説明

国際特許分類[D06M15/21]の内容

国際特許分類[D06M15/21]の下位に属する分類

国際特許分類[D06M15/21]に分類される特許

1 - 10 / 26


【課題】大量生産に拡張可能であり、比較的危険性のない化学物質を利用する銀ナノ粒子を含む抗菌組成物の提供。
【解決手段】少なくとも1つの安定化剤と、1つまたは複数の銀化合物と、少なくとも1つの還元剤と、溶媒とを含む、銀ナノ粒子を調製するための組成物であり、一態様において、安定化剤は、界面活性剤またはポリマーを含む。ポリマーは、ポリアクリルアミド、ポリウレタンおよびポリアミドなどのポリマーを含んでいてもよい。一態様において、銀化合物は、銀陽イオンおよび陰イオンを含む塩を含む。陰イオンは、サッカリン酸塩誘導体、長鎖脂肪酸およびカルボン酸アルキルを含んでいてもよい。この銀ナノ粒子組成物は織物創傷材料、カテーテル、患者治療用デバイスおよびコラーゲンマトリックスのようなデバイスに対して処理することができる。 (もっと読む)


【課題】織物を処理するのに有用な組成物。
【解決手段】本組成物は、モノマーXおよびモノマーYの重合単位を有する銀含有コポリマーを含み;モノマーXは少なくとも1つの窒素原子を有する不飽和もしくは芳香族の複素環式基から選択される置換基を有するエチレン性不飽和化合物であり;モノマーYはカルボン酸、カルボン酸塩、カルボン酸エステル、有機硫酸、有機硫酸塩、スルホン酸、スルホン酸塩、ホスホン酸、ホスホン酸塩、ビニルエステル、(メタ)アクリルアミド、少なくとも1つの環外エチレン性不飽和を含むC−C20芳香族モノマー、およびこれらの組み合わせから選択される。 (もっと読む)


非晶質ポリエーテルケトンケトンのコーティングを用いてサイジングした繊維は、改良された性質を有する強化ポリマーの調製法において有用であり、その非晶質ポリエーテルケトンケトンは、繊維とポリマーマトリックスとの相溶性を改良することができる。
(もっと読む)


【課題】 有機物やタンパク質、血小板付着などの付着が少ない高性能なポリスルホン系中空糸膜モジュールを提供することにある。
【解決手段】ポリスルホン系中空糸膜が内蔵されたモジュールであって、ポリスルホン系中空糸膜の長手方向における端面近傍および中央部付近の機能層表面での、1730cm−1 付近のエステル基C=O由来の赤外吸収ピーク強度(ACO)の1580cm−1付近のポリスルホン系ポリマーのベンゼン環C=C由来の赤外吸収ピーク強度(ACC)に対する比(ACO)/(ACC)が、平均値0.005以上、かつ0.001以下の測定点の割合が10%以下であることを特徴とするポリスルホン系中空糸膜モジュール。 (もっと読む)


本発明は石膏が繊維の表面に結晶として現れている石膏−繊維複合製造物に係り、硫酸カルシウム半水和物及び/または硫酸カルシウム無水物と前記繊維の水性懸濁液とを接触させることによって前記石膏の結晶が得られる。本発明は前記石膏−繊維複合製造物の製造方法にも係る。製紙において、この複合製造物を填料又は塗工顔料として使用することができる。 (もっと読む)


【課題】熱加工時等に液ダレが生じず優れた物性を有する繊維強化合成繊維製線状物及びこれを用いた部材を提供する。
【解決手段】長繊維11に未硬化状熱硬化性樹脂12を含浸させ、長繊維の外周を被覆する熱可塑性樹脂13からなる線状物中間体を、熱硬化処理して得られる繊維強化合成繊維製線状物であって、未硬化状熱硬化性樹脂に増粘剤と浸透増粘剤とを含有させることで、熱硬化処理する際等に生じる未硬化状態の熱硬化性樹脂の液ダレを防止できる。増粘剤及び浸透増粘剤は、アクリル酸エステル系化合物、メタクリル酸エステル系化合物、ビニル化合物の少なくともいずれかを重合単位とする樹脂からなる。 (もっと読む)


本発明では、水性媒体中のポリマーA及びBと生地を接触させる工程を含む生地の処理方法が提供され、ここで
(a)ポリマーAはビニルアルコール、アルキレングリコール、サッカリド、及びカルボン酸のホモポリマーまたはコポリマーからなるクラスから選択され;及び
(b)ポリマーBはビニルピロリドン、アルキレンオキシド、サッカリド、及びカルボン酸のホモポリマーまたはコポリマーからなるクラスから選択され;
ポリマーA及びBは同じクラスのものではなく、水性媒体は6未満のpHを有する。 (もっと読む)


【課題】フラットスポット現象の発生が低減された空気入りラジアルタイヤを提供する。
【解決手段】主ベルト1のタイヤ半径方向外側に配置され、タイヤ周方向に対し実質的に平行に配列した補強素子のゴム引き層からなる少なくとも一層のベルト補強層2とを備える空気入りラジアルタイヤにおいて、前記ベルト補強層を構成する補強素子として、フィラメント束1本あたりの繊度が500〜1400dtexのポリエチレン-2,6-ナフタレートのフィラメント束を1本又は複数本撚り合わせてなる有機繊維コードを用いる。 (もっと読む)


【課題】生産性がよく、コストが抑えられた中空状多孔質膜用支持体;該支持体を生産性よく、低いコストで製造できる方法;コストが抑えられた中空状多孔質膜;該中空状多孔質膜を低いコストで製造できる方法を提供する。
【解決手段】糸16を丸編した円筒状編紐12からなる支持体10;糸16を丸編して円筒状編紐12を編成する工程を有する支持体10の製造方法;支持体10と、支持体10の外周面に設けられた多孔質膜層とを有する中空状多孔質膜;支持体10の外周面に、多孔質膜層の材料および溶剤を含む製膜原液を塗布し、凝固させることによって多孔質膜層を形成する中空状多孔質膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】経年安定性及び優れた低通気性を提供しつつ、ファブリックの長期剛性を達成して、裁ち目又は継ぎ目でのほぐれを防止するために、個々のヤーン間に良好な接着及び強い結合を提供する。
【解決手段】エアバッグコーティングとして、アクリレート類、ビニル類、シリコーン類及びそれらの組み合わせと配合されたウレタン類を使用し、少なくとも1成分は20℃以下のガラス転移温度を有している。このウレタン類は、好ましくは、ポリカーボネート、ポリテトラメチレングリコール、シリコン系ジオール、又はオレフィン系ジオール型である。それら混成樹脂は、水系分散液中で、溶媒中で、又は、第1のポリマーが第2のポリマー中に直接に溶解されて連続マトリクスを形成するように複数のポリマーを相互に混合することにより生成する。その結果として得られる混成樹脂は、少なくとも1000psiの引張強さと少なくとも約200%の破断点伸びとを示す。 (もっと読む)


1 - 10 / 26