国際特許分類[C12N5/00]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学 (115,607) | 微生物または酵素;その組成物 (68,222) | ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地 (10,252)

国際特許分類[C12N5/00]の下位に属する分類

国際特許分類[C12N5/00]に分類される特許

131 - 140 / 147


【課題】ヒトを含む哺乳類における腫瘍性細胞の成長及び増殖の診断と治療についての組成物及び方法の提供。
【解決手段】腫瘍細胞のゲノムにおいて増幅する遺伝子の同定に基づいている。このような遺伝子増幅は、同じ組織型の正常細胞に比べて遺伝子産物の過剰発現に関連しており、腫瘍形成の一因であると予想される。従って、増幅遺伝子によってコードされているタンパク質は、ある癌の診断及び/治療(予防を含む)にとって有用な標的であると考えられ、腫瘍治療の予後の予測指標となりうる。解決手段としては新規ポリペプチド及びこれらのポリペプチドをコードする核酸分子、これらの核酸分子、異種ポリペプチド配列へ融合しているポリペプチドを含んでなるキメラポリペプチド、ポリペプチドと結合する抗体を含んでなるベクター及び宿主細胞、そしてポリペプチドを生産する方法である。 (もっと読む)


【課題】 生細胞内にタンパク質及び/又はペプチドを効率的に導入するとともに、導入されたタンパク質及び/又はペプチドの動態・機能を効果的に解析することができ、例えば、免疫組織化学的な可視化を生細胞内の生理的な条件下で実現する技術「Live Cell Imaging」に好適に利用・応用することが可能な細胞内導入方法を提供する。
【解決手段】 タンパク質及び/又はペプチドを細胞内に導入する方法であって、該細胞内導入方法は、タンパク質及び/又はペプチドと細胞表面に吸着する化合物とがポリスルフィド結合を介して結合した結合体を細胞内に導入し、還元剤により処理する過程を含んでなるタンパク質及び/又はペプチドの細胞内導入方法である。 (もっと読む)


本発明は、細胞分離のための組成物および方法を提供する。これらの試薬および技術は、表面認識を介して細胞を特異的に凝集させ、そして希少な細胞タイプでさえも高収率で回収することに用いることができる。本発明は、細胞を分離するための組成物および方法を提供する。これらの開示された組成物および方法は、例えば、組織培養、免疫表現型の特性評価、他の診断テスト、さらなる精製、および療法的投与にのために細胞を効率的に調製し得る。本発明の方法は、細胞分離組成物と、血液細胞含有サンプルを接触させる工程を包含する。特定の機構によって拘束されることなく、本発明の組成物は、細胞表面抗原との相互作用を介して、および/または、細胞−細胞接着を刺激することによって、細胞を選択的に凝集させ得る。凝集した細胞は、溶液中に残存している凝集されていない細胞から分画される。 (もっと読む)


以下の:A)X‐Dn‐Y‐タンパク質‐Z;およびB)Z‐タンパク質‐Y‐Dn‐X(式中、Xは、存在しないか、あるいは少なくとも1個のアミノ酸を有するアミノ酸配列であり;Yは、存在しないか、あるいは少なくとも1個のアミノ酸を有するアミノ酸配列であり;Zは、存在しないか、あるいは少なくとも1個のアミノ酸を有するアミノ酸配列であり;そしてDnは、n=10〜16であるポリアスパラギン酸塩である)からなる群から選択される構造を有する骨送達複合体。それを含む組成物、ならびにその使用。
(もっと読む)


本発明は、スクリーニングの新しい模範を使用している産生性の患者癌疾患修飾抗体のための方法に関するものである。抗体が癌の病期分類と診断の補助として使われることができて、原発腫瘍と腫瘍転移を処置するのに用いられることができる。 抗癌抗体は、毒素、酵素、放射性合成物と血液原細胞に抱合型でありえる。更なる発明は、ラミニン受容体1前駆体タンパク質37LRPと結合する5LAC23モノクローナル抗体(またはそこから引き出される抗原性の結合フラグメント)の能力の周りを回転するそのような診断と処置に関するものであり、具体的には、通常、認識される特定の抗原性部位で肝細胞腺腫細胞で過剰発現した5LAC−23の直接的な結合に依存するさまざまな平均値による肝細胞腺腫の診断と処置に関する。 (もっと読む)


(a) ECAT遺伝子の発現調節領域により発現調節を受ける位置にマーカー遺伝子を存在させた遺伝子を含有する体細胞と被験物質とを接触させる工程、および(b) 前記(a)の工程の後、マーカー遺伝子発現細胞の出現の有無を調べ、該細胞を出現させた被験物質を体細胞の核初期化候補物質として選択する工程、を含む、体細胞の核初期化物質のスクリーニング方法等を提供する。 (もっと読む)


本発明は一種の金属錯体化合物溶液はとその応用に関わる。金属錯体化合物は水及び/またはR−COOH溶解し、糖類分子(糖−金属を含む)及び/または水酸基または水酸基とアミノ及び/またはカルボキシル及び/または糖類(オリゴ−金属を含む)の化合物、及び/または金属塩及び/またはアンモニアまたはアミド物質を均一に混合し作り上げる。金属錯体化合物溶液は酸化反応、凝縮反応、分留反応、酸化凝縮反応、気体検出、人工キトサン溶液、人工アミノ糖、殺菌剤、発酵用バイオ反応、生体蛋白とその代謝物純化、金属酵素生体触媒、乾式状態による蛋白酵素活性の増強、菌保存系統、油類、植物、半導体、ナノ濾過、ナノ製造材料、ナノ無機物、ナノセラミック、ナノプラスチック、ナノ紡績、電池、液晶、生体チップなどの技術分野幅広く応用できる。前記の反応において、化工、気体除去、廃溶剤液体処理などの効果を有する。
(もっと読む)


リソソームへ局在する標的化酸性αグルコシダーゼ治療剤が提供される。この標的化治療剤は、治療剤剤GAA、並びに細胞の外側表面上のレセプターに結合する標的部分を含み、これによってレセプターが内在化されるとこの標的化治療剤の適切な細胞内局在が可能となる。また、本発明の実践に関係する核酸、細胞、および手法が提供される。GAAの少なくとも一部およびペプチドタグを含む治療因子を含む標的化治療剤もまた提供される。このペプチドタグは、ヒトGAAのアミノ酸残基68、69、70、71、72、789、790、791、792および793からなる群より選択されるアミノ酸残基に直接または間接的に連結される。 (もっと読む)


本発明の課題は、さらなる高機能化した無細胞タンパク質合成用細胞抽出物を調製することであり、これまでの各種無細胞タンパク質合成用細胞抽出物中に存在する阻害・不安定性物質の特定と排除を達成することである。
無細胞タンパク質合成手段に使用する細胞抽出物の調製法であって、細胞抽出物に存在する糖のATPを介するリン酸化系が制御されていることを特徴とする細胞抽出物の調製方法。特に、制御が以下から選ばれる少なくとも一の手段が導入される;
1)単糖類の除去、
2)リン酸化糖の除去、
3)多糖類から単糖類の生成の制御、
4)単糖類からリン酸化糖の生成の制御。 (もっと読む)


本発明は、粒子(100)を選別する方法であって、前記粒子の屈折率を変えるためにその粒子を利用するものであり、支持体(108)の導波路(104)上に前記粒子(100)を配置する段階と、前記導波路を介して光照射を入射して前記導波路上の粒子を変位し、粒子を分離する段階と、を備えた粒子選別方法に関するものである。
(もっと読む)


131 - 140 / 147