説明

国際特許分類[D06M15/507]の内容

国際特許分類[D06M15/507]の下位に属する分類

国際特許分類[D06M15/507]に分類される特許

41 - 50 / 194


【課題】本発明の目的は接着性が良好で、効率良く安定して、地合いの均一な不織布を製造できる湿式不織布用熱接着性複合繊維を提供することにある。
【解決手段】繊維形成性成分と熱接着性成分とからなる熱接着性複合繊維であり、融点が130〜230℃の範囲であるポリエステルを熱接着性成分とし、融点が220℃以上でなおかつ熱接着性成分の融点より20℃以上高いポリアルキレンテレフタレートを繊維形成性成分とし、少なくとも該熱接着性成分が表面に露出するように両成分が複合化された熱接着性複合繊維であって、該熱接着性複合繊維表面に油剤が付着し、下記(1)〜(6)を満足していることを特徴とする熱接着性複合繊維。
(1)熱接着性成分に、ポリオレフィンが該熱接着性成分の重量を基準として0.5〜15重量%含まれていること
(2)該ポリオレフィンがポリプロピレン、高密度ポリエチレン、中密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン又は線状低密度ポリエチレンに、スチレン、アクリル酸、メタクリル酸又はマレイン酸を共重合したポリオレフィンであること
(3)熱接着性成分の熱接着性複合繊維に占める割合が40〜95重量%であること
(4)繊維長が2〜30mmであること
(5)油剤がポリエステル・ポリエーテル共重合体であること
(6)油剤付着率が熱接着性複合繊維に対して0.01重量%以上であること (もっと読む)


【課題】ポリ乳酸フィラメントを含みかつ染色加工が施された布帛で構成される車両内装部材用表皮材であって、湿熱環境下にさらされた後においても優れた布帛強度を有する車両内装部材用表皮材を提供する。
【解決手段】ポリ乳酸フィラメントを含みかつ染色加工が施された布帛で構成される車両内装部材用表皮材であって、温度50℃、湿度95%RHの環境下に1000時間暴露した後の、JIS L1096.8.12により測定した引張り強度が400N/50mm以上である。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、良好な精練性が得られるとともに、耐目ずれ性や耐滑脱性が向上することのできる精練剤組成物および精練処理済み布帛の製造方法を提供することにある。
【解決手段】 本発明は、布帛を精練処理するために使用される精練剤組成物であって、水溶性合成樹脂および/または水分散性合成樹脂からなる成分(A)とノニオン界面活性剤(B)と水とを必須に含有する、精練剤組成物である。また、本発明は、上記精練剤組成物を用いて布帛を精練処理する工程を含む、精練処理済み布帛の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、自動車や鉄道車両等における座席シートの表皮材として使用する布帛で、ドライソイルリリース性に優れ、砂や埃等の汚れは手で叩いたり、掃除機で吸引するだけで簡単に落とすことができ、人の手垢のような皮脂汚れ(黒ずみ汚れ)については、水を含んだ布帛で擦るだけで簡単に落とすことのできる座席シート用表皮材の製造方法を提供すことを目的とする。
【解決手段】本発明者らは、このような課題を解決するために鋭意検討の結果、座席シート用表皮材の表面側に親水性樹脂組成物を固着した後、フッ素系化合物とシリカ微粒子とを含む組成物を該座席シート用表皮材の表面に付着させることで上記課題を克服し、本発明に到達した。 (もっと読む)


本発明は、炭酸ポリエステルを含有する仕上げ剤で処理されるアラミド繊維織布に関するものである。また、例えば、防破片弾マット、防弾ベスト、防破片弾ベスト、防刃ベスト、または列挙した製品のうち少なくとも2つの製品を組み合わせた耐貫通性製品を製造するための織布の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】レーザ光による接合部分における均一溶着を可能として接合強度や外観に優れるとともに、ベルト製品などのレーザ接合における生産性、コスト性に優れたレーザ溶融接合用ベルト素材を提供する。
【解決手段】加熱による融着性とレーザ光に対する透過性とを有した繊維シート11の片面にレーザ光吸収材層12を被覆し、さらにその表面を熱可塑性樹脂層13によりコーティングすることによりレーザ溶融接合用ベルト素材10を構成する。 (もっと読む)


【課題】揚水ヘッド差が50cm以上の揚水高さを示す、揚水機能に優れた揚水性繊維構造体を提供する。
【解決手段】ポリエステル長繊維からなるスパンボンド不織布が圧着されて繊維間空隙幅が、1μm〜20μmの空隙を有する連続細孔を形成した緻密な連続層を有し、該連続層の有効空隙率が10〜100%である繊維構造体において、繊維表面が親水性ポリエステルで樹脂加工された、大気圧下での揚水ヘッド差が50cm以上である揚水性繊維構造体。 (もっと読む)


【課題】ポリエステル系繊維に、優れた吸水性および防汚性とこれらについてのより高い洗濯耐久性を付与することが可能な吸水・防汚加工剤、および優れた吸水性および防汚性とこれらについてより高い洗濯耐久性を有するポリエステル系繊維製品を提供すること。
【解決手段】親水性ポリエステル樹脂(A)と、ハロゲン原子、炭素数1〜18のアルキル基、炭素数2〜18のアルケニル基および炭素数5〜18のシクロアルキル基からなる群から選択させる少なくとも1個の置換基を有していてもよいp−ヒドロキシフェニル基を分子内に2個以上備える芳香族化合物(B)とを、A:B=99:1〜90:10の質量比で含有することを特徴とするポリエステル系繊維用吸水・防汚加工剤、およびこれを用いて吸水・防汚加工処理を施したポリエステル系繊維製品。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、熱可塑性マトリックス樹脂を補強するために用いられる強化繊維に対して、優れた樹脂含浸性、接着性および耐熱性を付与できる強化繊維用サイジング剤と、それを用いた合成繊維ストランド、繊維強化複合材料を提供することにある。
【解決手段】 本発明は、熱可塑性マトリックス樹脂を補強するために用いられる強化繊維用サイジング剤であって、発熱性官能基含有化合物及び熱可塑性樹脂を必須に含有し、サイジング剤の不揮発分全体に占める前記発熱性官能基含有化合物の重量割合が5〜50重量%であり、前記熱可塑性樹脂の重量割合が50〜95重量%である。 (もっと読む)


【課題】優れた可縫性を有し、かつ容易にリサイクルが可能となる縫製製品用基布およびその製造方法を提供する。
【解決手段】ポリエステルマルチフィラメント糸またはポリエステル紡績糸の織物からなる基布であり、該マルチフィラメント糸または紡績糸の総繊度が30〜3000dtexであり、該織物のカバーファクターが下記式を満足し、かつ該基布の横断面において、織物の凹部と凸部の差aの、織物の厚みbに対する比a/bが15%以下であることを特徴とする縫製製品用基布とする。総繊度が30〜3000dtexであるマルチフィラメント糸または紡績糸からなり、カバーファクターが下記式を満足する織物に、160〜220℃のカレンダー処理を行う。
CF=√((経糸の総繊度)×経糸密度)+√((緯糸の総繊度)×緯糸密度)=1800〜2500 (もっと読む)


41 - 50 / 194