国際特許分類[C12N5/00]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学 (115,607) | 微生物または酵素;その組成物 (68,222) | ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地 (10,252)

国際特許分類[C12N5/00]の下位に属する分類

国際特許分類[C12N5/00]に分類される特許

71 - 80 / 147


ヒト血管コロニー形成細胞および非生着血管細胞を生体外で生成および増幅するための方法、ならびにそのような細胞を増幅および使用する方法を開示する。方法は、多数の血管コロニー形成細胞、非生着血管細胞および誘導体細胞、例えば造血細胞および表皮細胞の産生を可能とする。開示される方法により得られる細胞は、様々な研究、臨床、および治療用途に使用することができる。ヒト非生着血管細胞は、血管芽細胞およびヒト血管コロニー形成細胞に関連するがそれらとは異なる、新規前駆細胞集団である。本発明はまた、血管コロニー形成細胞、非生着血管細胞またはそれらから分化した細胞を含む、組成物、調製物、および溶液を提供する。組成物、調製物、および溶液は、凍結保存調製物および実質的に精製された調製物、ならびに、骨髄に生着することができる関連した血管芽前駆体細胞型と組み合わせて製剤化された混合調製物を含む。
(もっと読む)


開示される事項は、対象における疾患または他の医学的状態の診断、予後、モニタリングおよび評価を、対象由来の生体試料から単離されたマイクロベシクル内のバイオマーカーを検出することによって支援する方法を対象とする。さらに、開示される事項は、生体試料中のマイクロベシクルの濃度を決定することによる疾患の診断、モニタリングの方法;核酸またはタンパク質を、該核酸またはタンパク質を含むマイクロベシクルを投与することによって標的細胞に送達する方法;マイクロベシクルを含まないかまたはマイクロベシクルに富む液体画分を患者に導入することによって体液輸注を行うための方法、も対象とする。 (もっと読む)


本発明は、特定量のポリアミンおよび鉄を有する改善された細胞培養添加物, それを含んでいる培地並びに改善された細胞成長, 細胞生存度または細胞生産性のためそれを用いる方法に関する。
(もっと読む)


【課題】
多種類の細胞に多種類の細胞内導入物質を簡便な方法で連続的に導入できる方法、並びにこの方法を用いて細胞内導入物質を取り込ませた細胞及びこの方法を用いた細胞への物質導入装置を提供する。
【解決手段】
細胞と細胞内導入物質を接触させた状態で、細胞内導入物質を含まない液体を動物細胞にエレクトロスプレーするか、細胞内導入物質を含まない液体を細胞にエレクトロスプレーした後に、細胞と細胞内導入物質を接触させる方法を用いることによって、上記課題が達成できる。 (もっと読む)


少なくとも1つの腎臓の疾患または少なくとも1つの腎臓に対する損傷を有する患者を治療するための方法を提供する。本方法は、ヒト臍帯組織細胞から得られた細胞を投与すること、または、このような細胞を含む、もしくは、このような細胞から準備された医薬用組成物を投与することを含む。投与された場合、細胞は、患者における疾患または損傷のある腎臓組織の修復および再建を促進し、助ける。本発明の方法での使用のための医薬用組成物も、本方法を実施するためのキットと同様に提供される。
(もっと読む)


本開示は、標的結合部分(TBM)と、マスキング部分(MM)と、切断可能部分(CM)とを含有する活性化可能な結合ポリペプチド(ABP)を提供するものである。本開示は、活性化可能な抗体組成物を提供するものであり、これは、抗原結合ドメイン(ABD)を含有するTBMと、MMと、CMとを含む。さらに、本開示は、第1のTBMと、第2のTBMと、CMとを含有するABPも提供するものである。ABPは、CMを切断できる切断剤の存在下で、少なくとも1つのTBMがCMの切断後よりも未切断のときに標的に到達しにくいような「活性化可能な」コンホメーションを呈する。本開示はさらに、候補ABPのライブラリ、このようなABPを同定するためのスクリーニング方法および使用方法も提供するものである。本開示はさらに、VEGF、CTLA−4またはVCAMと結合するTBMを有するABPであって、VEGFと結合する第1のTBMとFGFと結合する第2のTBMとを有するABPならびに、組成物および使用方法も提供するものである。
(もっと読む)


【課題】 HLA−A24拘束性抗原ペプチドの提供。
【解決手段】 CML66由来のペプチドであって、WYQDSVYYIまたはYYIDTLGRIのアミノ酸配列からなるHLA−A24拘束性抗原ペプチドである。前記抗原ペプチドにより活性化されるCML66特異的CD8+T細胞は、細胞上のHLA−A24分子と結合した前記抗原ペプチドを認識し、細胞傷害性を示すため、CML66を発現する悪性腫瘍細胞を攻撃できる。前記ペプチドは、細胞免疫療法、ワクチン療法等の悪性腫瘍に対する医療分野に有用である。 (もっと読む)


【課題】インビトロ又はインビボ遺伝子移送のために有用である新規脂質−核酸粒子複合体の提供。
【解決手段】前記粒子は、有機溶媒を用いる界面活性剤透析法を用いて形成され得る。可溶化成分(すなわち、界面活性剤又は有機溶媒)の除去に基づいて、脂質−核酸複合体が粒子を形成し、ここで前記核酸は血清安定性であり、そして分解から保護されている。このようにして形成された粒子は、血管外部位及び標的細胞集団に近づき、そして核酸の治療的供給のために適切である。 (もっと読む)


本発明は免疫系の調節に関し、特に、CLEC9a分子が、MHCクラスI経路を介して細胞外抗原を交差提示することができる樹状細胞マーカーであるという発見に関する。このためこれらは、細胞傷害性Tリンパ球応答の発生に特に適する。材料および方法は、標的抗原に対する免疫応答の誘導、およびこれらの細胞が関与する望ましくない免疫応答の阻害または抑制の両方のために提供される。 (もっと読む)


本発明は、ヒト胚性幹(ES)細胞を、AQP-Iを発現する細胞、特に腎上皮細胞へ分化させる方法に関する。開示される方法は、細胞外基質分子の存在下で腎特異的培地中においてヒトES細胞を培養することを含む。本方法に従って調製された細胞は、腎不全、ネフローゼ、ブライト病および糸球体炎などの腎臓関連障害を治療するために使用することができる。

(もっと読む)


71 - 80 / 147