説明

国際特許分類[C25D17/28]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 電気分解または電気泳動方法;そのための装置 (15,555) | 電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳 (10,553) | 電解被覆用槽の構造部品またはその組立体 (1,391) | ばらの小形物品の電解被覆用装置 (202) | 処理の間,装置中を個々に物品を移送する手段を備えたもの (7)

国際特許分類[C25D17/28]に分類される特許

1 - 7 / 7



【課題】 めっき不良の抑制が図られたバレルめっき装置及びバレルめっき方法を提供する。
【解決手段】 本発明に係るバレルめっき装置1及びバレルめっき方法においては、バレル3と一体的に回転する磁力発生ユニット7が、バレル3の回転中心の鉛直上方の位置周辺において電子部品10を吸着する。そのため、バレル3の上方に生じた気泡9が、電子部品10を吸着した場合であっても、磁力発生ユニット7が、その電子部品10を吸着するため、電子部品10が気泡9から脱離される。従って、気泡9が電子部品10を吸着する事態が有意に回避されて、電子部品10のめっき不良が抑制される。 (もっと読む)




【課題】複数の物体を流体とともに処理するための噴流層電気化学反応装置を提供する。
【解決手段】この装置は、複数の物体114を接触させるための槽119を備える。流体の流れが、物体を、物体の移動層124から解放位置へ上向きに流れるようにさせ、解放位置から物体が分配シールド123上に落下し、供給位置へ下向きに移動するように、流体の上向き方向の流れと物体の一部分を導管116内に閉じ込める。槽119は、導電性の物体を処理するために使用することができ、流体は電解液であり、電極は移動層と接触するように配置され、対電極105は移動層に対して間隔を置いて配置される。この槽は、定置式または携帯用にすることができる。 (もっと読む)




1 - 7 / 7