説明

国際特許分類[C21D9/54]の内容

国際特許分類[C21D9/54]の下位に属する分類

ストリップまたは線材の熱処理用連続炉 (420)
パテンチング炉 (4)
タワー型炉
ベル型炉 (25)
炉に付属する巻取機;熱間巻取機

国際特許分類[C21D9/54]に分類される特許

1 - 2 / 2


【課題】圧延材の材質情報としてフェライト粒径等の粒径情報を測定し、その測定結果を制御モデルに反映させることにより、制御モデルの予測精度を大幅に向上させることができる冷間連続圧延設備の制御装置を得る。
【解決手段】複数の圧延スタンドによって圧延材2を圧延する圧延装置1と、圧延装置1の前段に設けられ、圧延装置1によって圧延される前の圧延材2の粒径情報を測定するレーザ超音波粒径センサ3と、圧延装置1に関する圧延制御モデルを有し、圧延制御モデルの算出結果に基づいて圧延装置1を制御することにより、圧延材2の板厚制御を行う制御手段とを備える。そして、制御手段は、レーザ超音波粒径センサ3によって測定された粒径情報を一つの入力情報として、圧延制御モデルによる算出を行う。 (もっと読む)


焼鈍炉内に金属板束(1)を支持する装置であって、金属板束(1)の端面を支持しかつ中心に軸線方向貫通口(6)を持つ少なくとも1つの支持体(2)を有し、この支持体上に、場合によっては金属板束(1)を軸線方向に貫通しかつ別の金属板束(1)を支持する支持体(2)を持つ支持管(5)が、荷重を除くように載置可能である。有利な加熱条件を生じるため、支持体(2)が、貫通口(6)を持ちかつ周囲に分布して半径方向に突出する複数の支持腕(8)を有する環状体(7)を持っていることを提案する。
(もっと読む)


1 - 2 / 2