることが可能となることが当該グラフより判断できる。Λは、回転数が大きいほど、荷重が小さいほど、温度が低い(潤滑油粘度が高い)ほど、大きくなるものであり、即ち、本発明の用途となる高速回転の分野で効果があるといえる。 (もっと読む)


【課題】 水分が混入した場合でも、白色組織剥離及び腐食の発生を抑制し、良好な潤滑を長時間維持することが可能な耐水性グリース組成物、並びに前記耐水性グリース組成物を封入してなり、耐水性に優れる鉄鋼圧延機用転がり軸受を提供する。
【解決手段】 鉱油及び合成油から選ばれる少なくとも1種の潤滑油からなり、40℃における動粘度が70〜250mm/sである基油と、増ちょう剤としてカルシウムスルホネートコンプレックスとを含み、防錆剤としてカルボン酸系防錆添加剤、カルボン酸塩系防錆添加剤及びエステル系防錆添加剤から選ばれる少なくとも1種をグリース全量の0.1〜20質量%の割合で添加してなる耐水性グリース組成物、並びに前記耐水性グリース組成物を封入してなる鉄鋼圧延機用転がり軸受。 (もっと読む)


【課題】 潤滑剤組成物、潤滑剤組成物の用途、および潤滑剤組成物を使用する装置を潤滑する方法。
【解決手段】 当潤滑剤組成物には、ガス源から得られた第一の基油と、任意的に石油源から得られた第二の基油から成る基油成分が含まれる。潤滑剤組成物の基油成分としては、約5から約100重量パーセントの、ガス源から得られた基油が挙げられる。アジピン酸エステル、ポリオールエステル、アルキル化ナフタレン、アルキル化スルホン、ナフテン系基油、芳香族系基油、アルキル化ベンゼン、およびそれらの物質二つまたはそれ以上の組み合わせから成るグループの中から選択された添加剤および可溶化剤もまた、当潤滑剤組成物中に含まれる。 (もっと読む)


【課題】 180℃を超える苛酷な高温環境下でも使用に耐え得る耐熱性を備えるとともに、潤滑性能や耐荷重性性にも優れ、特に上記した自動車の電装部品やエンジン補機等に好適なグリース組成物並びに転がり軸受を提供する。
【解決手段】 ポリフェニルエーテルとヒンダードエステルとの混合油を基油とし、リチウム石けん、リチウムコンプレックス石けんまたはジウレア化合物を増ちょう剤とし、かつ、基油全量に対して亜リン酸エステル類を0.1〜10質量%及びヒンダードアミン類を0.5〜10質量%の割合で含有するグリース組成物、並びに前記グリース組成物を封入してなる転がり軸受。 (もっと読む)


【課題】水素脆性による転走面での剥離を効果的に防止できるロボット用転がり軸受を提供する。
【解決手段】産業用ロボットの回転部位を回転自在に支持するロボット用転がり軸受1であって、上記転がり軸受1は、内輪2および外輪3と、この内輪2および外輪3間に介在する複数の転動体4とを備え、この転動体4の周囲にグリース組成物7を封止するためのシール部材6を上記内輪2および外輪3の軸方向両端開口部8a,8bに設けてなり、上記グリース組成物7は、基油に、増ちょう剤とからなるベースグリースに添加剤を配合してなり、上記添加剤は、無機マグネシウムおよび有機マグネシウムから選ばれた少なくとも一つのマグネシウム系添加剤を含有し、該マグネシウム系添加剤の配合割合はベースグリース 100 重量部に対して 0.05〜10 重量部である。 (もっと読む)


【課題】
断続的に加速度や減速度が加えられる産業用ロボットの回転部に用いた場合でも、水素脆性による転がり軸受転走面での剥離を効果的に防止できるロボット用転がり軸受を提供する。
【解決手段】
産業用ロボットの回転部位を回転自在に支持するロボット用転がり軸受であって、上記転がり軸受は、内輪および外輪と、この内輪および外輪間に介在する複数の転動体とを備え、この転動体の周囲にグリース組成物を封止するためのシール部材を上記内輪および外輪の軸方向両端開口部に設けてなり、上記グリース組成物は、基油に、増ちょう剤と添加剤とを配合してなるグリース組成物であって、上記添加剤は無機ビスマス、および、硫黄成分を含まない有機ビスマスから選ばれた少なくとも一つのビスマス系添加剤を含有し、該ビスマス系添加剤の配合割合はベースグリース 100 重量部に対して 0.05〜10 重量部である。 (もっと読む)


【課題】耐熱性、耐酸化性に優れたグリース組成物、及びこれを封入した機械部材を提供すること。
【解決手段】基油として、下記一般式(1)で表される炭素数8〜20の直鎖ポリアルキル化ジフェニルエーテル(1位付加体)単体又は下記一般式(1)で表される直鎖ポリアルキル化ジフェニルエーテル(1位付加体)と下記一般式(2)で表される炭素数8〜20の分岐ポリアルキル化ジフェニルエーテル(2位付加体)の混合体を含有することを特徴とするグリース組成物及びこれを封入した機械部材。
R−(Cx2x+1m (1)
R−[CH(CH3)−(Cy2y+1)]n (2)
(式中、Rはジフェニルエーテル残基、xは8〜20の整数、yは6〜18の整数、m及びnは独立して2〜10の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】優れた導電性を示すとともに離油しにくく、また、転がり軸受等の転動装置に使用した場合に漏洩しにくい導電性グリース組成物を提供する。また、優れた導電性を示し、且つ、グリース組成物の漏洩が生じにくい転動装置を提供する。
【解決手段】深溝玉軸受の空隙部内に、導電性グリース組成物Gを封入した。この導電性グリース組成物Gは、鉱油及び合成油の少なくとも一方を主成分とする基油と、増ちょう剤と、平均一次粒径が10nm以上100nm以下で且つ導電性を有する酸化亜鉛と、を含有している。そして、酸化亜鉛の含有量は、導電性グリース組成物G全体の0.1質量%以上10質量%以下である。 (もっと読む)


51 - 60 / 81