説明

国際特許分類[C22C21/10]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理 (53,456) | 合金 (38,126) | アルミニウム基合金 (2,753) | 次に多い成分として亜鉛を含むもの (173)

国際特許分類[C22C21/10]に分類される特許

61 - 70 / 173


【課題】ポートホール押出により、ハイドロフォームによる拡管成形性に優れ、かつ耐応力腐食割れ性にも優れた高強度7000系アルミニウム合金押出管を製造する。
【解決手段】Zn:6.0〜9.0%、Mg:0.8〜2.0%、Cu:0.6〜2.0%、Mn:0.1〜0.5%、Cr:0.1〜0.3%、Zr:0.1〜0.3%を含有し、残部Al及び不可避不純物からなり、不可避不純物のうちSiが0.05%以下に制限され、表面再結晶層の厚さが70μm以下の7000系アルミニウム合金押出管。望ましくは、CuとMgの合計含有量が3.5%以下とされる。 (もっと読む)


【課題】鋳塊内の結晶粒を微細化し、かつ結晶粒径の標準偏差を小さくしたアルミニウム合金鋳塊を得る。
【解決手段】Zn:4〜12質量%、Mg:1〜3質量%、Cu:0.5〜3質量%を含むとともに、必要に応じてCr:0.3質量%以下、Zr:0.3質量%以下を含み、残部がAlおよび不可避不純物からなり、不純物としてのTiの含有量が0.01質量%以下に制限された成分組成を有するアルミニウム合金溶湯をDC鋳造する際に、向心磁界のみの態様で電磁攪拌するとともに、前記DC鋳造の急冷鋳型内で電磁的に撹拌されている固液共存状態部の固相率が0.2〜0.6となるように鋳造することにより、鋳塊中心部の結晶粒径の平均値が50μm以下であり、かつ結晶粒径の標準偏差が12μm以下である金属組織を有するアルミニウム合金鋳塊を得る。 (もっと読む)


【課題】1300〜1450MPaのTSと10.0〜14%程度のElを有する延性に優れたホットプレス部材、そのホットプレス部材用鋼板、およびそのホットプレス部材の製造方法を提供する。
【解決手段】質量%で、C:0.18〜0.21%、Si:0.05〜2.0%、Mn:0.5〜3.0%、P:0.05%以下、S:0.05%以下、Al:0.005〜0.1%、N:0.01%以下を含有し、残部がFeおよび不可避的不純物からなる組成を有し、組織全体に占めるマルテンサイト相の面積率が90〜100%であり、かつ旧オーステナイト粒の平均粒径が8μm以下であるミクロ組織を有することを特徴とする延性に優れたホットプレス部材。 (もっと読む)


【課題】より簡単な製造プロセスでもって、耐応力腐食割れ性に優れたアルミニウム合金製品を得る。
【解決手段】5000系または7000系のアルミニウム合金を母材1としてアルミニウム合金製品を押出し加工する。押出し加工後に、その表面にショットブラストによる研磨を施し、表面に形成された粗大再結晶層2を除去する。 (もっと読む)


【課題】簡易且つ確実に7000系アルミニウム合金材を成形加工し、高強度の成形加工品を得る成形加工方法を提供する。
【解決手段】Zn:2.0質量%(以下、「%」という。)以上、10%以下、Mg:0.10%以上、5.0%以下、Cu:5.0%以下、Mn:1.5%以下、Si:1.0%以下、Fe:1.0%以下、Cr:0.50%以下、Zr:0.50%以下、Ti:0.30%以下を含有し、残部がアルミニウム及び不可避的不純物からなる7000系アルミニウム合金材に対して、溶体化処理を行う工程と、金型内で成形加工を行う工程と、該金型で250℃以下まで焼入れ工程を含む7000系アルミニウム合金材の成形加工方法。 (もっと読む)


【課題】電磁成形による拡管を利用して、7000系アルミ合金押出材からなるバンパービームに、6000系アルミ合金押出材からなるバンパーステイ素材を接合して、バンパーシステムを製造する場合に、バンパーシステムの特性を低下させることなく、人工時効硬化処理を1回で済ませる。バンパーステイとバンパービームの結合力を向上させる。
【解決手段】T1調質の7000系アルミ合金押出材からなるバンパービームに前後方向に貫通する穴を形成し、T1調質の6000系アルミ合金押出材からなる管状のバンパーステイ素材を前記穴に嵌入し、電磁成形によりバンパーステイ素材を拡管し、前記穴の内周面に密着させてバンパービームに接合する。得られたバンパーシステムを、前記バンパービームが過時効処理となるように人工時効硬化処理する。 (もっと読む)


1以上のセクションを含め、前記1以上のセクションに非還元性雰囲気または弱還元性雰囲気のガスが充填された焼鈍装置及び前記焼鈍装置が含まれるメッキ鋼板の製造装置及びこの装置を介してメッキ鋼板を製造する方法が提供される。
追加的な酸化―還元熱処理工程や高価の合金元素を多量に含まなくても既存の焼鈍設備及び熱処理サイクルを用いて溶融メッキ鋼板に対するメッキ性、合金化性、耐ピックアップ性、メッキ密着性、耐剥離性(Anti−flaking)、耐クレーター(Anti−crater)、耐アッシュ性(Anti−ash)などのメッキ品質を大幅向上させることができる。また、優秀な品質を経済的で容易に確保することができて、その用度が多様で費用節減の側面から効果的である。
(もっと読む)


【課題】外観性状が良好で、かつ厚目付けのめっき物を形成する
【解決手段】金属材料を、溶融塩フラックス浴中に浸漬した後、溶融金属めっき浴に浸漬して、金属材料に溶融金属をめっきする金属めっき材料の製造方法であって、溶融金属めっき浴の化学組成が、質量%で、Al:45〜60%およびSi:2.0%を超え5.0%以下を含有し、残部がZnおよび不純物からなる金属めっき材料の製造方法。 (もっと読む)


【課題】電縫溶接性に優れると共に、ろう付後強度、耐食性に優れる熱交換器用アルミニウム合金ブレージングシートを提供する。
【解決手段】芯材2と、この芯材2の一面側に形成された犠牲材3と、この芯材2の他面側に形成されたAl合金からなるろう材4とを備えた熱交換器用アルミニウム合金ブレージングシート1であって、芯材2は、所定の濃度のSi、Cu、Mnを含有し、所定の濃度のTi、Crを選択的に含有し、残部がAlおよび不可避的不純物からなり、犠牲材3は、所定の濃度のSi、Zn、Mgを含有し、残部がAlおよび不可避的不純物からなり、犠牲材3の硬度がろう材4の硬度よりも高く、かつ、ろう材4の硬度を犠牲材3の硬度で割った値が0.7未満であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】仕上げバフ研磨等の後加工が施されても、再結晶組織層の存在によって十分な光輝性が得られる2輪車用リム材を提供する。
【解決手段】略短筒状のアルミニウム製リム材であって、リム材の幅方向Wの中央領域に径方向D内方に向けて突出したスポーク取付部2が設けられ、リム材の内周面11の表面に再結晶組織層13が形成され、スポーク取付部2に対して幅方向の両側にある側方領域部7、8の少なくとも一部3、4の内周面の再結晶組織層13の厚さTは、スポーク取付部2の内周面の再結晶組織層13の厚さSよりも大きく設定された構成とする。 (もっと読む)


61 - 70 / 173