説明

国際特許分類[C22C19/07]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理 (53,456) | 合金 (38,126) | ニッケルまたはコバルトを基とする合金 (1,875) | コバルトを基とする合金 (463)

国際特許分類[C22C19/07]に分類される特許

411 - 420 / 463


【課題】製造と応用の観点から優れたスパッタリングターゲット特性を有する、多相のCo−Cr−B−Ptからなる貴金属磁気スパッタリングターゲットの製造方法を提供する。
【解決手段】本製造方法は、Co−Cr−Bからなる急冷凝固母合金を生成し、この母合金とPt粉末をボールミルにより機械的に合金化し、HIP処理を行って機械的に合金化されたスパッタリングターゲットを緻密にすることにより、スパッタリングターゲットを製造する。母合金には、Cr,B,Ta,Nb,C,Mo,W,Zr,Zn,Cu,Hf,O,Si又はNを含むことができる。 (もっと読む)


約0.12重量%〜約0.7重量%の炭素(C)、約20重量%〜約30重量%のクロム(Cr)、約10重量%〜約15重量%のモリブデン(Mo)、約1重量%〜約4重量%のニッケル(Ni)及び残部のコバルト(Co)を含んでなる延性を有するコバルト系合金である。合金をオーバーレイとして適用して、合金を固化させる間にクラックを生じさせることなく、金属基材に耐摩耗性及び耐腐食性を付与する。
(もっと読む)


【課題】 高容量で、サイクル特性に優れた電池、およびそれに用いられる負極活物質を提供する。
【解決手段】 負極22は、リチウムと反応可能な負極活物質を含んでいる。この負極活物質は、構成元素として、スズとコバルトと炭素とを含み、炭素の含有量が9.9質量%以上29.7質量%以下で、かつスズとコバルトとの合計に対するコバルトの割合が30質量%以上70質量%以下である。また、X線小角散乱法により測定されるコバルトとスズとの金属間化合物の結晶相の大きさが10nm以下のものである。これにより高い容量を保ちつつ、サイクル特性が改善される。 (もっと読む)


【課題】 強磁性を示し且つ互いに凝集し難く、支持体の材質を問わずに使用可能な磁性ナノ粒子を製造する。また、高い磁性記録密度を有する磁気記録媒体を提供する。
【解決手段】 液相合成された合金ナノ粒子分散液と還元性溶媒とを組み合わせて、H2ガスを含有するArガス又はH2ガスを含有するN2ガスのような還元性ガス雰囲気下、350〜500℃かつ1〜50MPaの条件で撹拌及び加熱する。このとき、前記還元性溶媒の量が、磁性ナノ粒子の質量に対して200〜600倍であることが好ましい。また、このようにして得られた磁性ナノ粒子を磁性層に含有させて磁気記録媒体を構成させる。 (もっと読む)


【課題】 負極活物質として合金材料を用いた場合に、電極の劣化による破断を防止し、充放電サイクル特性を向上させることができる二次電池を提供する。
【解決手段】 帯状の正極21と負極とがセパレータを介して巻回されている。正極集電体21Aは、1回以上の充電を行った後の巻回方向における破断までの伸び率が3%以上である。負極活物質の膨張収縮の繰り返しにより充放電サイクル中に正極21が劣化したり破断することが防止され、サイクル特性が向上する。具体的には、正極集電体21Aは、JISアルミニウム合金1085,1070,1050,1N30,1100,3003,3004,8021および8079からなる群のうちの少なくとも1種により構成され、且つ質別Oであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 高容量で、サイクル特性に優れた電池、およびそれに用いられる負極活物質を提供する。
【解決手段】 負極22は、リチウムと反応可能な負極活物質を含んでいる。この負極活物質は、構成元素として、スズとコバルトと鉄と炭素とを少なくとも含み、炭素の含有量が9.9質量%以上29.7質量%以下であり、鉄の含有量は0.3質量%以上5.9質量%以下であり、かつスズとコバルトとの合計に対するコバルトの割合が30質量%以上70質量%以下である。これにより高い容量を保ちつつ、サイクル特性が改善される。 (もっと読む)


【課題】 優れた流動性を有する顆粒を効率よく作製し、成形体の寸法精度の向上及び生産性の向上を図るとともに、特性を大きく低下させることなく希土類焼結磁石を製造する方法等を提供することを目的とする。
【解決手段】 希土類焼結磁石の一次合金粒子と、顆粒化助剤としての有機液体を、造粒装置10のチャンバ11内に投入する。造粒装置10では、チャンバ11内に設けられた主回転翼12を回転させることによって、有機液体を介して一次合金粒子を凝集させ、得られた凝集物をチャンバ11内に設けられた補助回転翼13でほぐすことによって、顆粒を作製する。そして、作製された顆粒を金型キャビティに投入した後、顆粒を磁場中成形することで成形体を得て、この成形体を焼結することによって、希土類焼結磁石を得る。 (もっと読む)


本発明は一般式(A1−y2+δで実質的に示される磁気冷却に使用される材料に関する。AはMnおよびCoから選択され、BはFeおよびCrから選択され、C,DおよびEの少なくとも2つは互いに異なり、消滅しない濃度を有し、P,B,Se,Ge,Ga,Si,SnおよびSbから選択され、かつC,DおよびEの少なくとも1つはGeまたはSiであり、w,x,yおよびzはそれぞれ0〜1の範囲の数であり、かつw+x+z=1であり、さらにδは(−0.1)〜(+0.1)の数である。
(もっと読む)


【課題】磁気メモリ用途に有用な磁気特性を有するスパッタリングターゲット用低酸素含有合金およびその合金で構成したスパッタリングターゲットの提供。
【解決手段】Ga,In,Ni及びZnから選択された1つの成分とMnを組み合わせたMn合金、およびFe又はCoをPt又はPdと組み合わせたFe合金またはCo合金において、L10又はL12タイプの結晶構造を持つ規則化合物を形成する特定の組成範囲を限定し、不純物による磁気特性低下を防止のため、酸素および硫黄不純物含有量を低く限定した。 (もっと読む)


ニッケル、鉄、コバルトまたはイットリウムでコーティングされたカーボンブラックのカーボンブラック組成物と、このような金属ドープされたカーボンブラックと熱可塑性物質またはゴムとの混合物と、金属コーティングされたカーボンブラックの用途とが開示される。材料は強磁性を有しており、磁場および/または電場および/または電磁場に影響を受ける材料の応用を可能にする。他の応用例はカーボンブラックのナノ構造、特にカーボンナノチューブを新しく製造するために触媒または核としてカーボンブラック反応炉で用いられる。
(もっと読む)


411 - 420 / 463