説明

国際特許分類[C22C19/07]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理 (53,456) | 合金 (38,126) | ニッケルまたはコバルトを基とする合金 (1,875) | コバルトを基とする合金 (463)

国際特許分類[C22C19/07]に分類される特許

431 - 440 / 463


ホウ化されたチタンの物品は、一ホウ化チタンウィスカーを有するチタン塊を含み得、この一ホウ化チタンウィスカーがそのチタン塊の表面から内部に溶浸して、一体化した表面硬化領域を形成する。このチタン塊は、高純度チタン、商業グレードチタン、α−チタン合金、α+β チタン合金、β−チタン合金、チタン複合材およびこれらの組み合わせなどの、ほとんど任意のチタンベースの金属または合金であり得る。ホウ化されたチタンの物品は、チタン塊を提供する工程、このチタン塊の表面をホウ素源媒体と接触させる工程、およびこのチタン塊およびこのホウ素源媒体を約700℃〜約1600℃の温度に加熱する工程を包含する方法により、生成され得る。このホウ素源媒体は、ホウ素源、および一ホウ化チタンウィスカーの促進された成長を提供するために選択される活性化剤を含み得る。
(もっと読む)


【課題】 磁気記録用材料に適した組成分布の少ないfct構造のFePt系ナノ粒子からなる磁性材料が安定して得られるfcc構造の合金粒子粉末(強磁性合金粒子粉末の前
駆体)を得る。
【解決手段】 FeまたはCoの少なくとも1種と、PtまたはPdの少なくとも1種とを主成分とした面心立方晶構造(fcc構造)を有する合金の粒子粉末であって、TEM
観察により測定される平均粒径(DTEM) が50nm以下であり、X線結晶粒径を(Dx)としたとき、単結晶化度=(DTEM) /(Dx)が1.50未満であることを特徴とす
る合金粒子粉末である。この合金粒子粉末はボリオール法で合成するさいに錯化剤の存在
下で合成することによって有利に製造することができる。 (もっと読む)


【課題】高信頼性の半導体素子を得るために高融点金属、高融点金属からなる合金、高融点金属の珪化物、Ti,Ta,W,Ti−W合金の窒化物からなる膜をコンタクトバリアー層またはゲート電極などに用い、半導体素子のリーク電流を抑える。
【解決手段】Ti原料からAlを除去してAl濃度が3ppm以下であるマグネトロンスパッタリング装置用Ti材を調製し、このTi材を用いてAl含有量が原子数で1×1018個/cm以下であり結晶質または非晶質であるコンタクトバリアー又はゲート電極層をスパッタリング法により形成することを特徴とするソース−ドレイン領域の接合深さが0.3μm以下である半導体素子の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】運用により材料劣化・損傷等が生じたガスタービン静翼を対象として、翼面に生じた非開口クラックを含むき裂を完全に削り除去する必要なく能率よく、かつ高品質のものとして再生処理できるようにする。
【解決手段】ガスタービン静翼のき裂2が発生している表面部位の酸化層をき裂が一部残存する形で削り、この削り部内に静翼の基材1と同等材からなる基材同等材3と、この基材同等材よりも低融点のロウ材4とを充填し、不活性ガスによる加圧下での熱処理により、ロウ材を溶融させてき裂部位への拡散ロウ付けを行う。 (もっと読む)


【課題】触媒金属に適した表面凹凸の大きな白金族合金の微粒子粒子粉末を得る。
【解決手段】式〔TX1-X〕、ただし式中、TはFe、CoまたはNiの1種または2種以上、MはPt、PdまたはRuの1種または2種以上、Xは0.1〜0.9の範囲の
数値を表す、の組成比でTとMを含有する合金の粉体であって、TEM観察により測定される平均粒径(DTEM) が50nm以下、X線結晶粒径(Dx)が10nm以下、TEM
観察により粒子の表面に複数の角が観測され且つ角と角の間に窪みが観測される、凹凸表面をもつ微細な合金粒子粉末である。この合金粒子粉末は、結晶構造が面心立方晶(fc
c構造)であり、単結晶化度(DTEM) /(Dx)が1.50以上である。また動的光散
乱法による平均粒径が50nm以下である。 (もっと読む)


【解決手段】 R−T−M−B(RはYを含む希土類元素の少なくとも一種、TはFe又はFe及びCo、MはTi、Nb、Al、V、Mn、Sn、Ca、Mg、Pb、Sb、Zn、Si、Zr、Cr、Ni、Cu、Ga、Mo、W、Taから選ばれる少なくとも一種の元素であって、各元素の含有量がそれぞれ5質量%≦R≦40質量%、50質量%≦T≦90質量%、0質量%≦M≦8質量%、0.2質量%≦B≦8質量%)で表記される希土類永久磁石の表面に、Al、Mg、Ca、Zn、Si、Mn及びこれらの合金の中から選ばれる少なくとも一種のフレーク状微粉末とシラン及び/又はシランの部分加水分解物とを含む処理液による処理膜を加熱することによって得られる加熱複合皮膜を形成してなることを特徴とする耐食性希土類磁石。
【効果】 本発明によれば、耐熱性を有する耐食性希土類磁石を安価に提供することができ、産業上その利用価値は極めて高い。 (もっと読む)


【課題】 粒子間で組成分布の少ないfct構造のFePt系ナノ粒子からなる磁気記録
用に適した磁性材料を得る。
【解決手段】 TをFeとCoの1種または2種、MをPtとPdの1種または2種としたとき、式〔TX1-X〕におけるXが0.3以上で0.7以下の範囲となる組成比でT
とMを含有し、TとM以外の金属元素が(T+M)に対する原子百分比で30 at.%以下(0 at.%を含む)、残部が製造上の不可避的不純物からなる磁性合金の粒子の集合体で
あって、面心正方晶の割合が10〜100%、TEM観察により測定される平均粒径(DTEM) が5〜30nmの範囲にあり、X線回折から導かれるX線結晶粒径(Dx)が4n
m以上であり、各粒子が互いに間隔をあけて分散した状態で流動性を有し、且つ各粒子の組成のバラツキが所定の範囲内に納まっている点に特徴を有する磁気記録に適した磁性合
金粒子の集合体である。 (もっと読む)


【課題】 加工性を向上させた磁気記録媒体のシード層を形成するためのCo合金ターゲット材を安定的に提供する。
【解決手段】 (Nb、Ta、Mo、W、Ti)から選択される1種以上の元素を25〜90原子%含有し、残部実質的にCoとからなるCo合金ターゲット材において、ターゲット材の組織中にαCo相あるいはεCo相が残存している磁気記録媒体用Co合金ターゲット材である。また、ターゲット材のスパッタ面の断面ミクロ組織におけるαCo相あるいはεCo相の最大長径が500μm以下である磁気記録媒体用Co合金ターゲット材である。 (もっと読む)


【課題】 R・T・N系永久磁石用合金粉末の耐水性又は耐酸化性を改良し、水分或いは酸素による汚染を極力抑える事ができる耐水性、耐酸化性を有するR・T・N系の合金粉末を提供する。
【解決手段】 一般式がR100−x−y−zで表される合金粉末(但し、Rはイットリウムを含む希土類元素の群より選ばれる少なくとも一種の元素であり、Tは、Fe、Co及びNiの群から選ばれた少なくとも一種の元素であり、Nは窒素であり、Sはイオウであり、式中のx、y、及びzはそれぞれ次の範囲を満たす。3≦x≦30原子%、5≦y≦15原子%、0.001≦z≦15原子%)を用いる。このようにSを特定量含有することで、耐水性、耐酸化性に効果がある。その結果、経済的に有利な還元拡散法の工業的利用を可能にするばかりか、Sm−Fe−N系合金粉末を用いた永久磁石の耐環境性を高める事が出来る。 (もっと読む)


【課題】 ポリオール合成法で合成されるFePtナノ粒子が、合成された状態のままで
高い保磁力と飽和磁化値をもつfct構造(面心正方晶)となるように改善する。
【解決手段】 FeまたはCoの少なくとも1種と、PtまたはPdの少なくとも1種とを主成分とし且つ面心正方晶の割合が10〜100%の範囲にある磁性合金からなる平均
粒径が50nm以下の磁性粉であって、X線結晶粒径(Dx):4.0nm以上、室温での保磁力Hc:100Oe 以上、室温での飽和磁化量σs:20emu/g 以上であり、且つ
流動性を有する磁性粉である。 (もっと読む)


431 - 440 / 463