説明

国際特許分類[C25D17/16]の内容

国際特許分類[C25D17/16]の下位に属する分類

国際特許分類[C25D17/16]に分類される特許

21 - 30 / 87


【課題】アルミ合金製ネジ及びボルトの陽極酸化加工において、被処理材を電解液中で確実に保持し、また陽極酸化処理のムラがなく被処理材の全面に均一に処理を行えるばかりでなく、労力を要せず大量に加工することを可能とし、加えて、陽極酸化加工されたアルミ合金製ネジ及びボルトが十分な構造強度と表面硬度を有し、高い電気絶縁性を有する陽極酸化方法及びアルミ合金製ネジ及びボルトを提供する。
【解決手段】被処理材であるのアルミ合金製ネジ及びボルトCを電解液中で浸積保持すると共に、チタン性電極Iに,バネAのようなチタン金属の加工物と樹脂製針状部品Bなどの組み合わせによってネジ及びボルトCを押圧し、先端Kの接点を確保する導電性電極治具。 (もっと読む)



【課題】高効率のめっき装置及びめっき方法を提供する。
【解決手段】めっき装置1は、めっき液12を貯留するめっき槽11と、めっき槽11内に配置されている陽極21と、めっき槽11内に配置されており、被めっき物51が戴置され、めっき液12を通過させる穴が形成された面状部分22aを有する陰極22を備えている。そして、面状部分22aの被めっき物51が戴置される面と反対側からめっき液12を吸引して、被めっき物51を陰極22に接触させる接触機構30と、面状部分22aの被めっき物51が戴置される面と反対側からめっき液12を噴出して、被めっき物51を陰極22から分離させる分離機構40と、を備えることを特徴としている。 (もっと読む)






【課題】 特に、従来に比べて、被メッキ物の表面に均一にメッキ皮膜を形成できるようにした電気メッキ方法及び電気メッキ装置を提供することを目的としている。
【解決手段】 メッキ槽2と、前記メッキ槽2内に設けられた陽極板3及び陰極板7とを有し、被メッキ物12の表面にメッキ皮膜をメッキ形成するための電気メッキ方法において、メッキ液20中で、前記被メッキ物12を、前記陰極板7と回転部8の間に挟持した状態で、回転部8を回転させながら両極間に電流を供給して前記被メッキ物12の表面に前記メッキ皮膜をメッキ形成する。 (もっと読む)




21 - 30 / 87