説明

国際特許分類[D04H3/10]の内容

国際特許分類[D04H3/10]に分類される特許

81 - 90 / 91


【解決手段】本発明は、液力学的強化法でジオテキスタイルを強化する際に、実質的にアビバージ処理剤よりなる繊維助剤を提供する方法および装置に関する。 (もっと読む)


【課題】 熱成形性が良好で、耐熱性に優れる、ポリ乳酸系不織布を提供する。
【解決手段】 ポリ乳酸系重合体にて形成された長繊維不織ウエブ層と、芳香族ポリエステル系重合体にて形成された長繊維不織ウエブ層とが、積層され、かつ構成繊維どうしの三次元交絡により一体化されており、ポリ乳酸系重合体の融点が150℃以上である。 (もっと読む)


【課題】
異なる繊維物理学的な特性が統合された、特に厚みで見て繊度が勾配を有しているような多成分スパンボンド不織布を提供する。
【解決手段】
多成分スパンボンド不織布が、少なくとも2種のポリマーを含有する種々のフィラメントからなっているか、または前記ポリマーのうち1種のみをそれぞれ含有する単成分フィラメントと多成分フィラメントとの混合物からなっている。この多成分フィラメントは少なくとも2本の基本フィラメントからなっていて、その個々のフィラメントの繊度は異なっており、このフィラメント繊度の相違は、フィラメント中の基本フィラメント数が相違することによって達成されている。フィラメントは、同一の複数の紡糸ノズル開口を備えている紡糸装置により形成される。 (もっと読む)


【課題】補強機能、形態保持機能、衝撃吸収機能共に優れた消音材基布に適したスパンボンド不織布を提案する。
【解決手段】目付が50g/m2〜1000g/m2、厚みが0.5mm〜10.0mmの長繊維が絡合した不織布において、該不織布が、緻密層とバルキー層とから構成されたスパンボンド不織布である。更に詳しくは、落球による最大衝撃力の吸収率が5%〜100%であるスパンボンド不織布である。 (もっと読む)


【課題】 これまで人工皮革に適用することが困難であった極細長繊維を、人工皮革基体を構成する繊維として使用可能とする繊維質シート状物の製造方法の提供。
【解決手段】 少なくとも1成分が水溶性熱可塑性ポリビニルアルコール系樹脂である極細繊維発生型繊維からなる織編物上に、少なくとも1成分が水溶性熱可塑性ポリビニルアルコール系樹脂である極細繊維発生型繊維からなる長繊維不織布シートを積層してニードルパンチ処理を行うに際し、ニードルパンチ処理による面積収縮率が30%以上であること、および、繊維質シート状物の層間剥離強力が6kg/2.5cm以上であること、を同時に満足することを特徴とする繊維質シート状物の製造方法。 (もっと読む)


実質的に連続したスパンメルト繊維で形成される不織ウェブは、非対称な分子量分布及び3.5未満の多分散性を有するポリプロピレンホモポリマーから形成される。当該ウェブは、高速増分変形に供したとき塑性変形し、且つ例えば、400%伸長時の引張強度がピーク引張強度の少なくとも10%であること、250%伸長時の引張強度がピーク引張強度の少なくとも40%であること、及びピーク引張強度後の粘弾性変形エネルギー/ピーク引張強度前の粘弾性変形エネルギーの比が1より大きいことによって特徴付けられる。
(もっと読む)


本発明は、セルロースカルバメート溶液を、複数の開口部を有するノズルブロックを通じて再生槽内へ押出すことによって、複数のフィラメント糸に紡糸する不織布の製造方法であって、該フィラメント糸を次いでガス状媒体および/または液体の流れにさらして交絡させる不織布の製造方法に関する。同様に、本発明は、こうしたタイプの不織布およびその使用に関する。 (もっと読む)


凝集性不織繊維ウェブは、少なくとも1×10-5、好ましくは少なくとも1×10-2の複屈折数を提供するのに十分な分子配向を有する直接形成された弾性繊維を含む。ウェブは、a)弾性繊維形成材料のフィラメントを押出することと、b)フィラメントを細径化および延伸する長手方向の応力が気体の流れによりフィラメントに加えられる加工チャンバを通るように、フィラメントを方向付けることと、c)フィラメント内の分子がフィラメントの長さに沿って配向されるのに十分な時間の間、フィラメントが細径化および延伸応力下にある間にフィラメントをその配向温度に保持することと、d)フィラメントが細径化および延伸応力下にある間にフィラメントをその配向固定温度まで冷却し、そしてフィラメントを更に冷却して凝固した繊維形態にすることと、e)凝固した繊維を繊維不織ウェブとして捕集することとを含む方法によって製造することができる。好ましい態様では、該方法は、捕集した繊維を、その収縮温度よりも高いがその緩和温度よりも低い温度にさらすことによってアニールする更なる工程を含み、好ましくはアニーリング工程の後(または前)に繊維を結合させる工程を含む。弾性配向繊維を含む寸法安定性のウェブが得られる。
(もっと読む)


【課題】スパンボンド・タワーへ与えられた同じ供給材料に対して異なる等級の不織布を得ることができる不織布生産機械を提供すること。
【解決手段】スパンボンド・タワー(1〜4)を備えた不織布生産機械であって、同じ性質の長繊維から同じ1つの機械で、水噴射によって統合されたウェブN、カレンダーにかけられ次いで水噴射によって軟化されたウェブN及びカレンダーにかけられただけのウェブNを得る手段(7〜14)を有する。 (もっと読む)


【課題】生成したウェブを連続して添加物塗布ユニットに送ることができる不織布連続生産機械を提供すること。
【解決手段】スパンボンド・タワー(1〜4)及びコンベヤ(6)を備える、不織布を生産するためのこの機械内に、統合装置(7、8、11、12)、ウェブから水分を搾出するための手段(16)、及び搾出手段(16)の下流に配置した、添加物をウェブに塗布するための塗布装置(17)を設ける。 (もっと読む)


81 - 90 / 91