説明

国際特許分類[C40B20/08]の内容

国際特許分類[C40B20/08]に分類される特許

1 - 3 / 3


【課題】核酸をカプセル封入するための方法において、水性流体が微小流体チャンネルを流れる際に前記水性流体を分割することによりマイクロカプセルを形成するステップよりなる方法を提供する。
【解決手段】a)マイクロカプセル内に一次化合物のセット2つ以上をコンパートメント化するステップであって、マイクロカプセルのある割合が化合物2つ以上を含むようにするステップと;(b)異なるセットに由来する一次化合物の間の化学反応によりマイクロカプセル中に二次化合物を形成するステップと;を含む化合物の合成方法を記載する。本発明は更に、生化学的系の標的成分に結合するか、標的の活性をモジュレートし、マイクロカプセル内に共コンパートメント化される化合物の識別を可能にする。 (もっと読む)


本明細書では、組織特異的なペプチド模倣体リガンドの使用により、治療剤を組織特異的に標的化送達するための組成物及び方法が開示される。リガンドは、式A−足場−A’の組成物と、足場に共有結合された1又は2以上の疎水性アンカーとを含む。足場につながれたA及びA’による化合物は、各々の一価のペプチド模倣化合物が断片IK、GK、ID、GS、GT、VS、TK、KT、AR、KI、KE、AE、GR、YS、IR、及びモルホリノからなる群から選択される一価のペプチド模倣化合物を含む。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

1 - 3 / 3