説明

国際特許分類[C22C21/10]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理 (53,456) | 合金 (38,126) | アルミニウム基合金 (2,753) | 次に多い成分として亜鉛を含むもの (173)

国際特許分類[C22C21/10]に分類される特許

151 - 160 / 173



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】
ステンレス鋼材の用途と同じ用途に適用できるヘアライン外観を有する高耐食性亜鉛系合金めっき鋼材を提供すること。
【解決手段】
めっき付着量が10〜600g/mで、Al:1〜60質量%、Mg:0.1〜10質量%含有し、残部がZn及び不可避不純物からなるめっき層の表層に形成されたヘアラインを有し、該ヘアラインは、ヘアラインと直角方向の表面粗さRaが0.2〜2.5μm、ピーク数PPIが50〜400で、ヘアライン方向の表面粗さRaが0.1〜1.2μm、ピーク数PPIが1〜100で、かつ、ヘアラインと直角方向の表面粗さRaはヘアライン方向の表面粗さRaの1.2倍以上、ヘアラインと直角方向のPPIはヘアライン方向のPPIの2.0倍以上であることを特徴とするヘアライン外観を有する高耐食性Zn系合金めっき鋼材。 (もっと読む)


本発明は、良好な耐食性を維持することにより、高靱性と高強度の組合せが改良されたAl−Zn合金鍛造製品およびそのような製品の製造方法に関し、該合金は、(質量%で)、Zn6.0〜11.0、Cu1.4〜2.2、Mg1.4〜2.4、Zr0.05〜0.15、Ti<0.05、Hfおよび/またはV<0.25、および所望によりScおよび/またはCe0.05〜0.25、およびMn0.05〜0.12、他の元素各0.05未満、合計で0.50未満を包含し、残りがアルミニウムであり、そのような合金は、完成した製品のT/10位置で実質的に完全に再結晶化されていない微小構造を有する。 (もっと読む)


【課題】 自動車用パネルなどに用いられ、ボディしわ発生を抑制するアルミニウム合金を提供する。
【解決手段】 質量%で、Mg:0.1〜1.0、Si:0.2〜2.0を含み、Mn:0.03〜0.4、Cr:0.03〜0.4、Ti:0.005〜0.2、Fe:0.03〜0.5、Zn:0.03〜2.5以下、Cu:0.1〜1.0のうち1種もしくは2種以上を含み、残部がAlおよび不可避的不純物からなり、そのYSが140MPa以下であり、r値の平均が0.69以上であり、r値の異方性を示すΔrが0.20以下であることを特徴とする、耐ボディしわ性に優れたアルミニウム合金。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

151 - 160 / 173