国際特許分類[D06M15/19]の内容

国際特許分類[D06M15/19]の下位に属する分類

国際特許分類[D06M15/19]に分類される特許

1 - 10 / 20


【課題】防護機能と同時に高視認性の衣類を製造するために使用することができる、少なくとも部分的に難燃性である材料の構造を提供すること。
【解決手段】本発明は、第1面(12)と第2面(14)とを有する、難燃性材料を少なくとも部分的に含む基本構造(10)を含む材料構造(1)に関する。基本構造の少なくとも第1面(12)は、基本構造(10)を可視的にする開放領域(50)を含む模様(20)でプリントされる。前記模様(20)は、発光色素(40)を含有する材料(30)で作製される。基本構造(10)の第1面(12)の可視表面は、模様(20)と組み合わされて、欧州規格EN471による要求基準に適合する、材料構造の色を発する。前記材料構造は、特に、反射性防護服を製造するために使用される。 (もっと読む)


【課題】柔軟性にとみ、かつ引裂強力、滑脱抵抗力に優れたエアバック用織物を提供する。
【解決手段】少なくとも片面に樹脂皮膜のコーティングが施されているポリエステルマルチフィラメントからなる織物であって、下記要件を満足するエアバック用織物。
a)ポリエステルマルチフィラメントの繊度が330〜550dtex
b)該織物のカバーファクターが1700〜2100
c)ASTM D 6479で測定した滑脱抵抗力が250N以上 (もっと読む)


【課題】電気的機能素子を形成した繊維状基材を織り込む際、各繊維状基材を確実位置決めし、電気的接続を可能にする。
【解決手段】表面に電気的機能素子を形成した繊維状基材と導電性の繊維状基材、あるいは電気的機能素子を形成した繊維状基材同士を織り込んだ際に、交差接触する箇所の少なくとも一方に位置決めガイド構造を形成するとともに、交差接触する箇所のいずれかに、両繊維状基材を結合する結合手段及び電気的に接続する電気的接続手段を配設することにより、交差接触する箇所のいずれかで、両繊維状基材間の結合及び電気的接続が行われるようにする。 (もっと読む)


【課題】複合材料のコンポジット物性を向上させ得る、高サイズ剤付着炭素繊維を提供すること。
【解決手段】本発明の炭素繊維は、同一種類のサイズ剤が、複数の層を形成して付着されている炭素繊維であり、好ましくは、サイズ剤の全付着量が、炭素繊維の重量に対して1.0〜4.0重量%で、サイズ剤の付着量のCV値が10以下で、ファズが15μg/ft以下で、かつ、MPFが100μg/ft以下のものである。本発明の炭素繊維を用いた複合材料は、界面剪断強度(IPSS)を測定する際に、試験開始から試験片が破断するまでの試験片の伸びが10mm以上のものが得られる。 (もっと読む)


【課題】本発明は静電気の除去等に使用可能な導電性繊維構造物に関するものであり、さらに詳しくは、その表面に導電性ポリマーからなる樹脂層が形成され、コピー機やプリンターなどの転写ドラムやコピー用紙などに帯電した静電気の除去に好適に使用できる導電性繊維構造物に関するものである。
【解決手段】本発明の要旨は、芯部に導電性微粒子が含有された芯鞘型導電有機合成短繊維からなる繊維構造物に、導電性ポリマーが被覆された繊維構造物。
(もっと読む)


【課題】天然繊維製品本来の風合いを維持しつつ、優れた制電性を有する繊維製品、これを実現するための導電性紡績糸、及び該導電性紡績糸を得るための導電加工された天然繊維トップを提供する。
【解決手段】天然繊維スライバー1に、電子共役系ポリマーを形成し得るモノマーの溶液2と酸化剤溶液3を付与して、スライバー表面にて電子共役系ポリマーを重合せしめ、しかる後、スライバーをトップ状に巻き取る。これにより、電子共役系ポリマーにより導電加工された天然繊維トップが得られ、該天然繊維トップを紡績することで導電性紡績糸が得られる。そして、該導電性紡績糸を織編処理若しくは絡合処理する紡績糸の一部若しくは全部に使用し、通常の方法に従って、織編処理又は絡合処理することで、天然繊維製品本来の風合いを維持しつつ、優れた制電性を有する繊維製品が得られる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、自動車や鉄道車両等における座席シートの表皮材として使用する布帛で、低湿度環境でも耐久性があり、安定した帯電防止性を発現することのできる座席シート用表皮材の製造方法を提供すことを目的とする。
【解決手段】本発明者らは、このような課題を解決するために鋭意検討の結果、座席シート用表皮材の裏面側からイオン伝導剤を含む溶剤を塗布することにより布帛に導電層を設けることによって上記課題を克服し、本発明に到達した。 (もっと読む)


【課題】 止水テープや止水パッキングとして使用することができ、特に海水に対しても充分な吸水膨張性を発揮すると共に、吸水膨張性樹脂が繊維集合体から脱落しにくく、成形加工が容易であるような、吸水膨張性繊維集合体を提供する。
【解決手段】 止水構造に使用される吸水膨張性繊維集合体であって、水分を吸収して膨張する止水部を有するとともに、止水部の基材繊維には海水膨張性熱可塑性樹脂がコーティングされてなることを特徴とする吸水膨張性繊維集合体。海水膨張性熱可塑性樹脂は、加熱溶融させて基材繊維にコーティングしてもよく、溶剤に溶解させて基材繊維にコーティングしても良い。 (もっと読む)


【課題】製造工程の簡素化が可能で、積層一体化にともなう熱収縮や変形、シワ等が発生しにくく、吸音性および成形性、耐久性に優れた吸音材を提供する。
【解決手段】微細孔を有する合成樹脂層からなる表皮部が、不織布または連続発泡樹脂体からなる基材の少なくとも片面に、接着剤を介さずに直接被着されてなることを特徴とする、通気性を有する吸音材。この吸音材は、車両用内装材をはじめ、電化製品、スピーカー用振動板、電動機具、土木・建築用の壁材等の吸音性が求められる用途に好適に使用される。 (もっと読む)


【課題】吸収性物品において使用するための架橋セルロースの脆弱性及び弾力性特性のよりよい釣り合いを可能にすること。
【解決手段】セルロース繊維を含む繊維性材料であって、該繊維が、放射線エネルギーを受けると架橋結合を形成することができる、共有結合した放射線活性可能基を含むポリマー樹脂を含み、前記放射線活性可能基が、ベンゾフェノン、アントラキノン、ベンジル、キサントン類からなる群から、好ましくはベンゾフェノン類の群から選択される、ことを特徴とする、繊維性材料。 (もっと読む)


1 - 10 / 20