説明

国際特許分類[C22C21/10]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理 (53,456) | 合金 (38,126) | アルミニウム基合金 (2,753) | 次に多い成分として亜鉛を含むもの (173)

国際特許分類[C22C21/10]に分類される特許

91 - 100 / 173


【課題】本発明は、高強度及び高硬度で、鍛造性に優れたアルミニウム系材料及びその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、アルミニウム合金の結晶粒を含むアルミニウム系材料であって、(1)前記アルミニウム系材料がスカンジウム化合物微粒子を含有し、
(2)粒径が5μm以下である結晶粒がアルミニウム系材料1000μm当たり、100個以上存在する、ことを特徴とするアルミニウム系材料及びその製造方法である。 (もっと読む)


【課題】軽量であり、且つセル組織が均質で衝撃エネルギー吸収部材として用いるのに最適なアルミニウム合金発泡体を製造するためのアルミニウム合金発泡体の鋳造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】アルミニウム合金の溶湯aに増粘剤と発泡剤を加えて攪拌して鋳造するアルミニウム合金発泡体bの、鋳造時の溶湯aの鋳造温度を、アルミニウム合金の固相線温度の+20℃〜+40℃とすると共に、鋳造時の鋳型2の温度を、アルミニウム合金の液相線温度以上であり且つ鋳造温度以上とすることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高強度な割に高延性であるとともに、疲労強度も高く、構造用部品や部材としての信頼性に優れたAl合金およびその製造方法を提供する。
【解決手段】急冷凝固法により得られたAl−Zn−Mg−Cu系の7000系Al合金組織中に存在して、合金元素の偏析により粗大化しやすい晶析出物を、不活性ガスによるスプレイフォーミング時の噴霧された溶湯の堆積速度やG/M比などの制御によって、微細化を図り、高強度、高延性であるとともに、疲労強度も高いAl合金とする。 (もっと読む)


【課題】強度が高く、しかも高い伸びを呈し、優れた耐SCC性を備えたAl‐Zn‐Mg‐Cu系合金材を提供する。
【解決手段】横軸にZn含有量(質量%)を、縦軸にMg含有量(質量%)を示す図1において、点A(6.0,1.5)、B(12.0,1.5)、C(12.0,1.75)、D(9.0,2.5)、E(6.0,2.5)で囲まれる量のMgとZn、1.0〜2.5質量%のCu及び0.08〜0.20質量%のZrを含むアルミニウム合金の熱間加工又は冷間加工材を溶体化処理し、その後に、150〜350℃の範囲の所定温度に焼入れし、該所定温度に1秒〜30分の時間保持した後水冷し、その後に、自然時効又は人工時効して、相隣る結晶粒の方位差が10°以上の結晶粒界における析出物の大きさが長径で50〜250nmで、さらに結晶粒内にGPゾーン及び/又はη’‐MgZn2中間相等を有するミクロ組織を有するものとして、高強度と優れた耐SCC性を発現させる。 (もっと読む)


【解決手段】厚さ約4インチ以下のアルミニウム合金製品であって、溶体化熱処理され、焼入れされ、人工時効された前記合金製品から作られた部品は、強度、破壊靱性及び耐食性について改良された複合特性を有しており、前記合金は、Zn:約6.8〜約8.5重量%、Mg:約1.5〜約2.00重量%、Cu:約1.75〜約2.3重量%、Zr:約0.05〜約0.3重量%、Mn:約0.1重量%未満、Cr:約0.05重量%未満、残部Al、随伴元素及び不純物である。また、前記アルミニウム合金製品を製造する方法である。本開示合金は、商業用航空機の構造部材の製造に有用であり、前記構造部材として、限定するものではないが、組立式又は一体型構造の上ウイングスキン、上ウィングストリンガー、スパーキャップ、スパーウェブ、リブ、リブフィート又はリブウェブが挙げられる。 (もっと読む)


【課題】バンパー補強材等に適する圧壊特性に優れるアルミニウム合金押出材を得る。
【解決手段】Mg:0.5〜1.8%(質量%、以下同じ)、Zn:4.0〜8.0%、Ti:0.005〜0.3%、Cu:0.05〜0.6%を含有し、さらに、Mn:0.1〜0.7%、Cr:0.03〜0.3%、Zr:0.05〜0.25%のうち1種又は2種以上を含有し、残部Al及び不可避不純物からなり、繊維状組織を有し、かつJIS5号引張試験片にて引張試験を実施したときの破断面の肉厚減少率が20%以上であるアルミニウム合金押出材。 (もっと読む)


【課題】生産性に優れ、表面状態および平坦度の制御が容易であり、板厚精度を向上させたアルミニウム合金厚板の製造方法およびアルミニウム合金厚板を提供する。
【解決手段】Mgを所定量含有し、さらに、Si、Fe、Cu、Mn、Cr、Zn、Ti、Zrのうち少なくとも1種以上を所定量含有し、かつ、残部がAlおよび不可避的不純物からなるアルミニウム合金を溶解する溶解工程(S1)と、溶解されたアルミニウム合金から水素ガスを除去する脱水素ガス工程(S2)と、水素ガスを除去したアルミニウム合金から介在物を除去するろ過工程(S3)と、介在物を除去したアルミニウム合金を鋳造して鋳塊を製造する鋳造工程(S4)と、鋳塊を所定厚さにスライスするスライス工程(S5)と、スライスされたアルミニウム合金厚板を熱処理する熱処理工程(S6)と、をこの順に行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】生産性に優れ、表面状態および平坦度の制御が容易であり、板厚精度を向上させたアルミニウム合金厚板の製造方法およびアルミニウム合金厚板を提供する。
【解決手段】Mgを所定量含有し、さらに、Si、Fe、Cu、Mn、Cr、Zn、Ti、Zrのうち少なくとも1種以上を所定量含有し、かつ、残部がAlおよび不可避的不純物からなるアルミニウム合金を溶解する溶解工程(S1)と、溶解されたアルミニウム合金から水素ガスを除去する脱水素ガス工程(S2)と、水素ガスを除去したアルミニウム合金から介在物を除去するろ過工程(S3)と、介在物を除去したアルミニウム合金を鋳造して鋳塊を製造する鋳造工程(S4)と、鋳塊を熱処理する熱処理工程(S5)と、熱処理された鋳塊を所定厚さにスライスするスライス工程(S6)と、をこの順に行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】生産性に優れ、表面状態および平坦度の制御が容易であり、板厚精度を向上させたアルミニウム合金厚板の製造方法およびアルミニウム合金厚板を提供する。
【解決手段】Mgを所定量含有し、さらに、Si、Fe、Cu、Mn、Cr、Zn、Ti、Zrのうち少なくとも1種以上を所定量含有し、かつ、残部がAlおよび不可避的不純物からなるアルミニウム合金を溶解する溶解工程(S1)と、溶解されたアルミニウム合金から水素ガスを除去する脱水素ガス工程(S2)と、水素ガスを除去したアルミニウム合金から介在物を除去するろ過工程(S3)と、介在物を除去したアルミニウム合金を鋳造して鋳塊を製造する鋳造工程(S4)と、鋳塊を所定厚さにスライスするスライス工程(S5)と、スライスされたアルミニウム合金厚板を熱処理する熱処理工程(S6)と、をこの順に行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高温下で長時間保持された後でも、制振特性や強度に悪影響が少なく、安定した特性を示すAl−Zn−Mg系制振合金を提供する。
【解決手段】本発明の制振合金は、全体を100質量%としたときに、8質量%以上42質量%以下の亜鉛(Zn)と、0.3質量%以上3質量%以下のマグネシウム(Mg)と、を含み、残部がアルミニウム(Al)と不可避不純物とからなることを特徴とする。
上記の合金組成をもつ制振合金は、制振特性に優れるとともに強度が高く、高温で長時間保持された後も、初期の制振特性と強度が低下しにくい。Alを主成分とし、ZnとともにMgを適切な含有量で含むことで、微細な金属組織が得られ、長時間高温にさらされても制振特性や強度の発現に十分な界面の面積が確保されるためである。 (もっと読む)


91 - 100 / 173