説明

国際特許分類[D04H3/10]の内容

国際特許分類[D04H3/10]に分類される特許

71 - 80 / 91


改善されたステッチ保持率を有するタフトされた不織布、結合された不織布およびこれらの製造方法を記載する。改善されたステッチ保持率を有するタフトされた不織布は、複数の二成分フィラメント1と複数の二成分フィラメント2との混合物からなる結合された不織布をタフトする表面材料を有し、その際、iα)少なくとも二成分フィラメント1は、コア/シース形状を有し、その際、成分11はコアであり、かつ成分12はシースであるか、またはiβ)少なくとも二成分フィラメント1は、サイドバイサイド形状を有し、その際、成分11はサイド1であり、かつ成分12はサイド2であるか、またはiγ)少なくとも二成分フィラメント1は、海島形状を有し、その際、成分11は島であり、かつ成分12は海であり、ii)成分11は融点Tm(11)を有し、かつ成分22は融点Tm(22)を有し、iii)成分12は融点Tm(12)を有し、成分21は融点Tm(21)を有し、かつTm(12)はTm(21)より高く、かつiv)両方の成分11と22の融点および成分12と21の融点は、両方のTm(11)およびTm(22)>Tm(12)>Tm(21)の関係式に従い、かつ場合により表面材料は、成分21の固化した溶融液により二成分フィラメント2に結合している。 (もっと読む)


本発明は、乾式ガラス繊維の層と有機繊維の層を備えた複合体の製造方法に関する。この本発明の方法は、連続有機繊維の不織布と予め一体化されていない連続ガラス繊維のベールとの機械的ニードリング又は流体絡合、例えば水流絡合を行ってシートを作ること、次いでこのシートにバインダーを塗布することを含む。ここで機械的ニードリング又は流体絡合においては、有機繊維の不織布とガラス繊維のベールとを重ねて置き、それぞれニードル又は流体若しくは水の噴流を、有機繊維の不織布の側から送る。このような本発明の方法によって得られる複合繊維構造物は、剥離の傾向が小さく、またアスファルト又はビチューメンを含浸させて、屋根用又はシーリング用のカバー又は膜の分野で使用することができる。 (もっと読む)


【課題】 油剤を用いずに、良好なニードルパンチを施すことができる長繊維不織布の製造方法を提供する。
【解決手段】 この長繊維不織布の製造方法は、水を飽充させた長繊維ウェブに、ニードルパンチを施すというものである。すなわち、水を長繊維ウェブに飽充させることによって、油剤を使用せずに、ニードルパンチを施せるのである。長繊維ウェブを構成する長繊維としては、従来公知の長繊維を使用でき、特に熱可塑性長繊維を使用するのが好ましい。水の飽充量は、長繊維ウェブ100質量部に対して、30質量部以上であるのが、好ましい。水は水道水を用いることができるが、若干量の親水剤が含有されている水を使用してもよい。長繊維として熱可塑性長繊維を使用した場合、ニードルパンチの後に、加熱及び加圧してもよい。 (もっと読む)


【課題】生産性が良好であり、かつ、低温シール性、ホットタック性といった熱接着性(無極性樹脂及び極性樹脂の両方とも)及び機械的強度にも優れた長繊維不織布を提供すること。
【解決手段】本発明の長繊維不織布は、メタクリル酸成分を5〜20質量%含有し、メルトフローレート(MFR)が50〜300g/10分であるエチレン−メタクリル酸共重合体からなるものであり、前記エチレン−メタクリル酸共重合体100重量部に、当該共重合体以外の熱可塑性樹脂1〜10重量部からなるようにすれば、紡糸性が向上する。また、不織布の形態をスパンボンド不織布とすれば、生産性に優れ、機械的強度に優れた長繊維不織布を効率良く得ることができる。 (もっと読む)


【課題】効率よく、等方性に優れた長繊維不織布を提供すること。
【解決手段】長繊維不織布の製造方法であって、紡糸直後の長繊維が2種以上の繊維に分割可能な構造を有し、少なくとも1種の繊維が熱収縮性を有する繊維であり、該長繊維を紡糸した直後にネット上に捕集し積層した後に、巻き取ることなく交絡、機械的分割を行い、その後熱水収縮する工程を順に連続して行うことを特徴とする。さらに該長繊維の分割後の繊度が0.5〜0.001dtexであることや、該長繊維を構成するポリマーが、ポリエステルとポリアミドであることが好ましい。またさらに熱水収縮工程が、水中で浸漬遊泳している長繊維不織布を水透過性の支持体上に捕獲する工程であることや、熱水収縮工程後に水分除去を連続して行うことが好ましい。 (もっと読む)


【課題】十分な嵩高性と有効な機械特性を有するフィラメントウェブを繰り返し同様に得ることが可能な改善された製造方法を提供する。
【解決手段】二成分等の複数成分から構成される合成樹脂フィラメントを有効面上に収集した後、高速ウォータージェットにより統合し、次いで加熱処理に施し捲縮させることによりスパンボンドマットが得られた。 (もっと読む)


【課題】
低いクリープと高い捕集効率とを兼備した、高温で使用可能な耐熱性フィルター用布帛を提供すること。
【解決手段】
フッ素樹脂系繊維を含んでなる布帛からなり、該布帛が不織ウェブとスクリムとから構成されており、該不織ウェブ表面のフッ素樹脂系繊維の少なくとも一部がフィブリル化されており、かつ、該スクリムのタテ糸としてフッ素樹脂系繊維と高強力繊維との複合糸を用いてなる耐熱性フィルター用布帛。
(もっと読む)


【課題】掃除の際に、摩擦によって、よれたり、破れたりすることが少なく、広い面積にわたって、充分に清掃することができるワイパー用シート及びその製造法を提供する。
【解決手段】合成繊維による長繊維不織布と高熱収縮性短繊維ウェッブとを積層絡合させて、かつ高熱収縮性短繊維ウェッブを高度に熱収縮させて長繊維不織布に顕著な凹凸状の皺を形成させる。 (もっと読む)


【課題】
高強度で通気性を確保しつつ、撥水性を有する不織布からなるクッション材に好適な発泡成形体用補強材を提供する。
【解決手段】
長繊維が絡合してなる不織布に撥水加工層を設けてなる補強材であって、該不織布の目付が30〜600g/mであり、かつ該不織布の少なくとも一面側の撥水度が2点以上であることを特徴とする発泡成型用補強材である。その発泡成型用補強材の通気量は30〜800cc/cm/secであることが好ましく、クッション材などの補強材に用いられる。 (もっと読む)


本発明は、溶融紡糸した繊維からジオテキスタイルを製造する方法に関する。この溶融紡糸された長繊維は、全硬化及び後処理域にわたってスクリーンベルトに載せて連続的にかつ妨げなく搬送される。
(もっと読む)


71 - 80 / 91