説明

国際特許分類[C22C29/12]の内容

国際特許分類[C22C29/12]に分類される特許

11 - 20 / 55


フルオロオレフィンの水素化に有用である水素化触媒のためのアルファ−アルミナ担体が提供される。 (もっと読む)


本発明は、亜酸化ホウ素と二次相を含む亜酸化ホウ素複合材料であって、二次相が金、銀及び銅並びにこれらの金属の1種以上を基礎とするか又は含有する合金の群から選択される金属を含有する亜酸化ホウ素複合材料を提供する。さらに、金属又は合金は、該材料中に約20体積%未満、好ましくは約6体積%未満の量で存在する。 (もっと読む)


【課題】 MHz帯域の高周波で損失の低い材料を提供する。
【解決手段】 アルミニウムを主成分とする化合物またはアルミニウムからなる粉末と、酸化鉄粉末とを混合する工程と、得られた混合粉を成形して成形体を得る工程と、酸化鉄を固相還元するために前記成形体を不活性ガス雰囲気中で熱処理する反応熱処理工程と、熱処理された成形体を不活性ガス雰囲気中で焼結する焼結熱処理工程とを有することを特徴とするアルミニウム酸化物と鉄の複合焼結体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】均一に成膜でき、異常放電が生じ難いスパッタリングターゲットを提供する。
【解決手段】酸化亜鉛焼結体からなり、Gaを0.03〜0.75原子%含み、複合酸化物がX線回折で検出されないことを特徴とするスパッタリングターゲットであり、Zr、Si及びAlのうち1以上を合計で100原子ppm以下含み、酸化亜鉛焼結体表面の色差ΔE*abが0.7以下である。また、上記スパッタリングターゲットは、複合酸化物がX線回折で検出されない条件で焼結される。 (もっと読む)


【課題】効率よく熱処理を行なう薄膜超電導線材の製造方法を提供する。
【解決手段】薄膜超電導線材10の超電導層5に含まれる酸素の量を高精度に制御するために当該薄膜超電導線材10を、酸素雰囲気中で熱処理を行なう。このとき、当該熱処理を行なう温度において酸素と反応したり加熱によって変形することのないスペーサ20を薄膜超電導線材10と重畳したものをコイル状に巻回する。 (もっと読む)


本発明は、抗菌剤及び/又は殺菌剤として使用できる、商用製品と同様の効果を有し、毒性レベルが低い、ナノ構造のリン酸カルシウム銀複合粉体から成る。本発明の第2の目的は、前記ナノ構造のリン酸カルシウム銀複合粉体を得るための、ゾル・ゲル法によるナノメートルのリン酸カルシウムの製造と、次に銀ナノ粒子をその表面に沈着させることから構成される製造方法から成る。該ナノ構造粉体は、例えば、外科的移植、公共施設(トイレ及び病院、交通など)、食品、歯科、塗料、衣類及び包装(食品、医薬品、医療用器具)などの適用のための一般的な消毒剤として使用できる抗菌剤及び/又は殺菌剤の製造に用いることができる。 (もっと読む)


【課題】近赤外域の遮蔽性に優れ、かつ可視光の透過率が高い熱線遮蔽材料を提供する。
【解決手段】金属スズ粒子と透明導電性酸化物粒子とを含み、前記金属スズ粒子が前記透明導電性酸化物粒子に対し0.1wt%以上20wt%以下含むことを特徴とする熱線遮蔽材料。 (もっと読む)


銅系サーメット及びその製法が提供される。銅系サーメットは、銅合金及び銅合金相と密着して高度の電子的導通性を示す安定化ジルコニアの相互貫通ネットワークを有する。幾つかの実施形態において、セラミック及び銅系粉体の混合物を、銅又は銅合金の融点以上の温度の還元性雰囲気で焼結する工程を含む方法が提供される。更に、例えば、陽極と金属支持体の間の陽極構造又はバリヤ層としての銅系サーメットを有する電気化学構成が提供される。サーメット構造体及び構造の応用には、固体酸化物燃料セル、水素発生器、電気化学流体反応器などを含む高作用温度電気化学装置の使用が含まれる。
(もっと読む)


【課題】実質的に均一な高い熱伝導率及び望ましい界面特性を有するインジウムTIMの提供。
【解決手段】電気化学的に堆積されたインジウム複合体が開示されている。このインジウム複合体は、1種以上のセラミック材料と共に、インジウム金属又はインジウムの合金を含有する。このインジウム複合体は、高いバルク熱伝導率を有する。このインジウム複合体を含有する物品も開示されている。 (もっと読む)


【課題】アルミニウム酸化物に鉄が分散した形態を有するアルミニウム酸化物−鉄複合部材を提供する。また、該アルミニウム酸化物−鉄複合部材を安価に製造する方法を提供する。
【解決手段】アルミニウム酸化物−鉄複合部材であって、アルミニウム酸化物と鉄粒子を有し、前記アルミニウム酸化物中に前記鉄粒子が分散していることを特徴とする。アルミニウム酸化物−鉄複合部材の製造方法において、酸化鉄粉末とアルミニウム粉末の混合物を成形して成形体を得る成形工程と、前記成形体を非酸化性不活性ガス雰囲気中で熱処理する熱処理工程とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


11 - 20 / 55