説明

国際特許分類[D04H3/10]の内容

国際特許分類[D04H3/10]に分類される特許

31 - 40 / 91


【課題】剥離分割型複合繊維からなる不織布を機械的打撃による分割処理する方法において、未分割の残存率を低減させ極細繊維からなる高密度で柔軟性に富み、さらには加工性の優れた人工皮革用極細繊維不織布を製造する手段を提供することにある。
【解決手段】剥離分割型複合繊維からなる不織布を特定の電解水液に浸漬した後、機械的な打撃による分割処理を行うことにより、未分割繊維の残存率を低減し、高密度でありながら、柔軟性も兼ね備えた人工皮革用極細繊維不織布が得られる。 (もっと読む)


【課題】ニードルパンチ法による極細長繊維不織布の製造方法において、目付が変化するのを抑制し、高目付人工皮革用極細長繊維不織布を製造する方法を提供することにある。
【解決手段】極細化可能剥離分割型複合繊維を紡出、高速牽引してネット上に捕集して得られた薄層繊維シート状物をエンボスカレンダーで熱処理し、2枚以上積層後にニードルパンチ交絡処理及び極細化処理をその順序で行って極細長繊維不織布とする製造方法において、下記要件を満足することを特徴とする極細長繊維不織布の製造方法。
a)薄層繊維シート状物1枚の目付が20〜45g/mであること。
b)エンボスカレンダー処理後の薄層繊維シートの剛軟度値を3〜6cmとすること。 (もっと読む)


【課題】ポリエステル長繊維不織布の製造の際に、中空口金を用いて製造された不織布の厚さ感、保温性、および吸音性を高めたポリエステル中空長繊維不織布およびその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明のポリエステル中空長繊維紡糸型不織布の製造方法は、ポリエステルを中空口金を用いて中空形で紡糸し延伸して、10乃至80μmの直径を有するポリエステルフィラメント繊維に製造するステップと、前記製造されたポリエステルフィラメント繊維を連続移動するネット上にウェブとして積層するステップと、前記積層されたフィラメントウェブを熱接着させ、または、ニードルパンチングするステップと、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
本発明の課題は、水溶性熱可塑性樹脂を用いた多成分長繊維不織布から皮革様シートを得る際に、不織布の不均一性に起因して外観や風合いを損なわないとともに、弾性樹脂を使用しないか極端に少量で製造する方法を提供することである。
【解決手段】
少なくとも1成分が水溶性熱可塑性樹脂の多成分長繊維シート(A)と織編物をニードルパンチで一体化して多成分長繊維複合シート(B)とした後、水溶性熱可塑性樹脂成分を除去し、高速流体処理を行って得た長繊維複合シート(C)を用いることを特徴とする皮革様シートの製造方法。 (もっと読む)


本発明は、セルロース繊維を含む水流絡合製品を製造する方法であって、リヨセルメルトブローウェブを水の細かい高圧ジェットを用いた処理に供し、少なくとも3つの処理工程において、ウェブを前記細かい高圧ジェットに供すること、前記処理工程のそれぞれにおいて、前記高圧ジェットの圧力が75バール以下であることにより特徴づけられる、該方法に関する。さらに、本発明は、前記製品により得られる製品、およびそれらの使用に関する。 (もっと読む)


必要に応じて予備接着した不織布をブラシ型のステッチング台の上に置き、台上でその不織布をニードリングすることにより製造されるニードルパンチ不織ベロア布が記載されている。本発明のニードルパンチ不織ベロア布は、不織布が、少なくとも1種の高融点成分と少なくとも1種の熱的に活性化可能な低融点成分とを有する多成分フィラメントを含むフィラメントを有するスパンボンデッド布を含むことを特徴としている。本発明のニードルパンチ不織ベロア布は、良好な機械的特性を有しており、特に、環境に非常にやさしく無害であり、これにより、個人部門および特に物のテキスタイルライニングとして使用するのに適したものとなる。 (もっと読む)


スパンボンドされた不織布ウエッブおよび熔融吹込みされた不織布ウエッブの層を含んで成る不織布複合体が記載されている。このような複合体は、少なくとも一つの熔融吹込み層の上に沈積された少なくとも一つのスパンボンド繊維の外側層が存在するように複合体の層を形成するかまたは組み立てることによってつくられる。少なくとも一つの外側層はスパンボンドされた連続フィラメント繊維の実質的に平行なストライプを含んで成り、この場合少なくとも二つの異なったタイプのストライプが使用されている。またスパンボンド層の内部の繊維のストライプは主として不織布複合体の機械方向に配向している。この繊維布複合体のすべての層は熱的方法、接着剤、超音波または機械的結合方法により一緒に結合される。このような複合体は横方向の伸長度対機械方向の伸長度の比を変え得るようにつくることができる。 (もっと読む)


本明細書で開示された主題は、概して、好ましくはスパンボンドプロセスによる、一成分繊維または他の多成分繊維と組合された、所定の比の多成分繊維の製造に関する。押出後に、これらの繊維は繊維網目を製造可能であり、繊維網目は次に結合されて複数のタイプの繊維で構成される不織布を製造する。網目中の多成分繊維は、溶解により1つの成分を除去するために、または個々の成分を別個の繊維に分割するために処理されることがある。結果として、布は、繊維が1種類の一成分または多成分繊維から製造された均質不織布のように緻密に充填しないように、一連の直径を有する繊維(マイクロまたはナノデニール繊維のほか、より高いデニールの繊維)によって構成される。本発明はさらに、増加された厚み(ロフト)、通気性、強度、圧縮特性、および濾過効率を備えた不織布を製造する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 規則的な模様でなく、規則性がなくランダムで興味深い模様が付与されてなるスパンレース不織布を提供する。
【解決手段】 高圧水流の作用により構成繊維同士が交絡してなるスパンレース不織布を得る方法であって、(1)多孔支持体上に、複数の単繊維が収束することにより形成されるマルチフィラメント糸から構成されるスパンボンド不織布を載置し、前記スパンボンド不織布上に短繊維ウェブを載置し、短繊維ウェブ側より高圧水流を施して短繊維ウェブを構成する繊維同士を交絡させる工程、(2)繊維同士が交絡した短繊維ウェブをマルチフィラメント糸から構成されるスパンボンド不織布から剥ぎ取る工程、(3)繊維同士が交絡した短繊維ウェブより余分な水分を除去する乾燥工程を有する短繊維からなるスパンレース不織布の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、a)繊維補強構造体の少なくとも1つの層と、シートの厚さをかなり増大させる増厚材料の層とが並列態様で結合しているシートの製造段階と、b)少なくとも前記繊維構造体の層を貫通し且つ増厚材料の層を少なくとも部分的に通るバーブニードルにより、繊維補強構造体の側面上で前記シートをニードルボンディングする段階とを有し、ニードルは、1〜25インパクト/cm2の範囲のインパクト密度でシートを貫通するときに、シートと本質的に同じ速度でシートの方向に移動する、複合体の製造方法に関する。本発明はまた、複合体及び複合体の含浸により得られる複合材料に関する。本発明は、複合材料の製造中に複合体の含浸を速くできる。 (もっと読む)


31 - 40 / 91