説明

国際特許分類[D06B23/18]の内容

国際特許分類[D06B23/18]に分類される特許

1 - 10 / 11


【課題】自動染色装置における回転処理装置の洗浄を簡易に行うことができる自動洗浄システムを提供する。
【解決手段】自動洗浄システムは、回転処理装置1の上流側に設けられ、洗浄用液体を供給可能な洗浄用液体供給ノズル9と、制御手段2とを備える。制御手段2は、搬送手段Tにより、空の洗浄用の容器Pを洗浄用液体供給ノズル9に搬送して洗浄用液体を供給した後、洗浄用の容器Pを回転処理装置1に搬送して回転させることで、回転処理装置1の蓋体27を、洗浄用の容器P内に収容された洗浄用液体により洗浄する。 (もっと読む)


【課題】 多様な染色を迅速に効率良く行うことができる自動染色装置を提供する。
【解決手段】 被染物及び染液が収容された容器を個別に回転させて被染物を染色する複数の回転染色手段1と、搬入ステーションS1にある容器を把持していずれかの回転染色手段1に搬送すると共に、被染物の染色が終了した容器を把持して回転染色手段1から搬出ステーションS3に搬送する容器搬送手段50とを備える自動染色装置100。 (もっと読む)


【課題】多様な染色を迅速に効率良く行うことができる染色装置を提供する。
【解決手段】被染物および染液が収容された容器を回転させて被染物を染色する装置1であって、上部に開口を有する容器2を回転可能に支持する回転台10と、容器2に対して上方から蓋体27を押圧することにより容器2を回転可能に密閉する押圧手段20と、密閉された容器2を傾倒させる傾倒手段30と、容器2を傾倒状態で回転させる駆動手段40とを備える。 (もっと読む)


布地処理システム(10、110)は、第1壁部(14)、第2壁部(16)、及びエンクロージャ(12、112)によって画定された布地受容スペースを含む、エンクロージャ(12、112)を含む。布地処理システムはまた、第1壁部に向けて配置される支持部材(26)を含む。支持部材は、布地及び布地受容スペース内の布地片を支持するように構成されたハンガー(15、15’、15A、204、204’、300)の1つを支持するように構成される。布地処理システムはまた、少なくとも第2壁に配置される布地伸長システムを含む。布地伸長システムは、布地片の少なくとも第1部分(42)に取り付けられて、布地片に張力を付与するように構成された少なくとも第1布地把持具(32、32’)を含む。
(もっと読む)


【課題】長尺フィルム等に対して、連続して均一な高圧処理を行える方法および装置の提供。
【解決手段】高圧処理チャンバー内でロール状に巻回された被処理体を繰り出して走行させながら超臨界または亜臨界状態の高圧流体と接触させて高圧処理を行った後、ロール状に巻回することを特徴とする連続高圧処理方法、および高圧処理チャンバーを備えると共に、高圧処理チャンバー内に、被処理体の繰り出し手段と、複数の送りローラと、処理体の巻き戻し手段とを備えたことを特徴とする連続高圧処理装置である。 (もっと読む)


【課題】処理空間を形成するケース、蒸気供給装置、及び乾燥空気供給装置を備える織物処理装置を制御するための方法が提供される。
【解決手段】前記方法は、蒸気モード、乾燥モード、及び貯蔵モードを含む。蒸気モードでは、蒸気供給装置を動作させることによって、処理空間に蒸気が供給される。乾燥モードでは、乾燥空気供給装置を動作させることによって、処理空間に乾燥空気が供給される。貯蔵モードでは、処理空間内の湿度が蒸気供給装置及び乾燥空気供給装置のうち、少なくとも一つを動作させることによって制御される。 (もっと読む)


【課題】比較的実機に近い処理条件で生地等の試料を処理することができ、しかも、その処理において、試料にしわがつかず、処理むらも生じない、優れた処理試験を行うことのできるポット処理方法と、それに用いるポット処理装置を提供する。
【解決手段】支持テーブル17に、処理対象物と処理液とを収容してなるポット11を取り付け、上記支持テーブル17の左右両端部に、クランクシャフト41、41′とカム板42、42′からなる機構を連結し、上記カム板42、42′を回転させることにより、上記支持テーブル17を繰り返し上下動させて、ポット11内の処理対象物と処理液に、繰り返し衝撃を与えるようにした。 (もっと読む)


本発明は、たて糸(3)又は織物をインディゴで連続的に染色するための装置(100)及び方法に関する。装置(100)は、染浴を収容するのに適した第1の密封された染色区画室(1)と、糸(3)又は織物の密封された定着/脱水区画室(2)を有する。染色区画室(1)及び定着/脱水区画室(2)は、不活性環境を有し、互いに機能的に且つ気密に結合されている。染色区画室(1)及び定着/脱水区画室(2)はそれぞれ、その内側に、窒素及び/又は脱酸素空気を導入するための手段(4)を有する。定着/脱水区画室(2)の内側には、糸(3)又は織物を直接加熱し及び/又は脱水する少なくとも1つの手段(5)を有する。
(もっと読む)


【課題】一般家庭でも簡単に行うことのできる衣類のシワ除去及び/又は消臭方法を提供することにある。さらに、本発明の課題は、該方法に用いられる水蒸気発生組成物及び衣類のシワ除去及び/又は消臭キットを提供すること。
【解決手段】熱可塑性樹脂シート及び/又は不織布を含むシート材により包囲されてなる空間内に衣類を入れ、水蒸気を導入する衣類のシワ除去及び/又は消臭方法、酸化カルシウム、マグネシウム、鉄及びアルミニウムからなる群より選ばれた少なくとも1種を含有してなる、前記衣類のシワ除去及び/又は消臭方法に用いられる水蒸気発生組成物、並びに熱可塑性樹脂シート及び/又は不織布を含むシート材並びに水蒸気発生組成物を有する衣類のシワ除去及び/又は消臭キット。 (もっと読む)


【課題】染液を循環しかつレベルを一定に保つための、大きなスペースを必要としない膨張兼圧送室を備えた、布染め用ビーム染色装置を提供する。
【解決手段】 布染め用ビーム染色装置は容器1内に取出し可能に配置される布ビーム5を有し、この布ビームは編織布からなる巻付体6を受容すべく整えられている。膨張兼圧送室13は容器内で、布ビームを巻付体付きで含む容器領域から仕切られた容器領域内に配置されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 11