説明

国際特許分類[C22C29/06]の内容

国際特許分類[C22C29/06]の下位に属する分類

国際特許分類[C22C29/06]に分類される特許

21 - 30 / 48


【課題】耐熱性非酸化物と金属材料との複合材料からなり緻密性に優れた接点部材を生産性良く、かつ少ないエネルギーで製造できる接点部材連結体およびその製造方法と、前記特性に優れた接点部材と、前記接点部材を用いた遮断器とを提供する。
【解決手段】接点部材連結体1は、前記複合材料によって、複数個の接点部材2と1個の末端部材4とを連結部3を介して列をなすように連結した形状に一体に形成し、接点部材2は、連結部3を破断することにより、複数の側面のうち少なくとも1つの側面において破断面が露呈させる。連結部3を有する連結体を一体にプレス成形し、次いで前記列の先端側から末端側へ向けて順次、昇温、降温して末端部材内に気孔を寄せ集める製法により、個々の接点部材2の密度を97%以上とする。 (もっと読む)


本発明は、PCD又はPCBNの層、及びPCD又はPCBNの層が中間層を介して結合された焼結炭化物基材を含む研摩インサートであって、中間層は、結合した塊の超硬質研磨粒子及び耐火性粒子を含み、超硬質研磨粒子の平均サイズは、耐火性粒子の平均サイズと同じか又は未満である研摩インサート、並びに当該インサートの製造の方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、マトリックス材料中に分散させた、第1の超硬質又は硬質粒子材料と、少なくとも1つの第2の超硬質又は硬質粒子材料とを含む超硬質又は硬質複合材料を提供する。第1の超硬質又は硬質粒子材料の熱膨張率は、マトリックス材料の熱膨張率よりも低く、少なくとも1つの第2の超硬質又は硬質粒子材料の熱膨張率は、マトリックス材料の熱膨張率よりも高い。 (もっと読む)


【課題】優れた耐酸化性と高硬度・高分散性を有し、バインダレスの硬装肉盛を実現できる表面硬装用粉末を提供する。
【解決手段】金属と炭素の金属浴中拡散で合成されたWとTiを主要金属成分とする複合炭化物粒子、あるいは必要に応じて、Nb,Ta,Zr,Vからなる副金属成分Mを微量含有するWとTiとMの複合炭化物粒子であって、Co,Ni,Feの含有量を低減し、かつ、平均粒径が20〜200μmである優れた耐酸化性と高硬度・高分散性を有する表面硬装用バインダレス粒子粉末。 (もっと読む)


【課題】耐ビルドアップ性、耐酸化性および耐ヒートクラック性に優れる高温材搬送用部材の提供
【課題手段】母材表面に皮膜を形成した高温材搬送用部材であって、皮膜が、質量%で、C:0.03〜0.6%、Si:0.2〜3%およびCr:20〜35%を含有するCo基合金粉末と、Cr炭化物の粉末とからなる混合粉末を用いて、プラズマ粉体肉盛法により形成された複合皮膜である高温材搬送用部材。この高温材搬送用部材は、特に1100℃以上のガス雰囲気において優れた耐ビルドアップ性を有する。 (もっと読む)


【課題】浸炭性雰囲気で使用される金属部材の耐摩耗性と耐焼付き性を向上しかつ優れた耐浸炭性を有する溶射皮膜を表面に形成した金属部材を提供する。
【解決手段】Cr炭化物,W炭化物およびTi炭化物の中から選ばれる1種または2種以上の炭化物を30〜95質量%含有し、残部がNi,CoおよびFeの中から選ばれる1種または2種以上を含有する合金と不可避的不純物からなる溶射皮膜2をトップコートとして表面に有する金属部材。 (もっと読む)


リチウムイオン電池の負極として有用性を有する複合材料が、珪素、遷移金属、セラミック及び炭素のような導電性稀釈剤を含む。特に例として、セラミックは、導電性であり、またバナジウムカーバイド又はタングステンカーバイドを含み得る。遷移金属は、いくつかの例において鉄を含み得る。この材料は、成分の出発混合物を共に粉砕することにより加工され得、粉砕は、高衝撃ボールミル粉砕処理により達成され得、また粉砕工程は、珪素と金属及び/又は炭素との部分的な合金化を生じさせ得る。更に、この材料及びこの材料を組み込む電極の製造方法を開示する。
(もっと読む)


【課題】本願発明は、優れた高温強度を有するWC基超硬合金を提供することである。
【解決手段】本願発明のWC基超硬合金は、重量%で4%〜20%のCoを結合相とし、Zrを含有し、残部がWC及び不可避不純物を有し、該超硬合金はZrを含む炭酸化物及び、ZrとWを含む複炭化物を含有し、該Zrを含む炭酸化物の平均粒子径をd1(μm)、ZrとWを含む複炭化物の平均粒子径をd2(μm)、WCの平均粒子径をD(μm)としたとき、(d1/D)≦2、(d2/D)≦2、抗折力が2.5GPa以上、であることを特徴とするWC基超硬合金である。 (もっと読む)


材料の50重量パーセント未満の量の炭化タングステン、少なくとも約30重量パーセントの量の炭化チタン、ならびに、コバルトおよびニッケルのバインダー材料を含む硬質合金材料。本発明の他の態様において、モリブデンおよび/またはクロムが、材料の熱伝導性をさらに低下させるために含まれている。本発明の材料の熱伝導性は約12Watt/m・K以下である。
(もっと読む)


【課題】ハースロール用途により適した溶射皮膜を形成可能な溶射用粉末を提供すること、並びにその溶射用粉末から得られる溶射皮膜及びその溶射皮膜を備えるハースロールを提供する。
【解決手段】本発明の溶射用粉末は30〜50質量%のクロム炭化物を含有し、残部がコバルト及びニッケルの少なくともいずれか一種、クロム、アルミニウム及びイットリウムを含む合金からなり、溶射用粉末の平均粒子径は20〜60μmである。 (もっと読む)


21 - 30 / 48